Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月05日

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ

部下の仕事のやる気にさせるには労働環境を整えて、仕事をしやすい環境を作ることが大切です。またお互いの距離を縮めるようなコミュニケーションも図るようにします。信頼できる上司になることができれば部下のやる気を引き出すことができるでしょう。

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ

部下をやる気にさせるには

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
上司のちょっとした気遣いで、部下のやる気を引き出すことは可能です。部下をやる気にさせるために努力をすれば見返りがあることはもちろん、仕事に充実感や達成感を得ることができる職場環境作りが必要になるでしょう。

自分の部下にやる気にさせるためには上司ができるサポートをしつつ、相手を信じることが必要になります。また、お互いの信頼関係を築くことも大切なことになります。

やる気が育つ職場の特徴

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
職場の人間同士が仲良くならなければ、部下をやる気にさせることはできないです。労働環境を良くすることはもちろん、働いて楽しい職場でなければやる気にさせることができません。その会社で達成感や充実感を得られるような職場作りをしていくようにします。

上司が部下にやる気にさせるには、最前線で働く人の声を聞くように心がけ、常に職場環境を良くすることを考えるようにします。

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
部下をやる気にさせるには、お互いの信頼関係を築くようにします。上司や部下それぞれの立場でできることをしていかなければ、大きな成果を得ることはできないでしょう。部下が安心して働ける職場を作ることも、やる気にさせるためには大切なことです。

自分が上司の立場にいる場合、部下の性格や考え方に合わせてやる気にさせる方法を見つけるようにします。これからご紹介するやる気にさせる方法を参考にしてみてください。

やる気にさせる方法1:些細なことでも褒める

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
褒めることと叱ることをしなければ、部下の良い面を伸ばすことができません。褒める場面で褒めなければ、次からも努力しようと考えなくなるからです。同じくらい褒めたら、同じくらい注意したり、時には叱ることも考えておきます。

新入社員の部下がいた場合は、些細なことでも褒めて、済ませた仕事については正当な評価をするようにします。そうすることで次からも努力しようと考えるようになります。

やる気にさせる方法2:ある程度責任ある仕事を任せる

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
部下を信じて責任ある仕事を任せることで、やる気にさせることができます。責任ある仕事を任された部下は、自分を信じてもらえてるのだと考えるので、それなりに成果を上げようと努力するからです。

自分が上司の立場にいる場合で成長を促したい部下がいた場合には、責任ある仕事を任せることも考えておきます。また、そのためのサポートをすることもきちんと考えておくようにします。

やる気にさせる方法3:ラストスパート時に一言かける

仕事のラストスパートなどに一声かけることで、やる気にさせることができます。ラストスパートに気の利いた言葉をかけることで、今までの努力が報われると考えるからです。普段から部下を信頼するようにして、心に響くような言葉をかけるようにしましょう。

上司が部下の仕事のラストスパート時に声をかける場合には、取り組んできた仕事に対して敬意を表する言葉をかけるようにします。

やる気にさせる方法4:正当な評価をする

正当な評価をすることで、部下をやる気にさせることができます。済ませた仕事に対して給与面や成績を評価をすることで、達成感を感じることができます。また次に仕事へのやる気を促すことができるからです。

自分の部下が大きな成果を上げた場合は、その努力を評価する方法を考えておきます。例えば、皆の前で表彰したり、ミーティングで努力したことを話しても良いです。

やる気にさせる方法5:陰の努力を称える

目立たない立場で仕事をしている部下がいても、頑張りを評価するようにします。会社とは一人一人の努力で成り立っていることを理解してもらわなければ、会社自体が大きな成果を得ることができないからです。

自分が上司の立場にいる場合は、ひとりひとりどのような仕事をしているのかを把握するようにします。

やる気にさせる方法6:ここぞという時にフォローする

部下が取り組んでいる仕事で大変な部分が分かっていれば、技術的なことや精神面でのフォローを忘れないようにします。努力をして助けがないと、次からも頑張ろうと考えなくなるからです。

部下が取り組んでいる仕事でフォローが必要な場合は、作業が大変になる場面で人を増やすことも考えておきます。

やる気にさせる方法7:挑戦させる

能力が高い部下がいる場合には、新しい仕事に挑戦させることも考えておきます。そうすることで他の部下にも会社の安定感を感じてもらえるので、職場全体のモチベーションを上げることができます。

