Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月05日

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ

皆さんこんにちは、今回は「採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ」と題し、「採用業務の主な仕事内容」についての詳細情報や実態をはじめ、一般的にどのような経過によって採用業務がなされているかについてご紹介します。

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ

採用業務とは

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
一般的に採用業務というのは、採用計画、求人、会社説明会、面接、選定・内定、内定者のフォローまでのフロー全体の業務を指しており、その仕事内容は企業によって学際的になります。業務用フローなどにその縮図が掲載されます。

つまり、部署ごとに採用基準が違うこともあるため、1つの会社でも採用基準を設けるときにはその業種に合った基準にしておくことが大切です。ネットでも調べておくとよいでしょう。

採用業務は利益を生まないのか?

最近でもこの「採用業務は利益を生まないのか?」といった疑問提起がなされますが、この採用業務の利点というのはまず「敵最適所」をモットーとしたバックオフィス業務として認められます。

つまり、その部署にはどういう人材を適用すれば良いのかという株式の発想をそのまま取り入れ、研究開発、人事、総務などにおいて、低コストのままパフォーマンスを引き上げる点で大きく利益が生まれます。

採用業務の主な仕事内容10

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
さて、採用業務で実際に行なわれる仕事についてですが、これはいわゆる「人事担当業務」として知られています。これには一般的に、新卒採用、中途採用、パート・アルバイト採用、派遣スタッフ対応などがあげられ、その幅は多岐に渡ります。

この中でも特に注力されるのは「新卒採用」と「派遣スタッフ対応」で、最近ではこの派遣社員の優遇に非常に力を入れている企業が多く見られます。この辺りについて事前に調べておきましょう。

採用業務の主な仕事内容1:採用計画を立てる

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
先述でもご紹介しましたように、採用業務の根幹はまず「新卒採用」に当てられる上、そのための準備(採用計画)が必須となります。この計画・イベントを設計するためには決まった手順がその行程とされ、そのとおりに実施されることがほとんどです。

基本的には、就職フェア、会社説明会、エントリー、適性試験、一次面接、二次面接、最終面接、内定、就職の運びとなり、この過程をもって新卒採用がなされます。

採用業務の主な仕事内容2:母集団形成

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
この母集団形成というのは主に中途採用時に取られる方法としても有名で、一般的には「既存の部署・業種に必要な人材を確保するための過程」として採用されます。つまり企業側が求めるターゲット層に、効率よく人材を確保するための必要措置となります。

採用業務では主に、採用計画、母集団形成、応募者の閃光、内定者のフォローという手順で採用フローが組まれ、これらをもとに良質・有能な人材の確保がなされます。

採用業務の主な仕事内容3:求人

これは採用業務の中でも率先的な必須事項とされ、各種企業でも先手必勝の採用フローとなるでしょう。採用募集をかける時期に求人広告を打っておき、常に良質の人材確保ができるよう配慮するための措置となります。特にこの場合は中途採用者に当てられます。

どの企業にしても求人広告によって採用人数を満たし、その上で必要な部署へ各人材を投入する形になります。この場合でも求人採用は特別な意味を持ち合わせています。

採用業務の主な仕事内容4:会社説明会やセミナーの実施

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
基本的に多くの企業では3月上旬から会社説明会が実施され、その際には情報開示とともにナビサイトでも順次グランドオープンの形でたくさんの説明会がなされます。この場合でも新卒生向けの説明会として、事前に告知しておくことが必須となります。

採用業務で重要な点としてこの会社説明会があり、この説明会をとおして新卒生各自に会社の事業紹介がなされ、そのまま採用面接に進む場合もあります。採用業務の支柱になります。

採用業務の主な仕事内容5:応募情報の管理

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
各種企業では、会社説明会を終え、採用面接も済ませた後から、応募してきた人材確保のための情報管理が実施されます。つまり、新卒生・中途採用者・派遣社員それぞれの履歴書に目をとおし、採用基準を満たしているかどうかの確認から管理がなされます。

