Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月18日

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力

プレイングマネージャーという役職が増えています。今回は、プレイヤーとマネージャーを兼務しているプレイングマネージャーについて、求められる理由や3つの能力についてご紹介していきます。プレイングマネージャーの課題と一緒に、詳しく見ていきましょう。

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力

プレイングマネージャーとは

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力
プレイングマネージャーとはその名のとおり、実務とリーダーを兼ね備えた仕事をする立場の役職です。

バブル崩壊後、人員不足やコスト削減が起こり、プレイングマネージャーというプレイヤーとマネージャーを兼務する役職が主流になりました。中小企業や中間管理職に多い役割で、自身のスキルとともにチーム全体の業績もアップしなくてはいけない重要な役どころです。

有能な人材が、プレイングマネージャーとして求められています。

プレイヤーとして

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力
プレイングマネージャーはプレイヤーとしての能力を求められています。

マネージャーだけであればプレイヤーになってはいけませんが、プレイングマネージャーはプレイヤーとしての実力と実績が重んじられる役職です。率先してプレイヤーとして業務を行い、仕事上で皆の手本となるべき人物です。

仕事上のスキルを磨くための勉強や研修はもとより、現場へ赴いて自身の力で一プレイヤーとして業績をアップしていく必要があります。

マネージャーとして

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力
プレイングマネージャーはマネージャーとして皆を教育、指導する役割があります。

プレイングマネージャーはプレイヤーとしての業務の傍ら、チームに目標をもたせて社員のモチベーションを上げて、業績をアップさせる役割があります。その際にチームを正しい方向へ導くための管理や現場教育も率先して行わなければいけません。

プレイングマネージャーは目標に向けてチームを引っぱる、マネージャーとしての能力も求められています。

プレイングマネージャーが注目される理由

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力
現代社会でプレイングマネージャーが注目される理由は、少子高齢化の人材不足の世の中で、プレイヤーとマネージャーという2つの役割をしてくれる役職が必要だからです。

コスト削減が叫ばれる現在、優秀なプレイヤーがマネージャーを兼務する役職がたいへん注目されています。特に現場主義の職場では、プレイヤーでもあるマネージャーの発言には重みがあります。

プレイングマネージャーは今もっとも注目されている役職の一つです。

プレイングマネージャーが求められる理由

プレイングマネージャーが求められる理由は、プレイヤーとしての役割をしながらマネージャーとして社員に指導できる点が大きいです。

現在、管理職に就いている世代は、後輩の育成などの経験が浅い人が多いです。そのような人がマネージャー業務だけに専念すると、たいへんなストレスになります。

現代社会はフラットな関係が職場でも続いています。プレイヤーとして社員の育成を行う方が、ストレスなく仕事を遂行できます。

プレイングマネージャーに求められる役割

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力
プレイングマネージャーに求められる役割はさまざまです。

プレイングマネージャーの仕事にはプレイヤーとしての高いスキルと業績、そしてマネージャーとしての高い統率力や指導力が求められています。

プレイヤーとして働きながらマネージャーとしての責務も果たさなければならないたいへんな役職ですが、それだけやりがいのある仕事でもあります。実務と指導、どちらも兼ね備えたオールプレイヤーが求められています。

プレイングマネージャーに求められる能力

プレイングマネージャーに求められている能力についてご紹介していきます。

プレイングマネージャーの資質はさまざまです。その仕事のトップスキルをもっていることは必須ですが、業績を上げるための手腕や外交能力もなくてはマネージャーとしての役割はできません。

プレイングマネージャーとして人の倍の気遣いで業務をこなす一方で、勉強会や研修へ積極的に参加してスキルを磨くことができる、高い向上心も必要です。

1:コミュニケーション能力

プレイングマネージャーには高いコミュニケーション能力が求められています。

企業は利益のために運営をしています。プレイングマネージャーは、社員に目標とやる気をもたせるためのコミュニケーション能力が必須です。

成果の出せない部下にいらいらと辛く当たるようなことがあれば、プレイングマネージャーとしてのコミュニケーション能力を疑われます。社員ひとりひとりの気持ちを汲み、適切な指導をしていきましょう。

2:学習意欲

プレイングマネージャーは学習意欲がなくては成り立たない役職です。

プレイングマネージャーはプレイヤーとして部下を引っ張っていく立場です。仕事に対して常に最新のやり方と最適な方法で取り組み、結果を出さなくてはいけない役職です。

そのために学習意欲を常にもち、自身のスキルと業績を伸ばしていく必要があります。それが結果としてチーム全体の業績を上げて、部下に対する高い指導力を発揮できる源泉となります。

3:バランス感覚

プレイングマネージャーには高いバランス感覚が求められています。

プレイングマネージャーはプレイヤーとしての仕事もマネージャーとしての仕事もバランスよく行うことができる能力が、必要とされています。そのための方法をプレイングマネージャーの研修や勉強会で積極的に学ぶことをおすすめします。

個人の目標と同時にチームの目標と計画を考え、指導・実践ができるバランス感覚がプレイングマネージャーには必要です。

プレイングマネージャーの課題

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力
プレイングマネージャーには課題があります。

プレイングマネージャーのデメリットの部分に目を向けていきます。負の部分をしっかりと認識しながら業務を行うことで、より完璧なプレイングマネージャーとしての仕事を実践していくことができるからです。

チームマネジメントがおろそかになる

プレイングマネージャーにはチームマネジメントがおろそかになるという課題があります。

プレイングマネージャーがプレイヤーの部分を重視し過ぎて自分の仕事にかかりきりになると、チーム全体のモチベーションや業績が下がる傾向があります。

自分の業務を上手に皆と共有して、マネージャー業務を怠らないようにする注意が必要です。部下とのコミュニケーションを常に取るように心掛けていきましょう。

自分自身の目標が達成できない

プレイングマネージャーは自分自身の目標が達成できないという課題があります。

プレイングマネージャーがマネージャー業務に専念し過ぎると、自分の仕事がおろそかになり業績が伸び悩むことがあります。自分自身の目標を達成できる範囲にする、マネージャー業務をほどほどにするなどのバランス感覚が、プレイングマネージャーには必要です。

スポーツ界でのプレイングマネージャー

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力
スポーツ界にもプレイングマネージャーは大勢、存在しています。

プレイングマネージャーはもともとはスポーツ界に多い役職でした。特に野球などの団体スポーツに多い理由は、プレイングマネージャーがプレイヤーとしてゲームに参加することで、チーム全体の動きや戦略を間近で知ることができるという利点があるからです。

選手兼任監督や選手兼任コーチ

野球などのスポーツにはプレイングマネージャーとして、選手兼任監督や選手兼任コーチが存在しています。

特に団体のスポーツでは一人一人の役割がしっかりと分担されているため、プレイングマネージャーを置きやすい成り立ちになっています。

プレイングマネージャーに求められる力は大きい

プレイングマネージャーについて|求められる理由や3つの能力
今日の社会では、プレイングマネージャーに求められる力は大きいです。

今後も活躍が期待されるプレイングマネージャーは、オールラウンド社員としてますます社会に広がっていく兆しがあります。目的意識と学習意欲を常として、立派なプレイングマネージャーを目指しましょう。

Related