自分の部下に挑戦したいことが出てきた場合、背中を押すだけでなくどこまで会社として協力できるかを話せるようにしておきます。

やる気にさせる方法8:適度に休ませる

適度に休憩を取ることでやる気にさせることができます。休みを取ることで気分転換ができるので、仕事の効率が上がるためです。

部下の仕事がどのようなものなのかを理解しておかなければ、休憩が必要かどうかもわからないため、社員ひとりひとりの立場で物事を考えるようにします。

やる気にさせる方法9:部下の話をよく聞き否定しない

部下の話をよく聞き、頭ごなしに否定をしないようにします。部下の話をよく聞くことで、どのようなことに不満や不安を持っているのか、知ることができます。敢えて話を否定しないで、聞き入れるようにします。

自分の部下の話で否定したい部分があれば、どのような理由で否定しなければいけないのかを説明をするとよいでしょう。

やる気にさせる方法10:自己開示で親近感を抱かせる

自分のことをある程度話しておかなければ、お互いの距離を縮めることはできません。職場での付き合いとして割り切ってしまうと、お互いに親近感が持てなくなります。

自分の子供のことを部下に話したりして、和やかな雰囲気を作るようにします。また、興味のある共通の趣味を探すことも考えておきます。

信頼される上司の特徴5つ

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
信頼される上司でなければ、部下をやる気にさせることはできません。お互いに信頼関係がなければ、部下の給料が高くても、いつまでもやる気を保つことができないからです。信頼できる上司がいてこそ、努力して良い企業にしようと考え信頼関係は大切になります。

信頼される上司になりたい人は、普段からコミュニケーションをよく取るようにして、部下の気持ちを理解して動けるようにしておきましょう。

信頼される上司の特徴1:部下の立場を理解する

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
部下の立場を理解することで、やる気にさせることができます。部下の立場を理解できれば、キメ細い配慮ができるので、社員もないがしろにされていないのだと安心できるからです。

自分の部下の立場を理解するには、普段どのような仕事をしているのかを把握するようにします。その職場でどのような立ち位置なのかを考えて、仕事のアドバイスをするようにしましょう。

信頼される上司の特徴2:責任感がある

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
もし何か問題が出てきたら、上司が責任を持つようにしなければ部下は安心して仕事をすることはできません。顧客とのトラブルがあった場合には、どのように対処するのかをあらかじめ決めておき、上司が仕事の責任を負うことを部下に告げておきます。

自分が上司になった場合は、部下以上に責任感を持った上でで指示や指導をするようにします。また、仕事に責任感を持つことで適切な指導や指示をすることができます。

信頼される上司の特徴3:相談に乗ってくれる

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
部下の悩みや不安を聞き入れることができなければ、信頼できる上司とは言えません。相談に乗ってくれる上司でなければ、部下は信頼してついていこうとは考えないからです。

自分の部下の不満や不安を聞き入れることができるように、自分自身の仕事も余裕を持って取り組む努力をします。普段から意見交換をしておき、部下が相談できる雰囲気を作るようにしましょう。

信頼される上司の特徴4:信頼してくれる

部下をやる気にさせるには、信頼できる上司の存在は重要になります。お互いの信頼関係がなければ仕事に対する意欲も希薄になるので、困った時に相談に乗ってもらえるような関係作りが必要になります。

自分が上司として仕事をする場合は、時間をかけて信頼関係を築いていくことを考えて仕事をするようにしましょう。

信頼される上司の特徴5:常に先頭に立って結果を出す

上司としてどのような仕事をしても結果を出さなければ、信頼を得ることができません。自分が最前線で仕事をしていた過去の結果を言うだけでなく、今現在行っている仕事においても先頭に立って結果を出すことが必要です。

自分の部下をやる気にさせるには、自分自身が常に先頭に立って結果を出すようにしましょう。

部下やメンバーをやる気にさせる方法を見つけよう!

部下やメンバーをやる気にさせる方法10個|信頼される上司の特徴5つ
お互いの信頼関係を築くようにしなければ、部下やメンバーをやる気にさせることできません。そのためには部下の立場になって、物事を考えられる優しさや柔軟性が必要になります。

自分の部下のやる気を引き出したい場合は、普段どのような仕事をしていて、どのようなことに不満や不安を感じているのかを理解することが大切です。

信頼される上司になり、部下のやる気を引き出すようにしましょう。

Related