Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法

時短勤務とは、家庭の事情などで使う柔軟な働き方のことです。子育てをしている人であっても無理なく働いていくことができるというメリットがありますが、不公平感が募りやすいというデメリットもあります。今回は、時短勤務で不公平感が出る理由や解消方法についてご紹介します。

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法

時短勤務とは

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
時短勤務とは、フルタイムよりも労働時間を短縮して働く制度のことを指します。働き方改革の影響によって、働きやすい社会を作ろうという考え方が浸透してきており、時短勤務もその1つです。

時短勤務は、育児・介護休業法によって定められています。パートタイマーであれば、週3日6時間以上勤務している人などの条件はありますが、条件を満たせば時短勤務が適用されます。

家庭の事情などで使う柔軟な働き方

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
時短勤務は、少子化問題の対策のために設けられた制度となっています。フルタイムで勤務しながら子育てや介護を行うことは非常に難しいです。

そのため、今までは結婚や出産によって退職することを余儀なくされていましたが、時短勤務によって育児をしながら就労をすることが可能になりました。

その他、育児・介護休業法では介護を行っている従業員に対して、残業免除制度を設けるなどのさまざまな制度が義務付けられています。

メリットとデメリット

時短勤務によって、子育て・介護を行いながらでも仕事を継続しやすい環境を整えることができるというメリットがあります。また、時短勤務によって結婚や妊娠によって退職する人が減少するので、人材確保が行えることがあげられます。

しかし、時短勤務にはデメリットもあり、時短勤務をしていない社員が不満を募らせやすく、不公平感がでる可能性が高いです。時短勤務を導入するためには、不公平感を減らす工夫が必要です。

時短勤務で不公平感が出る理由5つ

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
時短勤務で不公平感が出てしまう理由はさまざまです。

不公平感が出てしまう主な理由としては、時短勤務をしていない社員へ負担がかかることや時短勤務の制度自体が複雑で従業員だけでなく、企業側の理解が不十分になりやすいことがあげられます。

時短勤務を導入する前に時短勤務で不公平感が出る理由についてくわしく知っておくようにしましょう。

時短勤務で不公平感が出る理由1:他の社員へのしわ寄せ

時短勤務の社員がいるということは、その分の仕事が時短勤務をしていない社員に任されることになります。

時短勤務をしていない社員にとっては、仕事が増えたことによって残業しなければならないということも少なくありません。

しかし、時短勤務をしている人は残業せずに時間になれば帰るため、不公平感が出てしまいます。また、他の社員が仕事を引き受けて当たり前という意識を持っている人もいるので注意が必要です。

時短勤務で不公平感が出る理由2:時短勤務の理由が不透明

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
時短勤務をしたいと考える社員には、さまざまな理由があります。時短勤務をしたい理由としては保育園への送迎をしながら仕事を行うことができることや収入を大幅に減らしたくない、子どもとの時間を作りたいことなどがあげられます。

時短勤務の理由を不透明にしたままにしておくと、想像していたよりも給料が少ないと思われるなど不公平感に繋がる可能性が高いです。時短勤務にする場合は理由を聞いておくようにしましょう。

時短勤務で不公平感が出る理由3:周りの理解の低さ

時短勤務について周囲の社員が理解してなければ不公平感に繋がります。例えば、時短勤務中の残業は法律によって制限されています。会社側は時短勤務の社員に残業をさせることはできません。

しかし、周囲の社員が時短勤務の社員に残業をさせることはできないことを知らない場合は、特別扱いをされていると勘違いされて不公平感が出てしまう可能性があります。時短勤務について周囲の社員にも説明をし、理解を深めましょう。

時短勤務で不公平感が出る理由4:制度を整えず単純に導入

時短勤務には、さまざまな制約があります。例えば、全ての労働者を対象としていないことや残業は原則認められないこと、働いていない分の給料はでないことなどです。

会社側が時短勤務についての制度を整えずに導入してしまった場合、仕事が回らなくなってしまったり、想像していたよりも人手が足りないなどのトラブルが起こりやすく、不公平感に繋がりやすくなります。

時短勤務で不公平感が出る理由5:時短勤務の制度内容の不明確

時短勤務は、全ての従業員に適用される制度ではありません。さまざまな条件を満たす必要があり、養育しているのが3歳以上の子どもであったり、1週間の労働日数が2日以下であれば、時短勤務を行うことはできません。

どのような状況であっても、働きながら子育てをすることは難しいので、条件を満たしていない人からすると時短勤務を適用されないことに対する不公平感に繋がってしまいます。

不公平感を解消する5つの方法

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
時短勤務を導入しても他社員の理解を十分に得られていなかったり、時短勤務を行うための準備を整えていなかった場合は不公平感が募る原因となります。

