Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選

企業活動の管理部門として重要視されるのが在庫管理です。在庫管理は会社の収益に直結するため、適切なシステムの導入が現在は常識とされており、導入することで会社の資金繰りや管理コストの削減に対応することができます。しっかり理解し、実際の導入に役立ててみて下さい。

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選

在庫管理システムで出来ることとは?

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
企業が営業活動をする中で商品や製品など仕入れる物が介在する会社では適切に管理する在庫管理を避けて通ることはできません。

製造業や小売業など業種、業態を問わず在庫が存在し、これを適切に管理することは必須といえるでしょう。

これら在庫という現金化を待つものにはこれを仕入れる資金が必要であり、もし現金化させるべき在庫が過剰な場合には資金繰りを悪化させることになり、それを防ぐために適正な在庫管理が必要です。

資金繰りの安定化

在庫管理には会社の規模に見合った売り上げを上げるための適正な在庫が必要であり、それらを仕入れるためには資金が必要になります。

在庫を過剰に持つということは資金繰りの悪化を意味しますが、在庫を全くもたないことはこのスピーディーにビジネスが進んでいく現代としては悪に過ぎません。

こうした状況に陥らないために適正な在庫管理システムを導入することによって資金繰りに安定化を計る事ができます。

管理コストの削減

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
そして在庫管理システムを導入することによって今までの旧式な手作業ではなしえなかった正確な在庫管理が実現され管理コストが大幅に削減できます。

在庫管理システムを駆使することは単に資産である在庫を管理するだけではなく在庫管理システムを使用することで適切な人員配置や作業の効率化を実現し、管理コストを削減することが可能になります。

おすすめの在庫管理システム10選

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
在庫管理システムを導入するには当然なことですがシステムの導入が必要になり、どのシステムが会社に適しているかでも作業効率が変わってきます。

在庫管理システムはたくさんの種類が存在し、それぞれが大きな特徴を持っていますので、それらの長所を十分踏まえたうえでシステムを選択する必要があります。

ここではなかでもおすすめの在庫管理システム10種類を紹介していきましょう。

1:アラジンオフィス(在庫管理システム)

アラジンオフィスは在庫管理、販売管理を統合したシステムパッケージで基本パッケージを元にしてあらゆる業種の仕入れや在庫管理をサポートします。

在庫管理システムに関しては販売管理と購買管理に連携が可能になっているのでスピーディーに在庫の把握や棚卸しなどができます。

さらにロット別在庫管理や棚板在庫管理も可能で、管理帳票の出力も簡単に行うことができ使い勝手重視のシステムとなっています。

2:FA-CUBE

FA-CUBEとはセミオーダー式の在庫管理システムです。高価ではありますが会社のシステムに合わせて環境をオーダーできるので最初はベーシックなところからスタートして、徐々にグレードアップ可能なのでしっかりしたシステムを最終的に望んでいる会社には良いシステムです。

さらに在庫管理をバーコードとハンディ端末で入出庫管理できるので人的ミスを防げますし、適正在庫設定を登録し在庫過少になると注意喚起を表示してくれます。

3:クラウドSaaSのERP・在庫管理 CAM MACS

クラウド型の在庫管理システムERPはクラウドの利点を生かし低価格で充実した機能を導入することができる便利なシステムです。

特徴としては締め一括処理、案件ごとの収支管理、会計自動連動、仕入先のネットバンキング、帳票の設計、印刷などが基本として可能で導入後システムのカスタマイズも可能なので事業規模に合わせた導入が可能です。

4:ロジクラ

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
ロジクラは基本機能を無料で使用することができる大変コストパフォーマンスの高い在庫管理システムです。

導入のメリットとしては複数人や複数拠点の在庫管理が一元化でき、一箇所で集中管理が可能になり、さらにモバイルとの連携が高くターミナルを使用しなくてもiphoneを使用して検品の仕組みが構築できます。

さらに通販の出荷業務が効率化でき、受注データから送り状や納品書が作成できるので、業務が効率的になります。

5:iDempiere(在庫管理)

iDempiereとは在庫管理をクライアントデータの伝票ごとに管理するという概念を持った在庫管理システムです。

基本的に在庫管理を倉庫と保管場所というカテゴリーで区分し、クライアントごとに倉庫と管理場所を設定しそれらの情報をデータベースに吸い上げ各クライアントごとの管理も一括集中管理も可能にしているところが特徴となります。

品目に属性を割り当てロット番号から在庫管理ができるのも特徴になっています。

6:Odoo

Odooは販売や購買管理などトータルソリューションとして管理をできるツールになっており、インターフェースは主に中小企業やコンパクトにシステムをまとめたい企業に向いているツールとなっています。

在庫管理システムとしての利用の場合は1モジュールから始めることも可能なので在庫管理にツールを絞り管理に当てていくという方法が望ましいです。

ただ後からモジュールを広げていくこともできますので拡張も可能です。

7:GLOVIA きらら

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
GLOVIA きららは今までの管理システムの問題であった、使わない機能が多いや導入に時間がかかる問題点を解決するために、クラウド化を行い基本的なサービスを搭載し、用途に応じてサービスを委託する側が必要なサービスを選択して使用できる管理システムになっています。