この応募情報の管理は採用業務の中でも特に重要な点となり、この管理・選考をとおして実際の採用者が決まります。採用業務のゴール一歩手前の作業と見てよいでしょうか。

採用業務の主な仕事内容6:選考

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
これは先述の「応募情報の管理」を経た後に行なわれる選考業務となります。たくさんの採用者情報の中から企業の採用基準を満たす者を選考していき、その際でもそぎ落としの形でフィルターにかけ、さらに研ぎ澄まされた形での選考が行なわれます。

採用業務の中では応募者管理と並行して行なわれる重要な点となり、どの企業でも非常に注力しているパートとなります。一次・二次選考の形がよく取られています。

採用業務の主な仕事内容7:面接の手配から実施

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
先述の「選考」を終えた時点で、第一次・二次選考をパスした人材をもとに、今度は実際に面接した上での採用試験が行なわれます。これもどの企業でも普通に実施される採用業務となるため、絶対に外せないポイントとなるでしょう。これも非常に重要です。

基本的には選考基準を満たした者たちばかりなので、その中からさらに人間力が試されるような人事採用の基本的業務が実施されます。この面接で落とされる人も多く見られます。

採用業務の主な仕事内容8:内定通知や不採用連絡

採用業務は先述のように人事担当業務と同じになるため、採用募集・試験による合否を処置対応まで、すべてを賄う仕事になります。ですので採用業務の仕事は主に連絡業務が大変になることもあり、その点を円滑に実施できるよう事前の配慮が必要になります。

「欲しい人材を取る」のが企業ですから、この場合の採用業務でも選考・面接をパスした人はもとより、その中でも即戦力になれる人材のリストアップをします。

採用業務の主な仕事内容9:内定者フォロー

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
先述の「内定通知や不採用連絡」では主に郵送による書類通知で合否が伝えられますが、その場合に平行して内定者を決める過程が組まれます。事前に内定を発表しておき(個別に)、その通知は場合によっては大学に通達されることもあります。

一般的には新卒生、中途採用者、派遣社員各自に宛てられる採用通知となるため、個別で連絡するだけで終わります。この連絡も採用業務では非常に重要な過程となるでしょう。

採用業務の主な仕事内容10:採用業務の振り返り

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
一般的に採用業務というのは先述のような経過をもってなされ、採用者各自の基本情報の確認から内定後のフォローまでを含め、主に実地試験と連絡業務に追われることになります。どの企業でも面接業務はたいていあるため、面接場所の設営は必須となります。

連絡業務では各自に間違いのないよう確実に伝達されることが求められるため、「採用者の情報管理」は採用業務の中でも非常に重要です。この円滑性が重要になります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

新卒採用に特化した採用管理システム11選

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
さて、先述では主に採用業務に関する内容をご紹介してきましたが、ここからは「新卒採用に特化した採用管理システムのおすすめ」と題して、新卒採用にまつわる採用業務に最適の管理システムをご紹介していきます。これもネットで事前に調べられます。

管理システムというのは特に「採用者個別情報の管理」に特化したアプリケーションとなるため、そのうちでも企業別に必要となるニーズが部門別で変わってくることでしょう。

新卒採用に特化した採用管理システム1:ネクストリクルーティング・システム

まず「ネクストリクルーティング・システム」ですが、この管理システムの利点は「良質の採用者募集」、「独立した採用体制の確保」、「採用力の向上」、「コンサルティングの向上」、「連絡の引継ぎがスムーズになる」、「母集団のストック」などに見られます。

だいたい採用業務に必要なすべての項目がまんべんなく揃っているため、非常に多くの企業が導入している管理システムとなります。ぜひ一度試してみるとよいでしょう。

新卒採用に特化した採用管理システム2:i-web

次に「i-web」ですが、この管理システムは最近になってニーズがグンと上がってきたアプリケーション(プラットフォーム)になります。特に「選考業務の効率化」を踏まえ、「採用効果そのもの高められるシステム導入」がその大きな利点としてあげられるでしょう。

リクナビ、キャリタス(就活)、OfferBoxなどと提携してネットワークを広げられ、主に大手就職情報サイトとの連携を図る上で非常に良質の採用希望者を募集できます。

