Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法

社員が辞める理由には労働環境が悪かったり、キャリアアップのための転職があります。色々な立場の社員がいるので辞める理由もさまざまな場合が多いです。今回は社員が辞めていく会社の特徴を紹介します。この記事を読み、社員が辞めないためにできることを考え実践しましょう。

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法

社員が辞めていく会社の特徴

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法
会社が社員のことを考えなければ、人手不足になり、企業として成長できません。社員が会社を辞める理由にはさまざな原因がありますが、労働環境が整っていなかったり、やりがいを感じなかったりすれば辞めていく人が多くなります。

経営者は社員の意見を取り入れるようにして労働環境を整えるようにしなければなりません。また、経営者と社員が接する場を増やすようにしましょう。

社員が辞める理由10選

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法
社員が会社を辞める理由はたくさんあります。辞める理由のほとんどが給与や人間関係、仕事内容に関することが多くなっています。社員がなぜ辞めるのかを考えることができなければ、企業として大きく発展することは難しくなるでしょう。

経営者は、与えている仕事に対してノルマや勤務時間に無理がないかを考えるべきだといえます。また、社員の人は仕事への向き合い方を考えたり、会社に労働条件の改善を申し出てみましょう。

社員が辞める理由1:上司・経営者の仕事の仕方

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法
社員が会社を辞める理由に上司や経営者の仕事の仕方に納得ができないことが挙げられます。経営者や上司がワンマンな行動をとることで部下である社員は、仕事がしにくくなったり、会社を信頼できなくなり辞めることが多くなります。

上司や経営者となる人は、部下の立場に立った労働環境を作るようにします。また、現場の人の意見を取り入れることも忘れないようにします。

社員が辞める理由2:労働時間・環境

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法
社員が辞める理由に適切な労働時間と環境でないことが挙げられます。労働時間や環境がきちんと整っていなければ無理な働き方をしなければいけないので、仕事を長く続けることが難しくなります。

社員となる人は、入社する会社の面接などで労働時間や労働環境を確認するようにします。また、労働契約をする際も不明な点をなくすようにしましょう。

社員が辞める理由3:同僚・先輩・後輩との人間関係

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法
社員が辞める理由に同僚・先輩・後輩との人間関係がうまくいかないことが原因になっていることがあります。同僚や後輩、先輩との人間関係がうまくいかないと連携して仕事をしたり、喜びを分かち合えないのでそのことが辞める理由となっています。

同僚や先輩との人間関係に悩んでいる人は、休憩時間や空いた時間に会話をすることを心がけます。また、お互いの共通の話題を探しておくようにします。

社員が辞める理由4:給与

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法
社員が辞める理由に十分な給与が支払われないことが挙げられます。十分な給与が支払われないことで仕事へのモチベーションが下がり、将来への不安が残ってしまいます。

給与が少ない人は、資格やスキルを上げて仕事に取り組むようにします。また、十分なスキルや経験があっても給与が少ない場合は転職も視野に入れるようにしましょう。

社員が辞める理由5:仕事内容

社員が辞める理由にそもそも仕事内容が合わないという問題があります。例えば、今までしてきた仕事と全く違うことをしなければいけない場合は、作業が辛くなったり、以前の職場の方がよかったのではという疑問を抱くためです。

仕事内容が辞める理由になっている人は、入社前に仕事内容を聞いておくとともに今までの経験やスキルで対応できるか考えるようにします。

社員が辞める理由6:ワンマン社長

社員が辞める理由に、勤める会社の社長がワンマンであることが挙げられます。社長がワンマンであることで社員のことを考えない経営をするので、会社の業績が上がらず仕事がしにくくなり辞めていく人が多くなります。

社長のワンマンで困っている人は、社長が口を出せない部署への移動を考えたり、転職を考えるようにしましょう。また、具体的な対策がない場合には、労働基準監督署などに相談することを考えておきます。

