Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月11日

面白いと人気の採用サイト8選|採用サイトで伝えるべき内容とは?

採用サイトの中には面白い工夫がされている場合もあります。面白い工夫がされていることでほかの採用サイトと区別化をすることができ、印象が残る採用サイトにすることができます。ここでは、面白い採用サイトの特徴を紹介しているので参考にしてください。

面白いと人気の採用サイト8選|採用サイトで伝えるべき内容とは?

採用サイトで伝えるべき内容6つ

採用サイトではさまざまな情報を閲覧者に伝えることが必要であるため、ポイントをつかんだ情報を伝えることが求められています。閲覧者は要点だけの情報を有している場合が多いため、無駄な情報を紹介してしまうと見づらい採用サイトになってしまいます。

次に、採用サイトで伝えるべき内容を6つを紹介しています。そのため、見やすい採用サイトを探している人や求めている情報だけを見たい人は参考にしてください。

採用サイトで伝えるべき内容1:会社提供サービス

採用サイトで伝えるべきポイントは、会社を提供しているサービスを行っていることを知らせることです。まず、採用サイトであることを知ってもらわないと閲覧者からするとすぐに何のサイトなのか判断することができない場合もあります。

また、見やすいように会社名を表示することはもちろんですが、職業別に掲載することも大切です。会社提供サービスとしての実績があれば一緒に紹介するように心がけましょう。

採用サイトで伝えるべき内容2:募集職種・人数

採用サイトで募集職種や人数を伝えることで閲覧者も見やすく、応募しやすくなります。

さまざまな職種がある場合は、募集職種を明確に表示することでより分かりやすくなるという利点があります。また、募集人数を明確にしていないとどのくらいの確率で合格するのか分かりにくくなってしまいます。

また、募集する性別も明白にしておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。

採用サイトで伝えるべき内容3:オフィスの様子

オフィスの様子を採用サイトで紹介することでよりどのような会社なのかを判断することができます。

求人者は職種や給与だけではなく会社の雰囲気を重視して選ぶことが多いです。オフィスの様子を紹介する場合は文章だけでは伝わりにくいので画像や動画を採用サイトにアップするようにしましょう。

画像や動画を堅苦しい雰囲気に仕上げてしまうと仕事環境の良さが伝わりにくいため、面白い要素も含めるようにしましょう。

採用サイトで伝えるべき内容4:社員紹介(インタビュー)

社員の紹介することでもよりよい採用サイトに仕上げることができます。実際に働いている人にインタビューを取り上げることでどのような会社なのかを働く前から知ることができます。インタビュー動画でも問題ありませんが、一般的には文章だけで紹介することが多いです。

あまり面白い要素を取り入れてしまうと不真面に感じてしまうので、面白さは極力出さない方が無難です。

採用サイトで伝えるべき内容5:キャリアパス

キャリアパスを明確に表示しておくことで将来の姿を想像しやすくなり、応募してみる意欲もわいてきます。そのため、キャリアパスをしっかり行うことが決まっているのであれば採用サイトにもキャリアパスの道しるべを紹介することをおすすめします。

キャリアパスとは、どのような仕事の実績を残せば上の立場に立てるかを示した手順のことを示しています。例えば工場長になるためには何年以上の勤務が必要か、どのような実績がいるのかなどを明記することです。

採用サイトで伝えるべき内容6:選考ステップ

選考ステップとは、どのような手順で応募から合格まで進んでいくのかを示していることです。選考ステップを紹介することでどのような試験を受ければ内定をもらえれるのかを求人者が知ることができます。

また、選考ステップ内容によって就職率が難しいのか簡単なのかも知ることができます。求人者自身にもスケジュールがあるため、選考ステップを紹介することは求人者にも優しい気遣いでもあります。

面白いと人気の採用サイト8選

上記のポイントをしっかり守れば採用サイトとして違和感のない仕上がりにすることができます。しかし、より多くの求人者を募る場合は面白い採用サイトに仕上げることが大切です。面白い採用サイトなら見る方も楽しくなり、応募しやすくなる特徴もあります。

次に、面白いと人気の採用サイト8選を紹介します。そのため、面白い採用サイトを見てみたい人は参考にすることで理想の転職先を見つけることも可能です。

面白いと人気の採用サイト1:株式会社アサツー ディ・ケイ

アサツー ディ・ケイは大手広告代理店であり、毎年面白い採用サイトを行っている会社としても有名です。そのため、毎年採用サイトを見るだけでも楽しむことができます。しかし、面白いだけではなく求人者のためになる仕上がりになっています。

9タイプの人物から自身のタイプを選択することで、実際に働いた際にどのような仕事をすることができるのかを知ることができ、就職後の自身の姿を想像しやすいです。

面白いと人気の採用サイト2:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの採用サイトの特徴はポップなイラストで統一されていることです。そのため、採用サイトに訪れた瞬間堅苦しいイメージは全くなく、親しみやすい採用サイトに仕上がっています。

採用サイト内にはいくつかの神が紹介されており、就職することで活躍できるタイプを面白いイラストで知ることができます。イラストがメインになっているため、内容も入ってきやすいです。

