Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

採用面接の重要性|採用面接のコツ8つを徹底解説|効果的な求人のコツ

採用担当の方、採用面接をどうやったらいいか知りたくありませんか。この記事では採用面接のコツ、求人情報の効果的な出し方について紹介します。採用担当は企業の人材の質を左右する重要な仕事です。効果的に良い人材を集めるためのコツをつかんで企業に貢献しましょう。

採用面接の重要性|採用面接のコツ8つを徹底解説|効果的な求人のコツ

採用面接の重要性

この記事に目がとまったあなたは、人事部の採用担当者でしょう。採用担当者は、企業の基礎である人材の採用、育成を担っています。育成も大事ですが、そもそも能力の低い人材を採用していてはダメです。

採用面接は、企業においてとても重要な仕事と言えます。企業は、人が支えています。その人は採用担当が雇いますから、採用担当の能力が低いと、会社の業績は延びません。

採用までの流れ

採用までの流れを簡単に説明します。まずはどんな人材を何人採用するか決定します。その後、求人媒体を用いて募集をかけ、希望者を募ります。

次に、応募者の一部あるいは全員と採用面接し、自社の希望と合った条件の応募者を採用します。募集から採用まで、ある程度時間をかけて慎重に決定することが大事です。

採用面接のコツ8つを徹底解説

ここでは、採用面接を行う際の8つのコツを紹介します。ある程度のコツをつかみ、経験を積みましょう。一年目から採用が完璧にいくわけはありません。焦らずゆっくり経験を積むことがコツです。

採用面接のコツ1:応募者がリラックスできる環境

一つ目のコツは、応募者がリラックスできる環境づくりです。あなたも経験があるでしょうが、応募者は非常に緊張しています。あまりに緊張すると、本来の力が発揮できなかったり、言いたいことが言えなかったりします。それでは正確に判断することができません。

就職活動は人生の中でとても大きいイベントです。まずは応募者がリラックスできる環境を整えましょう。

採用面接のコツ2:圧迫面接にならないように

2つ目のコツは圧迫面接にならないようにすることです。世間には故意に圧迫面接をする企業があります。しかし、そのような企業はこのSNS社会ではすぐに情報が拡散され、会社の評判を落とすことに繋がります。上からの姿勢で質問せず、丁寧な口調で面接をすることがコツです。

採用面接のコツ3:面接官として第一印象に気を付ける

3つ目のコツは、面接官として第一印象に気を付けることです。人は、まず会って挨拶を交わした段階で印象を決定します。第一印象が優しいと、相手は緊張が解け、言いたいことが言えるようになるでしょう。

また、面接官の印象が良いと、応募者の「この会社に入りたい」という入社意欲が増します。実際に入社してからも前向きな姿勢で仕事に臨んでくれることでしょう。

採用面接のコツ4:会社の顔であることを自覚する

4つ目のコツは、自分が会社の顔であることを自覚することです。応募者にとって、接触する会社の人間はあなた一人しかいません。あなたの行動、態度次第では会社の印象を悪くすることも良くすることもあることを自覚しましょう。

応募者が、友人や後輩と情報共有していることは多いです。もし、あなたの態度が悪かった場合、その噂はすぐに世間に広まります。そして会社の印象が悪くなってしまいます。

採用面接のコツ5:応募者の話をしっかり聞く

5つ目のコツは、応募者の話をしっかり聞くことです。応募者は緊張していますから、自己アピールがうまくできないこともあるでしょう。応募者の話を引き出し、それをしっかり聞くことができるのが良い面接官です。

的確な質問をして、応募者の考え方や適性を判断しましょう。履歴書と職務経歴書だけでは相手の全ては判りません。相手が言いたいことを全て言えて、こちらが聞きたいことを全て聞けたら良い採用面接と言えます。

採用面接のコツ6:積極的に会社の魅力を伝える

6つ目のコツは、応募者に積極的に会社の魅力を伝えることです。求人情報や、会社ホームページに書いてあることだけでは、あなたの会社の魅力は伝わりません。実際の職場の雰囲気や、魅力をどんどん伝えてあげましょう。相手が自分の会社に入りたくなるようにするのがコツです。

職場で旅行に行っていることや、サークル活動についてなど伝えてあげるなど、喜ばれる情報はたくさんあります。

採用面接のコツ7:企業も選考されているという意識

7つ目のコツは、採用側の企業も選考されているという意識を持つことです。面接官が応募者を面接している時、応募者もまた企業を選考しています。お互いに入社してもらいたい、採用してもらいたいという気持で面接を行いましょう。

この意識を持っている面接官であれば、圧迫面接などするはずがありません。どうしたら応募してもらえるか、入社してもらえるか、採用側も応募者同様考えなくてはいけません。

採用面接のコツ8:採用面接後のフォロー体制

8つ目のコツは、採用面接後のフォロー体制です。面接後に採用、不採用を決定し、応募者に連絡します。応募者は不採用の場合、他の企業に面接に行く必要がありますから、速やかにお知らせしましょう。また内定者には雇用へ向けたフォローが必要です。

この対応が悪い場合、会社の印象が悪くなり下手をすると内定辞退されてしまいます。ミスの無いよう、来社してもらいその場で手続きを行うことがコツです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

効果的な求人のコツ

次に、効果的な求人を行うコツを紹介します。どんなにいい会社であっても、求人が非効率であると応募者はきません。どの求人媒体を使うか、求人情報にどんな条件を載せるかが重要です。

ここでは、どんなことを決めればよいかについて簡単に説明します。

採用方針を固める

1つ目のコツは、採用方針を固めることです。どんな人材を何人採用するか決定します。方針が明確でないと、応募者も自分が条件に合っているか判らず困惑します。研究職なら大学院以上、技術職なら経験者など応募条件を決めましょう。

Must条件とWant条件を区別する

2つ目のコツは、Must条件とWant条件を区別することです。完全に条件に合った人材が応募してくるとは限りません。絶対に必要なMust条件(学歴や職歴など)とあれば望ましいWant条件(性格や適性など)を区別し、優先順位をつけましょう。

求人媒体の選定

3つ目のコツは、求人媒体の選定です。求人情報は見てくれる人が多ければ多いほど、応募者が増えます。どの求人媒体を使うかによって、採用の結果が大きく変わることもあります。

また、どの年齢層を採用ターゲットにするかによっても適した求人媒体は異なります。新卒を募集するなら大学生が登録している求人媒体に登録しましょう。中途採用であれば新聞やチラシ、ハローワークに求人を出すのも効果的です。

自社にマッチした人材を採用できる面接をしましょう

いかがでしたか。採用面接のコツが少しわかってきたでしょう。募集から面接まで少し工夫することで、自社にマッチしたいい人材を採用することができます。採用担当としてみなさんの会社の発展に貢献しましょう。

Related