Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方

iPhone対応の名刺管理アプリには、手軽に始められる無料のものから法人契約をしないと使用できないものまで幅広くあります。無料のアプリはコストを抑えられて良いですが、使える機能が限られるので業務効率をあげるためには有料サービスを利用するのが良い場合もあります。

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方

名刺管理アプリとは

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
名刺を管理できる名刺管理アプリは、ビジネスツールアプリです。スマホのカメラで名刺を撮影するだけで瞬時に情報を読み取得できるアプリや、名前、会社名などの文字を読み取り、編集可能なデータに変換するOCR機能が搭載されたアプリもあります。

用途に合った名刺管理アプリを使うと、仕事もはかどります。今回は、名刺管理アプリのメリットとデメリットやiPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選などを紹介します。

名刺管理アプリのメリット

名刺管理アプリのメリットは、名前や電話番号、メールアドレスなどの情報からすぐに名刺の相手を探し出せるところです。名刺管理アプリの中には、ラベルなどで名刺を管理することもできます。

また、社内で同じアプリを利用することで、名刺の情報を共有もできます。同じ名刺情報を共有することで、退職や異動などの引継ぎが容易になるメリットもあります。外出先などで急に名刺が必要になっても、アプリを開いてすぐに確認もできて便利です。

名刺管理アプリのデメリット

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
名刺管理アプリのデメリットは、アプリに名刺情報を取り込む作業が必要なところです。営業職の方は、すでに顧客や営業履歴をデータベースで管理している方も多いでしょう。その場合は、名刺の情報をアプリに取り込むと二度手間になる場合もあります。

そして、名刺管理アプリには無料と有料のものがあり、名刺の数が増えたり、便利な機能を使ったりすると有料になる場合もあります。自分で名刺管理をすれば、費用は抑えられます。

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
名刺管理アプリのメリット、デメリットはありますが、アプリを使うと業務の効率化が図れるのは間違いありません。そこで、iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリを11選、紹介します。便利なアプリを上手に使い、教務効率を少しでも上げるツールとして利用してみてください。

1:Sansan

おすすめの名刺管理アプリ1つ目は、法人向け名刺管理サービスのアプリSansanです。名刺は撮影するだけで、入力ミスもなく正確にデータ化できます。また、オフィスでの使用頻度の高いGoogleやOfficeとの連携が可能です。

Sansanを使って、社内で名刺情報を共有できます。そして同じ相手先を持つ社員をアプリから招待すれば、簡単に名刺情報をシェアもできます。メッセージを使って、人脈紹介も可能です。

2:HotProfile

おすすめの名刺管理アプリ2つ目は、スキャンした名刺を人の手で入力されデータ化になるHotProfileです。自動認識機能はまだ完全ではないので、スキャンしたデータを人が入力・確認してくれるのは便利なサービスです。

営業アプローチリストや商談などのメニューに名刺情報を振り分けられるので、見込み客などもすぐに検索できます。初期費用0円、月額3,000円から利用可能です。

3:S-Port Cloud NSeries

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ3つ目は、S-Port Cloud NSeriesです。S-Port Cloud NSeriesは多くの名刺をスキャンするだけで、データ化できる便利なアプリです。外部機能との連携やCSV取り込み機能など、多くの機能があることも特徴です。

1IDで10,000枚ほど保存でき、最低利用IDは5つです。初期費用は10,000円で、5IDの月額は12,500円で利用可能です。

4:Evernote

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ4つ目は、仕事でも活用している方が多いEvernoteです。文書や気になるサイトなどを気軽にクリップでき、PCやスマホなどから自由にアクセスできます。Evernoteに名刺を登録するとOCR化され、必要な名刺を瞬時に検索もできます。

登録の方法は、スマホカメラかスキャナーを使います。スキャンは、Evernoteプレミアム(年額5,200円)の機能になります。

5:CamCard

iPhone対応の名刺管理アプリ5つ目は、スマホで撮影してデータ化された情報を管理するCamCardです。名刺認識の方法は、スマホ撮影やQRコード、メールのシグネチャからも認識できます。アカウント登録をすると、クラウドで名刺情報を管理もできます。

また、マルチメディア情報でプロフィールを作成でき、相手の最新情報もすぐに受け取れます。そして、相手先の住所も地図上で確認でき、無料で利用できます。

6:SmartVisca

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ6つ目は、正確にデジタル化された名刺情報を管理・活用できるSmartViscaです。スキャンやカメラ撮影された名刺情報はOCRとして取り込まれ、認識できなかった情報はオペレーターの目視で修正が入ります。

名刺情報は、Salesforce上のサーバーにデータとして一元的に蓄積されていきます。初期費用50,000円、月額8,000円から利用可能です。

7:名刺de商売繁盛

iPhone対応の名刺管理アプリ7つ目は、スマホカメラで名刺を撮影してサーバーに送信し、名刺情報をデジタル化する「名刺de商売繁盛」です。「名刺de商売繁盛」アプリを利用するには、法人契約が必要になります。