面白いと人気の採用サイト3:株式会社電通

株式会社電通は大手企業らしくさまざまな情報をきっちり採用サイトに紹介されているため、必要な情報を見ることができます。また、インターシップも多く開催されているため、就職後に自身のスキルをより高めることができることを紹介しています。

それぞれのインターシップのページに行くと個性的な背景に仕上がっていることで印象に残りやすいです。採用サイトに面白い工夫を多く行っている特徴もあります。

面白いと人気の採用サイト4:株式会社小学館

株式会社小学館の採用サイトの特徴は楽しく、面白くをモットーに制作されているため、いかなるところに面白い要素が隠されています。一般的な採用サイトの会社概要などの項目はシンプルに設計されていますが、小学館は海や空をクリックするとそれぞれの情報を見ることができます。

マウスエフェクトにも力を入れており、カーソルを各項目の上に乗せることでアクションし、それぞれの項目で動きを楽しむことができます。

面白いと人気の採用サイト5:カヤック

カヤックは面白い採用サイトであり、実際に採用を決める基準も面白いです。一般的な企業では、求人者の能力や性格を分析し、自社が求めている人材なら雇い入れますが、カヤックではゲームの成績で内定を決めます。

ゲームに向けている情熱を図ることで求人者がどれだけ熱くなれる人材かを判断することができます。そのため、ゲーム好きの方が有利に就職できる一風変わって企業でもあり、面白い企業でもあります。

面白いと人気の採用サイト6:スターバックスコーヒージャパン株式会社

スターバックスコーヒージャパン株式会社はSNSを活用して採用サイトの内容を定期的に発信しています。スターバックスファンは登録している場合が多く、自然と採用サイトの内容を目にすることができます。

また、実際に働いている職業ごとにストーリー動画も配信しているため、仕事内容についてより詳しく知ることができます。SNSで採用サイトを行っていることは珍しくはないですが、面白い工夫が行われています。

面白いと人気の採用サイト7:DMM.comGroup

DMM.comGroupの採用サイトの特徴は、10分から15分にまとめられた動画を配信していることです。職業ごとにそれぞれ仕事内容などが紹介されていることでよりどのような仕事を行うのかを知ることができます。

15分の動画となると長いと感じてしまうこともありますが、気になっている職業であればあっという間に見終えることができます。動画内容も堅苦しくなく面白い要素も含まれているため見やすいです。

面白いと人気の採用サイト8:トゥモローゲート

トゥモローゲートは採用サイトに訪れると「ブラック企業にようこそ」という一風変わった文章を目のあたりにします。項目をクリックするとブラック企業の特徴などを詳しく紹介されており、面白い構成になっています。

しかし、全ての文章を読むことで一見ブラック企業のように見えてしまう企業でもより理解することでホワイト企業だと気づけることを紹介しています。面白い中にメッセージ性がある採用サイトでもあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

面白い採用サイトには共通点がある

面白い採用サイトにさまざまな共通点があることを知っているでしょうか。

共通点を知ることで採用サイトを作る際により面白いサイトに仕上げることができ、閲覧者の心をつかむことができます。また、閲覧者側も共通点を知ることで採用サイトに力を入れていることを把握することができます。

次に、面白い採用サイトの共通点をいくつか紹介します。そのため、面白い採用サイトの共通点を知りたい人は参考にしてください。

人気サイトの真似をしている

面白いサイトに近づけるために人気サイトのまねをしている場合が多いです。全く同じようにするのではなく、雰囲気を真似ることで人気サイトに近づけることができ、面白い採用サイトという評価を受けることもできます。

そのため、多くの採用サイトをめぐっている求人者なら同じような採用サイトを見たことがある人も多くいるのではないでしょうか。独自の面白い採用サイトをいかに作るかが重要になります。

ターゲットに即したデザイン

面白い採用サイトの共通点の中にターゲットに即したデザインを採用している場合が多いです。例えば、デザイン系の採用サイトであればデッサンを背景に貼りつけたり、色鮮やかな配色を採用している場合が多いです。

また、女性の採用割合が多い企業であれば、女性の閲覧者が自然と多くなるため、女性受けしやすいデザインに仕上げています。需要にあったデザインにすることでより親しみを抱くことができます。

使いやすさにもこだわっている

面白い採用サイトは面白いだけではなく、使いやすさにもこだわっている場合が多いです。求人者が求めている情報をいかに見やすくすることで使いやすさを高めることができます。面白さを重視してしまうと見づらかったり、求めている情報がどこで知ることができるのかが分かりづらくなります。

そのため、使いやすさのことも考えつつ、面白い要素を組み入れるかが重要になり、条件をクリアすれば完璧な採用サイトになります。

面白い採用サイトにはよりいい人材が集まりやすくなります

面白い採用サイトにはよりいい人材が集まりやすい傾向があります。その理由はさまざまありますが、面白い採用サイトにしていることで閲覧する人が多く、興味を抱きやすいことが影響しています。そのため、よりよい人材を確保するためには採用サイトを面白くすることも大切です。

さまざまな企業が採用サイトを用意しており、なかには面白い工夫がされていることもあるため、さまざまな採用サイトを閲覧してみましょう。

Related