Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月09日

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選

福利厚生は、人材の流出を防ぎ、優秀な人材の確保に役立ちます。社員にとって魅力的な福利厚生は、働く環境を充実させることにもつながります。どのような福利厚生が望まれているかを把握して、自社にとって最も必要とされる福利厚生を導入しましょう。

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選

福利厚生制度とは

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選
福利厚生制度とは、企業から従業員へ支給される給与や賞与以外の報酬のことを指しています。この報酬は非金銭報酬になりますので、企業によってさまざまな福利厚生制度があります。

福利厚生制度は、法律で決まっている法定福利厚生と企業が独自に定める法定外福利厚生の2種類に分かれます。福利厚生制度がどれくらい充実しているかは就職の際に重要なポイントになりますので、中小企業では特に意識しておくことが重要です。

中小企業におすすめの福利厚生制度3選

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選
法定外福利厚生にはさまざまな種類がありますが、その中でも特に中小企業において人気の高い福利厚生が3種類あります。

そのひとつは職場環境を便利にしたり、快適にするための制度です。もう一つは、育児や介護の支援といったプライベートの生活環境をサポートする制度、さらに休暇に関するものがあります。

社員にはそれぞれサポートしてほしいことがありますが、これら3つは中小企業が福利厚生として利用しやすい制度です。

1:飲食関連

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選
仕事の合間の休憩時間は、空腹を満たすだけでなく、気持ちをリフレッシュさせてくれます。それにより仕事の効率をあげることができます。

飲食関連の福利厚生は中小企業において取り組みやすい制度です。会社にいる間に利用する食事、お菓子、ドリンクなどのサポートを行い、勤務時間であっても便利に利用できる環境を提供します。お客さまに出すお茶などとは異なり、社員が好みのサポートを受けられるようにすることが重要です。

コーヒーメーカー

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選
お客様用ではなく、社員も使えるコーヒーメーカーを設置することで、リフレッシュタイムに活用できます。その時に設置するコーヒーメーカーは、高額なプロフェッショナル仕様ではなく、だれでも使える手軽なものが好まれます。

人によってはこだわりがありますが、中小企業の福利厚生の一環として用意するメーカーは、使い勝手がよく、消耗品であるコーヒー豆や砂糖、クリームなどもリーズナブルなものが誰でも使えて人気です。

お菓子類

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選
ワンコインで買えるお菓子は社員にも人気です。口が寂しいときや、気分転換をしたいときに小袋のチョコレートやスナック類は、女性にも男性にも人気があります。

保存や衛生面を考えるとお菓子が最適ですが、社員の健康管理の面から、フルーツやカット野菜のようなものを置いている中小企業もあります。お菓子メーカーが提供する福利厚生パッケージであれば、定期的に入れ替えをしてくれますので、飽きることなく利用できます。

お弁当配達サービス

中小企業では、一斉にランチを食べることが少なくありません。また、近くにお店があればいいですが、大企業が入るビルのような場合を省き遠くまで出かけなければならない場合は、短い昼休み時間がますます圧縮されてしまいます。

ゆっくりとランチをとりたいときに便利なお弁当配達サービスは、中小企業の福利厚生として、社員により快適なランチタイムを提供できるメリットがあります。これは、朝にお弁当の予約をするシステムです。

ランチ代補助

大企業であれば社員食堂を持つこともありますが、多くの中小企業が採用するのはランチ代補助の仕組みです。特に周りに多くの飲食店がある場合は、社内で専用の食堂施設を持つよりも、ランチ代補助がトータルコストを見ても効率的です。

補助する金額は、物価の高い首都圏特に東京の区内と地方の工場などの地域とでは変えることも考えられます。ランチ代補助は、中小企業のニーズに最適化された福利厚生のひとつの施策です。

2:育児両立支援関連

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選
小さい子供を持つ親が仕事を行くときに重要な福利厚生が、育児両立のための支援です。働き方改革の旗印のもとでさまざまな施策が提案されています。中小企業においては人手不足を解消させるための大きな施策となりますので、慎重にやり方を選ばなければなりません。