新卒採用に特化した採用管理システム3:ReBOT

次は「ReBOT」のご紹介です。この「ReBOT」の大きな利点はAIによる自動応答に見られ、管理者が特別何もしなくてもオートで情報管理をしてくれる点に魅力があり、その点をもって採用業務用の管理システムとしてもかなりお得なシステム対応をしてくれます。

最近ではこの「自動応答・対応」のメリットが非常に注目されていることもあり、この「ReBOT」を率先して導入している企業もかなり多く見られています。

新卒採用に特化した採用管理システム4:ACCESS ON LINE

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
採用選考管理アプリケーションシステムとしては、そのメッカと言われるほど人気の高い「ACCESS ON LINE」です。この管理システムの魅力は特に「統合管理アプリケーション」としての機能を持ち合わせ、その上で採用業務の効率を破格にアップする点です。

「応募者データの一元管理」や「マイナビとのシームレス連携」などをはじめ、採用業務に必須とされる情報管理の側面から大きくバックアップしてくれます。

新卒採用に特化した採用管理システム5:e2R

この「e2R」も最近になって急激に導入される機会が多くなった、人気の応募学生管理システムになります。この「e2R」の利点・魅力もその情報管理能力の高さにあり、応募学生の基本情報を個別にきめ細かく管理してくれます。管理の面では一級品となるでしょう。

採用業務では特に連絡情報の円滑さ、個人情報の正確な管理が必須となるため、先述の「ACCESS ON LINE」と合わせて導入している企業も多く見られています。

新卒採用に特化した採用管理システム6:Peace!

次にこの「Peace!」です。これは「求職者管理機能とコンテンツ管理機能を備えたASPサービス」として非常に人気が高く、エントリー受付や説明会・選考予約・活動履歴管理・アンケート集計をはじめ、応募者管理に必須の機能を完備したマイページシステムです。

さらに個別で送信するブログ情報やメール広告などをはじめ、コミュニケーションツールも非常に特化しているため、利用する上ではかなり利便性が高くなるでしょう。

新卒採用に特化した採用管理システム7:LePMOS

こちらも人気うなぎ登りの「LePMOS」のご紹介です。「LePMOS」の特徴は「オンライン会社説明会」や「動画による企業紹介」などをはじめ、電子ネットを最大限に活用した近代型システムの完備に見られるでしょう。ユーザーからはとても人気が高いです。

アカウント登録の上限がなく、採用効率をアップさせるためのツールが軒並み揃っているところに大きな魅力が見られます。これも非常に利便性が高いシステムとなります。

新卒採用に特化した採用管理システム8:GJコミュニケータ

次は「GJコミュニケータ」のご紹介です。「GJコミュニケータ」の利点は新卒採用に関するデータを総合的に管理するのに向いており、特に応募者データを一元管理する際のツール機能は抜群のモデムを備えています。これも多くの企業によって導入されています。

情報管理の側面から見る上では当システムの機能性は破格に高く、エントリーカードのデータ確認から内定フォローまでを一括で賄うため、システムとして非常に優れます。

新卒採用に特化した採用管理システム9:dotManager

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
次に「dotManager」ですが、これは採用業務を行なう上では非常に使い勝手が良い管理システムとなります。母集団管理、選考プロセス管理などをはじめ、採用のすべてのステップを効率的に一元管理でき、スクリーニング機能が充実しています。

次世代Webスクリーニングシステム、筆記試験結果などの得点管理、管理者権限の階層化、オリジナルコンテンツによるeラーニングなどを含む、採用業務には完璧型のシステムです。

新卒採用に特化した採用管理システム10:Smart Shuttle

2001年からリリースされている「Smart Shuttle」のご紹介です。この「Smart Shuttle
」の特徴はまず「企業ごとの採用手法に応じたシステムのカスタマイズ」が可能な点に見られ、企業独自の採用業務に特化した管理システムとなる点です。

選考状況の評価・記録・管理、登録学生のマイペースでの情報確認機能、応募者情報の一元管理などをはじめ、採用業務を行なう上で必須項目を完全に満たしてくれます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

