Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点

バイク通勤を考えている人は交通費は、どのような形で支給されるのかを会社側に聞くようにします。交通費がガソリン代、公共交通機関どちらでの支給なのかを聞いておき、バイク通勤をするのかを決めましょう。また駐輪場の利用条件なども聞いておくようにしてください。

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点

会社の通勤方法はさまざま

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
住んでいる地域や個々の抱えている問題が違うので、会社への通勤方法はさまざまです。バイクや車で通勤する場合や徒歩や公共交通機関を利用することもあり、さまざまな通勤手段があります。

会社の通勤手段に困っている人は、健康や経済的なことを考慮しながら通勤方法を決めるようにします。バイク通勤する場合は、交通費が支給されるのかを会社側に確認するようにします。

首都圏の場合は公共交通機関が中心

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
首都圏の通勤手段は公共交通機関が中心になります。首都圏は公共交通機関が発達しているので、バイク通勤や車での通勤よりも楽な場合が多いためです。また、バイクや車の維持費を考えた場合、電車などを利用した方が経済的に有利なこともあるからです。

首都圏に住んでいる人は、マウンテンバイクやロードバイクなどの自転車と公共交通機関を併用して通勤しています。都会の仕事はハードなので健康面を考慮するようにします。

交通機関がない場合は自家用車やバイク

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
交通機関がない場合は自家用車での通勤やバイク通勤が一般的になります。地方は公共交通機関が利用しづらくなっているので、自家用車やバイクで移動をすることが多くなるからです。

地方で仕事をしている人や、公共交通機関が利用しづらい場合にはバイク通勤やマイカー通勤をするようにします。会社によってはバイク通勤を禁止していることもあるので、自転車での通勤なども考えておきます。

通勤時間帯によっても異なる

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
会社への通勤は時間帯によっても変わります。早朝に通勤する場合は公共交通機関が使えないので、バイク通勤やマイカーでの通勤をすることもあるからです。また、自宅から職場が遠い場合は早朝から家を出なくてはいけないので公共交通機関を利用できないからです。

自分の家から職場が遠い場合は、バイク通勤やマイカーでの通勤を考えるようにします。また独身ならば職場の近くに引っ越しをしたり、寮を利用しても良いでしょう。

バイク通勤の交通費について知っておきたい5つのポイント

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
バイク通勤をするためには会社自体の交通費について調べておく必要があります。バイク通勤をした場合、交通費が支払われるかどうかを調べておきます。また駐輪場を使うことができるのかをはっきりさせることが大切です。

自分でバイク通勤を選んだ場合、交通費は支払われるのかを会社に問い合わせておきます。また、通勤の際に怪我をした場合などの労災などについても問い合わせてみましょう。

バイク通勤の交通費のポイント1:駐輪場

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
バイク通勤をする場合、駐輪場を使えるのかを調べておく必要があります。駐輪場自体が利用できなければバイク通勤ができないからです。また、自転車は駐車することができてもバイクはダメなことがあるので総務に問い合わせる必要があります。

バイク通勤をしたい人は、交通費自体を支払ってもらえるのかを問い合わせて、駐輪場にバイクが停められるのかを聞くようにします。

バイク通勤の交通費のポイント2:対象者

バイク通勤をするためには会社に誰がバイクで通勤をしたいのかを伝えておく必要があります。誰がバイク通勤をするのかを会社に告げておくことで、万が一の事故にも対応しやすくなり、会社側も交通費を支給しやすくなります。

バイク通勤を考えている人は、会社側にバイクで通勤することを伝えておき、万が一の事故が起きた際も困らないようにしておきます。また、保証が手厚いバイクの任意保険なども加入しておきます。

バイク通勤の交通費のポイント3:通勤手当

バイク通勤をするためには交通費が支払われるかを明確にしておきます。交通費がまったく出ない会社もあるのでガソリン代で交通費が支払われるのか、公共交通機関の交通費で支払われるのかを会社側に問い合わせる必要があります。

バイク通勤を考えている人は、総務などに交通費の支給方法を聞いておき、バイクで通勤するかを検討するようにします。

バイク通勤の交通費のポイント4:労災

バイクで通勤する場合は通勤の際の労災が支払われるかを会社に聞くようにします。通勤中の事故であっても仕事中の怪我となるので労災が支払われますが、自賠責保険を優先して使うことが多いので事故が起きた際の対応を会社側に聞く必要があるからです。

