Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

求人募集の例文12職種|求人募集をする際の留意点

企業の雇い主が求人募集を作るとき、会社の概要や仕事内容、必要な知識や経験があるかどうかを具体的に記載しましょう。企業の良い点を判りやすく募集要項に載せるとき、キャッチコピーにすると求人者が応募しやすくなり、効果的でしょう。

求人募集の例文12職種|求人募集をする際の留意点

求人募集をする際の留意点

企業での求人募集やお店でのアルバイトの募集など、法律で定められた規則があります。

これから、募集をする前に、気を付けておいたほうがよいことを表わしていきましょう。求人募集を考えている人のために、参考になることを調べています。

求人募集で記載NGとなる表現

求人募集の例文12職種|求人募集をする際の留意点
法律で求人募集で書いてはダメな事があります。

企業の人事や雇い主が求人募集をするとき、法で定められた規則により記載してはいけない表現方法があります。次のいくつかの注意点と例文を記していますので参考にして下さい。

例文1・性別を限定する表現

男性と女性と性別の区別をしてはいけないことです。

例えば、男性向きの仕事、女性は優先、男性3名女性3名、営業マン募集などが求人募集に記載されていると、法律違反になります。

求人募集の説明、採用に関する情報などで男女の区別をしてはいけないことになります。例えば、看護婦さん、保母さんなど。正しくは、看護師、保育士、警備員、営業社員と書きましょう。

例文2・年齢を限定する表現

雇用対策法より、一部の例外を除いて年齢を限定することは許されていません。

求人募集、求人サイトなどで応募、採用するときに当てはまります。例えば、40歳位までと曖昧な表現や20~30歳までなど限定された言い方はできません。

年齢差別になるような言い方や書き方は、禁止されています。警備員のように18歳以上と労働基準法により年齢制限が決められている場合は、年齢を限定することは認められています。

例文3・例外となるケース

年齢を制限してもよいと認められている場合

求人募集に書いてもよいことは、定年が60歳の会社で、60歳未満の方に制限されている場合や経験不問で採用して、新卒採用と同じように育成していくとき、電気技術職として年齢を限定するときなどになります。

新卒者や既卒者などの卒業年次を指定しているときは、年齢差別にはならないので問題はありません。

求人募集の例文12職種

求人募集の例文12職種|求人募集をする際の留意点
求人の応募率を上げるためには、会社やお店の魅力を伝えましょう。

応募する人は、求人募集に載せている内容を見て会社やお店のイメージを判断しています。会社やお店に合った良い人材に、応募されやすいこつを表していきましょう。

一般事務

求人募集の例文12職種|求人募集をする際の留意点
一般事務は、業務内容に違いがないため職種名で区別します。事務職は、すべの業種や業界にあるため求人の数も多くなります。

仕事の内容を詳しく求人募集に記載することによって、求人者がイメージしやすくなるように必要な経験やスキル、研修システムやキャリアアップ制度があるときは、積極的に求人募集に載せましょう。次の例文を参考にして下さい。

(例文・データ入力、書類整理などの一般事務やお客様との電話応対が主な仕事になります。)

経理

募集しているポジションのレベルや仕事内容を表現する。

求人募集している部署、仕事内容、必要な知識や経験などを書かれていることが望ましいです。業務にどんなスキルが必要か、応募者は自分に合っている仕事かどうか判断しやすくなります。例文は次のとおりです。

(例文・経理の経験はなくてもよいが、パソコン操作のスキルは必要としている。経理事務以外の仕事もお願いする可能性もあります。)

営業事務

社内での役割や概要などを説明します。

求職者が最初に目につく所が、求人募集しているポジションの概要や仕事内容です。会社概要、期待していることなどを記載します。

求人募集で職務内容やスキルや資格などを簡潔に説明することにより、求人者人が応募しやすくなります。例文を参考して、募集内容を考えてみましょう。

(例文・学歴や経験は関係がなく、研修制度もあるので安心して働きやすい職場です。)

営業

仕事内容や必要としている知識と経験が書かれていること。

募集しているレベルや仕事内容、必要とされるや知識と経験を求人募集に表現することが重要です。専門的な職種の場合は、明記しましょう。例えば、営業スタッフ、ルート営業、個人営業、提案営業、不動産営業など。次の例文を見て、募集内容に記載しましょう。

(例文・ノルマはありません。成果に応じ歩合給があるので、やりがいがある仕事です。)

ドライバー

ドライバーの職種名を詳しく書きましょう。

求人募集に職種名と仕事内容を見てもらえるように分かりやすく記載します。記載した職種に必要なスキル、学歴、過去の経験、資格、技術があるかなどを詳しく説明します。

職場の雰囲気や福利厚生、応募の条件、関係性のあるキーワードなどが応募につながる可能性になります。次の例文を利用して、募集内容を記載して下さい。

(例文・営業所設立のため、配送ドライバーを募集しています。普通免許があれば、勤務可能です。)

介護職

介護職は、職場によって業務内容や環境が変わります。

募集人数、仕事内容、給与など具体的に求人募集に載せることによって、応募する人はイメージしやすくなります。必要な資格や経験が必要なときは、例文を参考にして詳しく記載しましょう。

(例文・介護や福祉に興味がある方は、私たちと一緒にがんばってみませんか。デイサービス施設ではリハビリ支援を行い、レクレーションをして楽しく過ごせる時間を利用者に提供しています。)

保育士

保育士の職種名や概要を詳しく記載しましょう。

保育士の日々の業務や責務を詳しく記載しましょう。求職者は、働く職場の環境や募集背景を主に検討しています。仕事に必要な資格、給与、経験者かどうか、一日の流れを、求人募集にまとめて書かれていると効果的でしょう。