不公平感を解消する方法としては、時短勤務への理解を深めたり、時短勤務適用外の社員を優遇するなどがあげられます。時短勤務を導入するのであれば、不公平感の解消方法を知っておくようにしましょう。

不公平感を解消する方法1:その他の社員への優遇

時短勤務を導入するということは、どうしても時短勤務をしていない社員に負担がかかってしまいます。時短勤務の不公平感を解消したいのであれば、時短勤務をしていない社員を優遇するようにしましょう。

時短勤務をしていない社員が残業を余儀なくされるのであれば残業代をアップさせたり、シフト制の職場であれば時短勤務をしていない社員の意見を優先して聞き入れるといった方法を取れば不公平感が解消されやすいです。

不公平感を解消する方法2:時短勤務の理由を周知

家族に頼ることができずに、時短勤務をせざるをえなくなった人や保育園の延長を行うことができないなど、時短勤務をする人の理由はさまざまです。

時短勤務をしている理由について周囲に知らせておかなければ、保育園で延長してもらえたらフルタイムで働けるのになどの不公平感が出てしまうことがあります。時短勤務をしている人と相談をして、時短勤務の理由は周囲に知らせておくと不公平感を減らすことに繋がります。

不公平感を解消する方法3:時短勤務の制度内容を周知

時短勤務について、誤解をしている社員は少なくありません。例えば、時短勤務の人は同じ給料であるのにも関わらず、残業もなく早く帰ることができると勘違いしている場合があります。

時短勤務をしている分の給与は時短の度合いによって減額されており、残業をしないという制度があるなどの時短勤務の内容は周囲に説明しておくようにしましょう。

不公平感を解消する方法4:手当を充実させる

時短勤務によって労働時間が減り、残業もなくなると給料も減少します。給料の減少によって不公平感が出てしまう時短勤務者は多いです。モチベーションの低下によって退職してしまっては、時短勤務を導入している意味がなくなってしまいます。

時短勤務を行っている人の不公平感を解消するためには、手当を充実させるようにしましょう。例えば、仕事の成果目標を達成することができれば、手当を出すなどが好ましいです。

不公平感を解消する方法5:導入前に制度を整える

時短勤務を行うということは、1人の勤務時間が減って残業を行うことができなくなるということです。また、遅刻や欠勤、早退のリスクも飛躍的に高まります。

これらに即座に対応できる環境を整えておかなければ不公平感に繋がる可能性が高いです。時短勤務を導入する前に、会社の制度を整えておき、時短勤務の人が働きやすい環境を作るようにしましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

時短勤務の必要性

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
時短勤務によって、不公平感が出てしまう可能性は否定できません。時短勤務は本当に必要なのか疑問に感じる人も多いです。

時短勤務の必要性としては、労働力を減らさずに優秀な人材を確保しておくことができることがあげられます。

労働力人口の減少

労働する人はどんどん減少している傾向にあり、どのような企業でも人手不足に悩んでいます。しかし、時短勤務を導入して、フルタイム以外の勤務形態を提供することによって働き手を増やすことが可能です。

求人を出す時でも時短勤務を行っている実績を示すことで、働きたいと志願する人が多くなる傾向があります。企業のイメージアップにも繋がるので、働き手を探しているのであれば時短勤務を導入しましょう。

人材確保

時短勤務を導入することによって、労働意欲や能力が高い優秀な人材を確保しておくことが可能です。

優秀な人材が子育てや介護のために会社を辞めてしまうということは、その人を採用するためにかかったコストや育成するためのコストも無駄になるので、会社にとってデメリットになります。

また、時短勤務者は数年後に再度フルタイムで働く確率が高く、優秀な人材を逃したくないという場合は時短勤務を導入するようにしましょう。

女性の活用

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
妊娠や子育てをしなければならない女性は、仕事を辞めざるをえない状況に陥る可能性があります。しかし、時短勤務を導入すれば、女性であっても無理なく仕事を続けていくことが可能です。女性が中心の職場であるのであれば、時短勤務が必須といえます。

時短勤務は不公平感を出さないよう注意が必要

時短勤務で不公平感が出る理由5つ|時短勤務への不満を解消する5つの方法
時短勤務は他の社員にしわ寄せがいきやすく、制度内容もわかりにくいので、不公平感が出やすくなります。不公平感についての対策をしないまま時短勤務を導入してしまうと、労働者全員のモチベーション低下につながる可能性が高いです。

時短勤務を導入するのであれば、研修などによって時短勤務の制度を周知させたり、手当を充実させるなど不公平感の対策を行うようにしましょう。

Related