社員が辞める理由7:社風

社員が辞める理由に社風が合わないことが挙げられます。今まで勤めた会社とは違う体育会系の職場であったり、逆に自分のペースで仕事をする場合は仕事に慣れることが難しくなり辞めてしまう人が多くなります。

社風が辞める理由になっている人は、今まで勤めていた会社と同じような商品を扱う企業に入社したり、面接の際に職場を見学するようにしましょう。

社員が辞める理由8:経営方針・経営状況の変化

社員が辞める理由に経営方針や経営状況の変化があります。会社自体の利益が上がらなければ経営方針が変わったり、経営状況が変わるので社員にとっては仕事がしにくくなり辞めてしまうためです。

自分が勤める会社の経営方針や経営状況が変わった場合は、会社側に待遇や労働環境を確認するようにします。

社員が辞める理由9:キャリアアップ

キャリアアップのために会社を辞める人がいます。キャリアアップを考えている人は今の職場では新しいキャリアを積めないので、新しい会社に移るために辞めることがあります。

キャリアアップが辞める理由になっている人は、新しい職場で必要なスキルや資格を取るようにします。また、転職先でどのようなキャリアアップをしたいのかを明確にしておきます。

社員が辞める理由10:昇進・評価が不満

きちんとした昇進がされなかったり、適切に仕事の評価がされないことで辞める理由になることがあります。適切な評価や昇進がなされないことで、努力が報われないと感じてモチベーションが下がり辞めてしまうためです。

自分の仕事の評価のシステムを会社側に確認しておき、システムを考慮しながら仕事をするようにします。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

退職の相談を受けた際の対応方法

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法
社員から退職の相談を受けた場合には適切な対応をするようにします。適切な対応ができないことで優秀な社員が退職してしまうこともあるので、上司の言葉やフォローといったことは大切になってきます。

退職の相談を受けた人は、まず引き留めることを社員に告げて、仕事でのフォローをするようにします。それだけではなく悩みを聞くようにして問題点を探すようにしましょう。

辞めたいと言われた時の最初の言葉

退職の相談を受ける際はそのまま辞めたいと言う人もいます。その場合、辞めたい理由をきちんと聞き、対応できる部分は応じるようにします。また、相談者が同僚との人間関係で悩んでいる際は、その原因を考えるようにします。

上司となる人が部下に辞めたいと言われた場合は、「辞めるのはいつでもできるので一つ一つ問題を解決していこう」と伝えます。まずは引き留めてその後のことを一緒に考えるようにします。

辞めたい理由を聞き出すための言葉

社員が辞めたいと言ってきても辞めたい理由を聞き出すようにします。辞めたい理由を聞き出すことでどのようなことが問題になっているのかが理解できるからです。

辞めたい理由を聞き出したい人は、「普段から仕事を任せっきりで申し訳ないと思っている。詳しく聞かせてくれないか」と聞くようにします。そうして普段の仕事を評価しながら話しかけるようにします。

辞めたい理由別に見た掛けるべき言葉

社員の辞めたい理由に合わせて掛ける言葉を変えるようにします。どのような理由でも辞める理由によって対応を変えることで、上司や会社を信頼してもらえるからです。そのためには性別や年齢、労働条件などを考慮した対応が必要になります。

退職の相談を受けている人は、性別、年齢、労働条件を考慮して相談に乗るようにします。辞めたい人が女性や非正規社員ならば、ベースアップのための条件を分かりやすく提示するようにします。

社員が活躍できるような組織を作っていきましょう

社員が辞めていく会社の特徴|社員が辞める理由10選|退職相談の対応方法
会社として飛躍するには社員が活躍できるような組織を作ることが大切です。社員が長く働きたいと考える職場を作ることができれば企業としての業績を上げることができます。そのためには社員の立場に立った経営をするようにします。

経営者となる人は社員の声を聞くようにして、一人一人が活躍できる職場を作るようにしましょう。

Related