男性社員であれ女性社員であれ、育児に携わっている期間は、しっかりと子供たちと向き合える時間がとれ、かつ仕事に差しさわりがない環境を提供することが大切です。

ベビーシッター補助

保育園の待機児童が減る様子もない現状で保育園の順番待ちをしていては、いつまでたっても会社に復帰できません。

中小企業においては、急務があったときに対応できる人材はそう多くはありません。複数人数で同じ仕事をしていることが少ないからです。このような時にベビーシッターをスポットで頼めることは有効な施策です。

海外に比べて日本ではなじみがありませんが、ベビーシッターを頼むことで、安心して仕事に取り込めます。

短時間勤務

通常の業務を短縮させて、業務開始時間を遅くすると、保育園に子供を預けてから出社することができます。逆に、早く帰ることができると、子供が一人でお留守番をする時間を短縮させることができ安心です。

育児をしている間は、仕事との両立には、フレキシブルな時間管理が有効です。特に中小企業では、時間を短縮させたり、フレックスにしたりすることで、キャリアを生かしつつ、子育てができる環境を作ることが重要です。

3:休暇

休暇は福利厚生では、柱のひとつとなる制度です。さまざまな休暇が設定されていますが、中小企業の福利厚生は、休暇の制度を上手に設定させることで、社員が働きやすい環境を提供することができます。

中小企業では、忙しさにかまけて休暇がなかなか取れない場合もありますが、仕事の効率を上げるうえでも休暇はとても大切です。通常の有給休暇だけでなく、中小企業がオリジナルの休暇制度を提供すると人材確保にも役立ちます。

誕生日休暇

オリジナルの休暇制度は、社員のモチベーションを上げることができます。中小企業でに限らず、休暇が取りにくい環境にある場合は、特に独自の休暇制度で休みやすい状況を作ることが重要です。

誕生日は、だれもが持っている記念日になります。そのため、誕生日休暇は、社員全員に分け隔てなく与えることができる休暇です。また、前もって日にちが決まっているため、それに向けてスケジュールや仕事の調整がやりやすいのも利点です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

中小企業が福利厚生を導入する際に注意すべきポイント

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選
福利厚生にはさまざまなものがありますが、実際に導入する際には、自分たちの企業に最適かどうかの判断が必要です。

ただ単に導入しただけでは、有効に利用してもらえるのかわかりません。利用者がいなければ、単にコストがかかってしまっただけになります。また、他社との開きがありすぎると人材確保のメリットも失われてしまいます。

より効果的な福利厚生の制度を導入するために考えておかなければならないポイントを紹介します。

自社や利用状況をよく把握する

福利厚生の導入を検討する際には、まず今の現状を把握してみることが大切です。社員がどのように働いているのか、社員の構成、利用実態など、状況を把握したうえで福利厚生を考えていきます。

法定の福利厚生も含め、どのような区分のものが使われているかを分類して考えてみます。例えば若い社員が多いのでしたらレクレーションや住宅補助といった制度が有効でしょうし、中堅以上でしたら、健康の課題が挙げられます。

従業員の意見を取り入れる

会社側が勝手にこれがいいだろうと福利厚生を押しつけても、利用する側のニーズとあわなければ意味がありません。現状の利用状況を把握した後で、なぜその制度が利用されるのか、あるいは、利用されないのかを実際の社員にヒアリングをすることも有効な手段です。

それぞれ個別の理由はあるものの、本質的に自社の福利厚生としては合わなかったり、しくみの問題があって使いづらかったりすることもあり得ます。

定期的な見直しと管理体制

1度決めた福利厚生は、定期的に見直しをかけることが重要です。働き方は常に変化をしています。会社の状況が変わっていくことにあわせて、社員の働きかたも変わるからです。また市場の動きにあわせた福利厚生にする必要も出てきます。

このように日々変わる福利厚生を常に使い勝手よくしていくには、定期的な見直しとそれらを管理する体制を整えておくことが重要になります。

中小企業ならではの取り組みで福利厚生を充実させましょう

福利厚生制度とは|中小企業におすすめの福利厚生制度3選
中小企業では、常に人材不足が叫ばれています。これらを解決して、より魅力的な企業にするために福利厚生を充実させることは大変有益です。福利厚生を導入するときには、社員がどのようなニーズを持っているかを把握することた重要になります。これによって、必要なものがきまり、導入の優先順位もわかってきます。

幅広い福利厚生は、多くの社員のニーズに応えられます。しっかりと現状の棚卸をしてから導入をしましょう。

Related