Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選

目標管理システムは、聞いたことがあるけれどまだ導入していないという会社も多いです。しかし、目標管理システムを設定することは従業員のモチベーションにも大きく関わってきます。そこで、おすすめの目標管理システムを紹介していくので、参考にしてみましょう。

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選

目標管理の概要

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
目標管理とは自分や仲間でゴールを設定し、どのぐらいできたのかによって評価を決めるという方法です。この考え方は、日本でも有名なピーター・ドラッカーが提唱したことでも有名です。

会社では、年度初めなどに目標管理を行うところも多いでしょう。ただその目標管理の設定が間違っていると会社経営が違った方向に進んでいってしまう可能性もあります。目標管理をする場合は、その目標で正しいのかも検討する必要があります。

目標管理システムとは

目標管理システムは、目標管理をより簡単に行うためのシステムのことです。ツールを導入することによって、人事も管理が簡単になります。従業員の多い会社などは、導入を検討しても良いでしょう。

社員のモチベーションを確認することにも繋がり、経営にとってプラスに働くことが多いです。また従業員にとっても目標を管理しやすくなるので、仕事で何を大事にしたらいいのか確認することができます。

目標管理を行う目的

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
目標管理は、成果主義を客観的に評価するために導入されています。さらにマネジメントツールとして利用することもできて、モチベーションを上げたり組織の活性化にも繋がります。

この目標管理を行うことの目的を理解している従業員が多ければ、実際の現場でも活かすことが可能です。長く続いた年功序列という仕組みが崩壊しつつある現在においては、目標管理を行うことはとても重要でしょう。

目標管理を行うことのメリット

目標管理を行うことには、組織と個人の方向性を同じにすることができるメリットがあります。個人と組織の間の目標管理が別の方向を向いている場合は、なかなか成果が出ません。

目標管理を行うことによって、現場のモチベーションも大幅にアップします。目標管理をすることは、経営者にとっても従業員にとっても大きなメリットが多いです。まだ導入していない場合は、メリットの多いシステムを利用してみることが良いでしょう。

オススメの目標管理システム12選

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
ここからは、オススメの目的管理システムを紹介していきます。それぞれに良い面があるので、まだ目標管理システムを導入していない会社は、導入を検討してみても良いでしょう。

目標管理システムを選ぶ際には、使い勝手が良いかどうかや費用なども考えて導入を検討すると良いでしょう。そして、あまりシステムの導入に慣れていない企業であれば、サポートシステムも充実している会社がおすすめです。

1:MBO Cloud

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
目標管理システムは、会社の目標と個人の目標を連動することができる便利な仕組みが人気です。人事担当者の負担を少なくすることができるので、導入を検討しても良いでしょう。

さらにこの目標管理システムは、クラウドベースですがカスタマイズできて人気があります。目標管理制度が大きく変わることがあっても、柔軟に対応することができるので、設定変更などが苦手な人でも使いやすいです。

2:HRMOS Core

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
この目標管理システムは、目標管理などを一元化して管理することによって従業員の情報を適切に保管することができるという方法を取っています。情報を可視化することができるので、安心して使うことができるでしょう。

さらにこの目標管理システムは、多くの企業で導入されています。人のパフォーマンスを効率よく上げることができると評判です。個人のパフォーマンスをアップしたい人にぴったりでしょう。

3:評価ポイント

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
評価ポイントは、人事評価を数値化して確認することも可能な目標管理システムです。製造業で導入されることが多く、従業員満足度も高いシステムの1つと言えます。

この目標管理システムでは、SNS活用することも可能です。そのため、リアルタイムでフィードバックすることができます。コミュニケーション不足を解消することができるので、今従業員が何を考えているのかわかりやすいでしょう。

4:カオナビ

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
この目標管理システムは、アワードを受賞しています。人材評価も簡単に行うことができるので、大手企業でも利用されています。定着までをバックアップしてくれるので、システム担当者がいない企業でも安心です。