また、アプリの利用にはサービスIDとログインID、パスワードも必要で、月額30,000円から利用できます。

8:Eight

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ8番目は、Eightです。スピーディーかつ正確に名刺をデータ化し、個人情報の漏洩対策もされたアプリです。異動などの情報も自動更新され、近況も確認できます。

チャット機能を使って商談の提案、折衝の機会も増えます。名刺のデータ化数やクラウドの保存容量・期間も無制限で無料です。Eightプレミアムのサービスは有料で、480円/月または4,800円/年の自動更新です。

9:Wantedly People

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ9つ目は、Wantedly Peopleです。Wantedly Peopleは、名刺をカメラで撮影するだけで情報を読み取り、自動登録してくれます。相手先の担当者の名前を忘れてしまっても、職種や会社名で名刺を検索することもできます。

また、アプリ内から通話やメール作成もでき、アプリ1つで一連の業務を行えます。アイコンに顔写真を登録すると、顔も覚えられて便利です。

10:myBridge

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ10番目は、myBridgeです。LINEの名刺管理アプリのmyBridgeは、名刺をスマホで撮影するだけで情報を正確にデータ化してくれます。また、スマホ本体と連携して、着信時に相手の名刺情報を表示します。

他社の名刺管理アプリからのデータ移行の際も、独自機能を使ってLINEとの連携ができます。社内やグループで名刺情報を共有でき、パソコンでも使えます。

11:WorldCard Mobile

最後に紹介するiPhone対応のおすすめ名刺管理アプリは、名刺認識管理のWorldCard Mobileです。多言語認識ができるWorldCard Mobileは、撮影した名刺情報を認識してiPhoneの連絡先に連携します。

またワンクリックで電話やメール発送、ルート検索ができ、Facebook、TwitterなどのSNSとも連携してくれます。クラウド上で、連絡先データのバックアップやシェアもできます。

iPhone対応の名刺管理アプリの選び方

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
iPhone対応の名刺管理アプリは、機能もサービスもさまざまです。しかし、どの名刺管理アプリを使えば迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、iPhone対応の名刺管理アプリの選び方を紹介します。

1:登録できる名刺枚数の確認

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
はじめに紹介するiPhone対応の名刺管理アプリの選び方は、登録できる名刺枚数の確認です。アプリによっては、登録する名刺の枚数で金額が変わってくることもあります。また、無料で無制限に登録できたり、1日に登録できる枚数が決まっていたりもします。

無料で無制限に名刺情報を登録できるものが良いのでしょうが、データを基に使える機能も検討しながらどのアプリが便利に使えるかを考える必要があります。

2:名刺をデータ化する方法の確認

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
iPhone対応の名刺管理アプリの選び方、2つ目は名刺をデータ化する方法を確認することです。名刺情報のデータ化にはOCR機能を使った機械による自動入力と、オペレーターによる手入力のものがあります。

機械の自動入力は性能によって誤字脱字が多く、修正に手間を要します。また高額なアプリやシステムほど、読み取り制度は高くなります。オペレーターの手入力はOCR機能より精度は高い分、費用も高くなります。

3:無料と有料の相違点

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
iPhone対応の名刺管理アプリには無料と有料サービスでは、データ化の方法や登録件数、クラウド容量などに違いが出てきます。一般的に無料で使える範囲には、登録枚数の制限やOCR機能で自動入力する情報に誤字脱字が多くなり、手間が発生してしまうこともあります。

コストを抑えて名刺管理アプリを使用したいと考える方も多いでしょうが、仕事の効率化を上げるためには便利な有料サービスも活用することもおすすめです。

4:保存先を確認

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
iPhone対応の名刺管理アプリは、スマホのカメラで撮影するだけで簡単に情報を取り込めとても便利です。簡単に名刺情報を取り込めるので、ついつい登録する名刺の数も増えてしまいます。取り込んだ名刺情報の保存先は、スマホ本体かクラウドの2つにわかれます。

スマホ本体に保存されるアプリは、本体の紛失や故障でデータを失うリスクがあります。一方、クラウドを利用するとデータを失うことはありません。

5:使いやすさ

iPhone対応の名刺管理アプリの使いやすさは何と言っても1回名刺情報を取り込んだら、社内や部署内などで同じ情報をシェアできるところです。また、名刺を持ち歩く必要もなく、外出先でもすぐに調べたい相手先の情報をスマホ1台で検索できます。

登録した名刺情報を使ってスマホからワンタッチで電話をしたり、メールを作成したり、GoogleやOfficeと連携できるアプリもあり活用方法でアプリを選ぶと良いでしょう

iPhoneで名刺管理を始めよう

iPhone対応のおすすめ名刺管理アプリ11選|名刺管理アプリの選び方
iPhone対応の名刺管理アプリには、無料のものから法人契約して有料のものまで幅広くあります。社内で同じ名刺管理アプリを使用することで、業務の効率も上がります。個人で使う場合は、無料のアプリから試してみても良いでしょう。

名刺情報を使ってさまざまなデータを作成するには、有料サービスを使えるアプリもおすすめです。そんな業務効率を上げられるiPhone対応の名刺管理アプリを、ぜひ一度試してみてください。

Related