バイク通勤を考えている人は事故が起きた際、労災と自賠責保険のどちらを利用するのかを検討しておきましょう。

バイク通勤の交通費のポイント5:会社の規定

会社の規定を守られなければバイク通勤をすることができません。どのような手続きをすれば交通費が支払われるのかや、駐輪場の確保、万が一の事故などの対応などを明確にする必要がります。

そもそもバイク通勤が無理な会社もあるので、総務などに聞いておきましょう。バイク通勤をしたい人は、自分できちんとした任意保険に加入しておき、会社の規定に沿ってバイクでの通勤をするようにします。

バイク通勤の注意点3つ

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
バイク通勤をするためには注意点を抑えておく必要があります。バイクという乗り物で通勤する場合、自転車とは違うのでバイクでの通勤は可能かどうかを明確にする必要があります。また交通費の支給もないことがあるのでトラブルにならないように聞くようにします。

バイクで通勤したい人は、駐輪場を利用できるのかを調べておき、交通費の支給額なども聞いた上でバイクでの通勤をするかを検討します。

バイク通勤の注意点1:会社によっては交通費が出ない場合がある

会社によっては交通費自体が支給されないこともあるので調べておくようにします。交通費として支払われずにガソリン代として支給されることもあるので、総務などに問い合わせるようにします。

バイクの通勤をしたい人は、バイクでの通勤をした場合、どのような形で交通費が支払われるのかを総務に聞くようにします。また、駐輪場の有無や利用料なども聞くようにします。

バイク通勤の注意点2:バイク通勤禁止の会社

バイク自体の通勤を禁止している会社があるので注意をする必要があります。バイクでの通勤は無理でも自家用車や自転車ならば通勤できることがあるので、バイク通勤が無理でも他の移動手段を見つけておきます。

バイクでの通勤を断られた人は、自家用車や自転車での通勤を検討しておきます。その際は駐車場や駐輪場が利用できるのかを調べておきましょう。

バイク通勤の注意点3:駐輪場がない場合

会社によっては駐輪場がない場合ことがあるので注意するようにします。駐輪場がない理由はさまざまですが、主な理由に民間の人の無断借用やその他のトラブルを避けるためでもあります。

自分の会社自体に駐輪場がない場合は、月極めの駐輪場などを借りて、会社に報告してバイク通勤をするようにします。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。

近隣住宅手当てについて

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
近隣住宅手当てとは会社から一定の距離に住む人に対して補助金を出す制度です。身体的な理由で通勤が難しい人や、家族の都合によって遠くから通勤できない人は近距離に引っ越しをして手当てをもらうことができます。

近隣住宅手当の支給を考えている人は、会社からどの位置まで手当ての支給が可能かを調べておき、引っ越しをするようにします。

交通費削減

会社が近隣住宅手当てを導入することで交通費の削減ができます。近隣から通勤をすることで交通費を多く出さないで済むからです。また、それだけでなく通勤の際のトラブルを避けられる利点があります。

会社を経営している人で交通費の削減を考えている場合は、近隣住宅手当てを導入して交通費の削減と社員の安全を考えるようにします。

社員のストレス軽減

会社の近隣から通勤することで通勤ラッシュの煩わしさがなくなります。通勤で受けるストレスは会社自体の業務に支障が出ることもあるので、常日頃から問題視されてきました。そのために社員のストレス軽減には近隣からの通勤という条件が欠かせなくなってきてます。

会社の経営をしている人は、定期的に社員のストレスチェックをするようにして、通勤以外のストレスの軽減に取り組むようにします。

健康面の考慮

近隣から通勤をすることでストレスの軽減につながります。ストレスを軽減することができれば、健康面での心配が減るので、良い仕事をしていくためにもストレスのない職場作りが必要になります。

会社を経営している人は、社員の健康診断の結果を見て健康面でのサポートを考えるようにします。例えば、休憩時間にストレッチをさせたり、社員食堂のメニューの変更などをするようにします。

バイク通勤を選ぶ場合は事前に会社に確認しよう

バイク通勤の交通費について|知っておきたい5つのポイントと注意点
バイク通勤をする場合には会社側に確認を取るようにします。確認を取らなければ、交通費の支給の有無や駐輪場が利用できるのかが分からないからです。

バイク通勤を考えている人は、きちんとした任意保険の加入や、もしもの時の対応などを伝えておき、会社がバイクでの通勤を考慮しやすいようにします。

Related