(例文・子供達の健康と安全に注意しながら、成長を見守っています。子供達に才能や感性を伸ばし感性豊かな人間性を育む保育士さんを探しています。)

看護士

看護師に必要な資格や経験などを記載しましょう。

看護師は専門的な仕事になるため、必要になる資格、経験、技術スキル、給与なども応募条件を記載しましょう。例文を見て、応募条件を考えてみましょう。

(例文・准看護師の免許をお持ちの方なら、経験は問いません。寮、職員用の駐車場を設備、資格取得可能、スキルに合わせ随時昇給可能、働きやすい環境です。)

販売職

販売職の職種名を判りやすく記載しましょう。

何を販売するか具体的に書きましょう。仕事に必要な経験、スキルなどしてもらいたい仕事内容などを、求人募集に判りやすく書きましょう。一日の職場の流れを記載すると、職場の雰囲気も判りやすくなります。

(例文・商品を売るだけではなく、お客様のご要望に合わせて提案することもあり、ファッションが好きな人には、楽しく仕事ができる職場です。)

警備員

警備の仕事は、職場によって仕事内容も変わってきます。

業務内容や必要になる知識、スキル、経験などを詳しく書きましょう。専門的な仕事になるので、どのポジションでどういった役割を果たすのか、細かく明記します。

(例文・オフィスビルなどで、チームで警備を行う仕事になります。未経験者も歓迎します。警備員指導教育責任者、機械警備業務管理者など資格を持っている方は、優遇など。)

ホテルフロント

求人募集の例文12職種|求人募集をする際の留意点
マナーや接客、言葉使いなどが必要とされる職種です。

仕事内容や職場の雰囲気など、具体的に明記します。必要な資格や知識などを説明しましょう。応募条件を求人募集に詳しく記載されていると、求人者も応募しやすくなります。

(例文・お客様を笑顔でお出迎えでき、おもてなしをするのが好きな人は歓迎します。フロント業務になれてきたら、クローク管理、サイトの更新などの対応もして頂きます。)

コンビニ

求人募集の例文12職種|求人募集をする際の留意点
レジで会計や接客、店内清掃、品出しなどが主な仕事になります。

求人募集に仕事の内容や一日の流れなど、具体的に記載しましょう。経験があるかどうか未経験の方は、研修制度があるかどうかなども詳しく書きましょう。

(例文・新規出店のため、オープニングスタッフ大量採用します。レジでのお会計は、バーコードリーダを当てるだけで、未経験でもすぐに覚えられます。早朝、深夜勤務可能の方、歓迎します。)

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

取引先から頂いた名刺がたくさんあって整理ができない、仕事が忙しくてなかなか管理ができなくて悩んでいる人のために、「連絡とれるくん」をおすすめします。

どの会社に提出する書類だったのか、名刺をもらったはずなのにどこにいったか判らないと探すのに時間がかかってしまい、能率が上がらないと困っていませんか。連絡とれるくんを利用すると、簡単に名刺が整理できて仕事も上手く進みます。まずに、こちらに資料請求してみて下さい。

キャッチコピー例とその考え方

求人募集に会社の概要や仕事内容を記載するだけでなく、何かキャッチコピーを考えてみましょう。例文を使って求職者が見て、応募したいと思うような効果のあるキャッチコピーの作成してみませんか。

ターゲットに響く言葉を選ぶ

コンセプトを決めたら、ターゲットに響く文を考えます。
求人者が、どのようなことに興味があるか前もって調べます。企業の特徴、強味、ニーズなどをマッチングを行いましょう。マッチングすることが多ければ多いほど採用することが可能になります。

(例文・今期売上も前年よりも120%増。研修制度が充実しています。リーダーになるポストを狙えるチャンスがあります。)

適度な情報量

情報を上手く整理してみましょう。

キャッチコピーは、求人広告で目立つ場所に記載しますが、文字数も限られています。判りやすく企業の魅力をアピールできるかがポイントになるでしょう。

キャッチコピーのコンセプトを作成するのに、情報もある程度必要になります。キャッチコピーになる情報を調べて、文字数に合うように、考えてみましょう。

一語一句を簡潔に

キャッチコピーは、求人者が一番目に付く言葉です。

求職者が企業をどう見るか、キャッチコピーが決めると言えます。会社の魅力を最もアピールできる所であり、求人者に印象付けるでしょう。

(例文・ベンチャー企業のようだけど、売上は順調だそうです。未経験者を採用できるのは、研修制度がきちんとしてるみたい。大手にはないフットワークの軽さ、風邪通しの良さが魅力です。)

メリットは具体的に

キャッチコピーは、企業の魅力をアピールできる重要な部分です。

会社の良い点は判りやすく、表現するようにしましょう。求職者が興味を持つような、効果的なキャッチコピーを考えてみましょう。

(例文・月給30万円以上でゆとりのある生活が送れます。1日5時間以上の自由時間が確保できます。面接時の交通費支給します。)

客観的事実を書く

キャッチコピーは、企業の魅力をアピールする大切な部分です。

求人募集で求人者に興味を持ってもらうために、キャッチコピーを記載します。しかし、誇張しずぎて嘘を載せてしまうと、法で罰せられて経営に影響を及ぼしてしまいます。

在職している人材も辞めてしまう場合もあり、イメージが悪くなるようなキャッチコピーはやめましょう。例文で「3日で営業のプロになれる」などの不可能なことは書かないようにしましょう。

求人募集は分かりやすい言葉で書くことが大切

求人募集に記載することは、簡潔で判りやすくしましょう。

企業の雇い主が求人募集をするとき、広告に書くことは仕事内容や会社の概要を判りやすく載せたほうが、求職者も応募しやすくなります。会社の魅力をアピールするために、簡潔で判りやすいキャッチコピーを載せると効果が上がるでしょう。

Related