アルバイト採用に特化した採用管理システム6選

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
さて、先述では主に一般採用に特化した管理システムについてご紹介しましたが、ここからは「アルバイト採用に特化した採用管理システム6選」と題し、アルバイト・パート採用に有能な採用管理システムをご紹介していきます。ぜひご参考下さい。

アルバイト・パートの場合でも、企業によってはかなり多く募集されることがあるため、その際の採用業務においても個別情報の一元管理が必須事項となる場合があります。

アルバイト採用に特化した採用管理システム1:バイトルマスター

現在においても非常に人気の高い「バイトル」関連のアプリケーションになりますが、この「バイトルマスター」の管理機能性も非常に優れています。特にアルバイト・パートを募集することから、年代問わずの柔軟性の高いシステム管理が特徴・魅力となります。

応募者一元管理、面接自動設定、媒体効果の集計機能などをはじめ、採用業務に必要となるそれぞれの行程を完璧なバックアップで管理してくれる有能システムです。

アルバイト採用に特化した採用管理システム2:HITOManager

次に「HITOManager」のご紹介です。この「HITOManager」の魅力はSNSを多用したバックアップ体制が取られ、現代の若者から大人まで、モバイルデバイスやパソコンでじっくり情報交換できる利点にあります。

パーソルキャリア提供の企業情報がフェイスブックによって開示されたり、企業説明会などの個別のイベント情報がSNSによって開示されたり、とにかくかなりの情報量をユーザーに向けて発信されます。

アルバイト採用に特化した採用管理システム3:リクオプ

次は「リクオプ」のご紹介ですが、この「リクオプ」は現在のアルバイト・パート向けの管理システムとしては非常に優れたものとなるでしょう。特に定形している大手企業、参入企業が破格に豊富で、利用者の数も最多を誇る程の人気ぶりを見せています。

この「リクオプ」の利点は採用募集希望者の一元管理をはじめ、各種イベント情報の発信内容もバラエティに富んでおり、採用者・被採用者にとって非常に利便性が高いです。

アルバイト採用に特化した採用管理システム4:ハイソル

次に根強い人気を誇る「ハイソル」のご紹介です。この「ハイソル」の魅力にはユーザーが使いやすい点がまずあり、そのため利用者数もかなり増えてきている傾向にあります。

応募者の一元管理、候補者選考機能、詳細分析レポート、求人広告発注などをはじめ、採用業務に必要なサポート管理システムが破格に優れている点が大きな魅力となるでしょう。特に広告戦略には秀でているため、応募数を増やす際には効果的です。

アルバイト採用に特化した採用管理システム5:EntryPocket

求人検索エンジンとしては世界に名高い「EntryPocket」のご紹介です。この「EntryPocket」の大きな特徴はまずSEO対策に優れており、ネットでの利用率が破格に高い点がポイントです。

さらに20媒体以上の応募者情報を自動で取り入れることができ、その場合でも自社宣伝に最適な媒体ツールが搭載されていて、他社との競合にも非常に有利な機能性を持ち合わせます。とにかく自動連携の対応が激速です。

アルバイト採用に特化した採用管理システム6:ビズプラ採用管理

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
人材の採用から定着までの管理システムとして好評の「ビズプラ採用管理」のご紹介です。この「ビズプラ採用管理」の魅力はやはり多数の機能と連携できるクラウドサービスに見られ、採用管理からメンバー管理、Web面接や動画研修など、Web上サポートに優れます。

ユーザーとしても非常に使い勝手が良いため、現代でも大手企業の管理システムとして導入されています。最新・最強のHRテックが非常に大きなメリットです。

採用業務の効率を高めよう

採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ
いかがでしたか。今回は「採用業務の主な仕事内容10|採用業務における課題と対策4つ」と題し、「採用業務の主な仕事内容」についての詳細情報や実態をはじめ、一般的にどのような経過で採用業務がなされているかをご紹介しました。

採用業務では主に採用希望者の個別情報の管理が基本となるため、採用管理システムの導入をはじめとする、情報管理の正確性が必須となります。これを機に、ぜひ一度検討してみましょう。

Related