たとえば在庫管理システムだけを基本サービスに加えて利用する事が可能ですし、クラウドなので小額の投資でシステムを導入できます。

8:@wms

@wmsは完全に在庫管理に特化したクラウド型の在庫管理システムで、在庫管理のみをシステムとして導入したい会社にはピッタリのシステムになっています。

基本的にシステムをハンディターミナルで連携し入荷検品から入庫、出庫出荷検品までトータルで行う仕組みで、これを基本として在庫管理、複数荷主在庫確認、トレーサビリティ、作業履歴管理までをトータルで行えるようになり、圧倒的に人的ミスを減らすことができます。

9:楽商

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
楽商は販売管理と在庫管理に特化したシステムでサーバー利用が基本ですがクラウドにも対応しており提案力と対応の柔軟さが特徴になっています。

販売管理の分野に関しては売上管理、顧客管理、営業支援、データ分析までを一括で行い営業活動の効率化を図ります。

在庫管理システムとしては単純に在庫のみを管理するのではなく不稼動在庫や不足在庫、受注残、発注残まで加味したトータルでの在庫管理を実現します。

10:TEMPOSTAR(テンポスター)

TEMPOSTARは在庫、受注、商品管理を一元管理で行い、クラウド化でサービスを提供するフレキシブルな管理ツールです。

一元管理で全てを行うため複数の情報を一度に見ることができ、在庫状況や商品状況、受注の管理までを一目でまとめて管理することができます。

在庫管理システムとしては、例えば管理先ショップで在庫が1つ売れたとすると、メールで在庫減を一括で送付し全ての支店の在庫を適正数値にできます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ECサイト型在庫管理システム

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
例えば複数のネットショップを運営している場合、在庫の管理はネットのスピードについていかないとなりません。

同時にショップが在庫状況を常に把握していないとビジネスは成り立ちませんし、大幅な機会損失を被ることになります。

するとテーマとしては在庫管理システムで在庫を一元管理できないとECサイトは運営できないということになります。

では在庫の一元管理が可能なECサイト型在庫管理システムを見てみましょう。

1:TEMPOSTAR(テンポスター)

TEMPOSTARはネットショップに特化して在庫の一元管理が行えるトータルソリューションシステムで、在庫管理だけではなく受注管理や商品管理まで行うことが可能です。

在庫管理システムとしては、メール管理により在庫の売上が立った時点で倉庫在庫の減をネットショップ全てにメールで連絡し、同時に在庫数の共有ができるようになっているところが特徴です。

在庫の増減に関してタイムラグがなくなりリスクを軽減できます。

2:ユビレジ

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
ユビレジとはネットショップというよりは実店舗のPOSシステムと連携して商品ごとの売上分析やリアルタイムの売上を把握したり、顧客属性や売上傾向の把握などが行える売上管理システムです。


在庫管理システムとしては商品情報の一斉配信が行え全ての店舗に商品在庫の情報が届き、情報共有ができるようになっています。

さらにipadをレジとして使用しサーバーと連携をとることができるので小規模店舗にも向いています。

3:CROSS MALL(クロスモール)

CROSS MALLは複数のネットショップを運営している場合情報を一元管理できるシステムで、在庫管理から仕入れ管理まで全ての情報を複数店舗で共有できます。

在庫管理システムとしては常時適正在庫を保持しながら売上が立つごとに在庫情報を自動更新、在庫ラグのある店舗へ振り分けができ、常に店舗は適正在庫を保ったまま営業することが可能です。

この在庫の自動更新と自動で店舗へ振り分ける機能は非常に良い機能です。

4:アシスト店長

アシスト店長とはネットショップを展開する上で受注管理や在庫管理、顧客管理などを一元管理できる受注管理システムです。

在庫管理システムとしては複数店舗の商品コードを合わせなくても店舗毎に在庫振り分けを自動反映することができるので店舗の在庫管理がスムーズに行え効率化が期待できます。

5:EC店長

在庫管理システムで出来ることとは?おすすめの在庫管理システム10選
EC店長は主にインターネットモールショップで使われている受発注管理システムで、対応モールの全ての在庫を自動連携することができ、さらにボタンひとつで商品を一括移行ができます。

受発注管理の側面もありますがどちらかというと各モール間の受注や在庫を一括管理するといった意味合いの強いシステムです。

6:GoQSystem(ごくーシステム)

GoQSystemはインターネットモールショップに特化した一元管理システムで、商品管理から在庫、売上管理までを全てこなすトータルシステムです。

在庫管理システムとしては商品の注文がモールに入った際に各モールの在庫数を自動的に調整し常に適正在庫が保てるように自動管理します。

適切な在庫管理システムを導入して業務の効率化を計ろう

このように企業にとって適正な在庫管理が必要不可欠なことは最重要課題であり、在庫管理に対してシステムを導入することはもはや必須といえるでしょう。

ただ業種やビジネススタイルの違いで適切な在庫管理システムは異なりますので業種にあわせた在庫管理システムを早急に導入し業務の効率化を図っていきましょう。

Related