さらにカオナビは、社内アンケートも簡単に取ることができます。従業員と目標管理がしっくりこないと感じた場合は、アンケートで現場の声をひろうこともできるでしょう。

5:Profile Manager

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
Profile Managerは、社員のパフォーマンス向上をすることができると人気の高い目標管理システムです。人材可視化が実現するので、適材適所に人員を配置することができます。

この目標管理システムは、社員の顔写真とスキル、経歴をセットで確認することも可能です。グローバルに活躍してくれる人材を探している会社にとっては、新規で事業を起こす際にスピード感を持って人事に取り組めます。

6:ゼッタイ!評価

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
この目標管理システムは、2,000社以上が使っていて人気があります。目標シート案の作成するところから丁寧にサポートしてくれるので、人事管理系のシステムを始めて導入するという企業も安心です。

さらにこの目標管理システムのサポートが、1年もあります。他の目標管理システムを使ったけれど使いこなせなかった苦い経験のある経営者は、月1回の定期訪問サービスもあるので導入を検討してみましょう。

7:Performance Cloud

Performance Cloudは、HR Portfolioを搭載していると人気のある目標管理システムです。分析力が高い目標管理システムなので、人材の適材適所の配置にも役に立ちます。

人材データの分析結果は、グラフなどで行うことができます。そのため、直感で操作することも可能です。目標管理システムを担当する人がITに詳しくない企業でも、すぐに使いこなすことができるでしょう。

8:タレントパレット

タレントパレットは、大手企業の採用実績のある目標管理システムです。科学的人事戦略することができるので、目標管理だけでなく辞める人を少なくしたり、スキルアップ支援したりすることにも繋がります。

この目標管理システムは、マーケティングの要素を人事管理に導入している画期なシステムです。新しい考え方の目標管理システムを使ってみたいという人は、タレントパレットを利用してみましょう。

9:MINAGINE

この目標管理システムは、目標設定から評価プロセスをクラウドで管理してくれる画期的なシステムです。今までエクセルでバラバラに管理していた会社は、効率的な人材管理ができるでしょう。

さらにMINAGINEは、カスタマイズすることができます。そのため、会社が急成長して目標管理が大きく変化したとしても対応することができるでしょう。進捗管理もできるので、確実に目標達成に向けて成長できます。

10:HITO-Link パフォーマンス

HITO-Link パフォーマンスは、目標進捗具合がすぐに確認できるので社内一丸となって目標実現に向けて努力していくことができる目標管理システムです。人材データベースも一括して管理できるので、人事の負担も減ります。

このHITO-Link パフォーマンスを使えば、日々のフィードバックを人事評価に導入することもできます。そのため、この目標管理システムを使った人事評価にも納得がいく確率が上がります。

12:Resily

この目標管理システムは、部門横断の共通ビジョンと各部の成果をまとめて設定することができます。そのため、会社全体の問題的や目標を見つけ出す時に活躍します。

さらにResilyは、優先順位づけや計画立案をするためにも役立ちます。社内の会話もどうすれば目標を達成することができるのかという建設的な内容に変化して、効率よく仕事することに繋がります。意欲的かな人材は、増えるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

会社で評価される人の特徴10個

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
ここからは、目標管理システムで評価されるような人の特徴10個紹介していきます。なかなか会社で評価されていないと感じる人は、参考にしてみましょう。

目標管理システムは、昇進や異動などの人事評価に繋がっていることが多いです。人事の評価が高い人を真似して、会社で評価される人材になりましょう。会社で評価されれば、目標管理システムを使うこともさらに楽しくなるでしょう。

1:縁の下の力持ちではない

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
会社で評価される人は、縁の下の力持ちではないことが多いです。目標管理システムで決めた目標に対して、リーダーとして立ち向かっていける人が評価されます。

目立たない人は、人事から適正に評価されないこともあります。人事にとっても、目立つリーダーの方が活躍していると感じることは、自然なことでしょう。まずは、自分から率先して目標管理をしてみると良いでしょう。

2:実力+人間的な魅力がある

会社で評価される人の特徴は、実力だけでなく人間的な魅力のある人であることが多いです。実力があっても性格が悪い人は、評価されないことが少なくありません。

会社では、チームワークが大切です。そのため、いくら実力があっても他人を蹴落とそうとしたりする人は嫌われてしまいます。仕事の実力を付けつつ、人間的な魅力が出せるように振る舞ってみましょう。プライベートの時間で、人間力を高めましょう。

3:周囲に気を配る・相手の立場に立てる

周囲に気を配る・相手の立場に立てることは、会社で評価される言動です。周囲に気を配ることや相手の立場に立てる人の方が、出世していることが多いです。

このタイプの人は、周りの人を気分よくさせることが得意です。そのため、このタイプの人とは一緒に働いていて楽しいという気持ちになることが多いでしょう。まずは、自分のことだけを考えるのではなく、隣の席の人のことも考えましょう。

4:自分の演出が上手い

自分の演出が上手いは、会社で高く評価されます。特には、俳優や女優になって仕事を行うことは、組織で上手くやるために大事なことです。苦手な人がいても、自分を上手く演出して乗り切りましょう。

さらに自分の演出が上手いことは、世渡り上手でもあります。自分を最大限良く見せることができるので、営業でも高く評価されるでしょう。上司から可愛がられる人も、このタイプです。

5:自分だけではなく他人も持ち上げる

自分だけではなく他人も持ち上げることができる人は、出世します。他人を蹴落として上に行こうと考える人の方が、人事の評価も低いです。いつもありがとうと笑顔の人の周りには、人が多く集まってきます。

このタイプの人は、部下からの信頼も厚いです。大きなプロジェクトに成功した時もみんなのおかげだと労えば、チームのモチベーションも上がるでしょう。さらに社内での評価も上がります。

6:会社での自分の役割をわかっている

会社での自分の役割をわかっていることは、とても大事です。新入社員なのに経営者の感覚で仕事をしても、上手くいきません。自分の求められる役割を理解し、適所で実力を発揮します。

さらに、管理職の人は、会社での自分の役割をわかっているかどうかは人事評価に直結することが高くなります。自分のふるまいが今の地位にふさわしいかよく考えましょう。

7:何事も逆算して考えることができる

何事も逆算して考えることができる人は、評価されます。目標を実現するためには、今何をすべきなのかという視点は、とても大事です。まずは、行動しましょう。

あまりにも高い目標であっても、今日何するのかということを逆算すれば必ずゴールに繋がります。何もしないままでは、いつまでもゴールに到着することはできません。まずは、今すべきことに集中しましょう。

8:人の名前を覚えるのが得意

人の名前を覚えるのが得意な人は、人事にも好かれます。社内外での人脈作りにも繋がるので、人の名前を覚える訓練をしてみましょう。まずは、名刺にその人の特徴などを書いてみることも良いです。

上席になるにつれて、人の名前を覚えることの大切さは身にしみて感じるでしょう。1度会っただけでも人の名前を覚えられるようにしましょう。

9:何事も楽しむことができる

何事も楽しむことができる人は、人事的な評価も高いです。嫌なこともある会社生活ですが、そのすべてを楽しむつもりでポジティブに振る舞いましょう。

前向きな人には、良いことも多いです。文句の多い人は、自分の言動を反省して困難もプラスの視点で楽しむようにしましょう。

10:感情に流されすぎない

感情に流されすぎないことは、社会人にとって大事なことです。時には、クールになって冷静な判断を求められることもあります。感情的になり過ぎることは、社会人にとっては致命的です。

人情味があるということは、プラスに繋がります。しかし、度が過ぎると問題にもなります。社内で評価される人は、バランス力のある人と言えるでしょう。

目標管理システムを利用し働く人々のモチベーション向上を目指しましょう

目標管理システムとは|オススメの目標管理システム12選
目標管理システムを利用し働く人々のモチベーション向上を目指すことは、グローバル化した現在ではとても大切な考え方です。経済のスピードについていくためにも、できる限りの努力をしましょう。

Related