Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!

企業活動の生産性を高めるために必要な「生産管理システム」について紹介しています。記事中ではまず生産管理システムの概要を紹介し、またおすすめの生産管理システムをピックアップして紹介します。システムを活用する上でのメリットの解説も行いますので、参考にしてください。

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!

生産管理システム・ソフトとは?

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
生産管理システム・ソフトとは、顧客が必要としている製品について、在庫情報や原価情報を元に「納期」と「数量」を満たせるか予測するシステムです。在庫を低減させたり、あるいは納期遅れの防止、他にも余剰在庫を少なくする役割を担います。

他には、生産計画のサイクルタイムを短くするなど生産性向上につなげる機能や、データを重ねて更新し続けることで予測精度の向上をさせる機能も備えている製品もあります。

生産管理システム・ソフト15選

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
まず、おすすめの生産管理システム・ソフトについておすすめのソフトを15種類取り上げて紹介していきます。

生産管理システム・ソフトは、企業の規模によってソフトを管理できる規模が大きかったり、あるいはカスタマイズが可能となっていたり、色々な生産管理システムが販売されています。

システムを比較しながら、経営活動のスタイルや規模に応じたシステムを活用し、生産性向上に結びつけることが大切です。

1:NetSuite(ネットスイート)

アメリカ大手ソフトウェア会社のORACLEが製作しているERPシステムがNetSuiteです。あらゆる業種に対応でき、世界規模で16,000社以上もの導入実績を持っており、そのシェア数からも信頼性があるシステムです。

小売業やソフトウェア製作といった、多様な現場の生産管理システム・ソフトとして役立てられ、EコマースからPOS、受注管理、マーケティング、各種会計処理にも対応できる柔軟性が魅力です。

2:iDempiere(販売管理)

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
iDempiere(アイデンピエレ)は、一般のERPと異なりカスタマイズではなく、プラグインによる拡張機能により各種経営スタイルに対応できるパッケージ製品です。

従来品と比較し新型はクラウド型に対応し、Web上で各種設定や操作を行うことができるUIを刷新し、活用しやすくなっています。また、ライセンス料が無料で活用できるオープンソースに対応しており、コストダウンにも貢献できる製品です。

3:TECHS-S

TECHS-Sは、個別発注・特注品の製造機械を作成する会社の経営支援に特化した生産管理システム・ソフトです。

中小・中堅企業の活動支援のために考案されている生産管理システムで、オフィスオートメーションの支援機能や、強力な進捗・納期管理や原価低減のサポート機能で利益向上を推進させます。

CADやExcelから部品表データを読み込み可能で、現場に配慮した機能を豊富に備えていることもこのシステムの特徴です。

4:TECHS-BK

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
TECHS-BKは、バリエーションに飛んだ特注部品を少量生産する加工業者の支援に最適なシステムです。ExcelやEDIからのデータ取り込み機能を備えるといった、現場のソフトウェアに対応できる柔軟な生産管理システム・ソフトです。

製造現場での部品の加工や進捗状況を把握し、リアルタイムな作業進捗状況を確認できる機能を備えています。また、原価低減効果を実現し、併せて利益向上・生産性向上に貢献できます。

5:GoQsystem

GoQsystem(ごくーシステム)は、上記で紹介してきたような企業や工場といった現場での生産管理システム・ソフトではなく、インターネットショップの経営者などに使いやすく配慮されている生産管理システム・ソフトです。

個人小売業から中小企業の小売業に向いているシステムで、実際の店舗運営から作られ、店長の目線で使いやすい機能を盛り込んでいる、通販業務向けの生産管理システム・ソフトとなっています。

6:R-PiCS V4

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
R-PiCS V4は業務用機械の製造業や電機機械製造業の支援に向いており、機械製造業の生産管理現場に特に適合した生産管理システムです。

製番管理を得意としながら、引当処理を行うことができるという「ハイブリッド生産方式」にも対応しています。

過去の構成部品の履歴を保存でき、また閲覧や検索も自由に行えるため、保守部品の検索もサポートしています。画面構成や機能画面のカスタマイズ性にも富んでいます。

7:FutureStage

日立システムズが開発している、中堅・中小規模企業のビジネス向けのERPパッケージがFutureStageです。

パソコン専門誌「日経コンピューター誌」において、顧客満足度調査ERPパッケージ部門で1位にも選ばれている生産管理システム・ソフトを含んでおり、多様な製造現場に対応できるラインナップも魅力です。

販売開始から30年間、導入数も4,000システム以上の実績があり、業種特化型のシステムです。

8:Factory-ONE 電脳工場MF

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
Factory-ONE 電脳工場MFは、販売開始されて以来25年間の実績があり、1500本を越える豊富な導入実績を持っているのが特徴です。

生産計画の立案から、受注・出荷・手配計画といった生産管理システム・ソフトの機能を持たせている他にも、請求・入金・売掛買掛・支払いといった経理データ管理の機能を持たせているのが特徴です。

利用者の立場を考慮してわかりやすく使いやすい構成のシステムとなっています。

9:J WALD

J WALDは「プロセス系生産」と呼ばれる石油・化学製品などの製造業にフィットするERPパッケージです。素材製造や、電線、薬品、食品といった製造業の分野でも、工程管理や在庫、原価管理を実現できる生産管理システム・ソフトです。

工場のスマートファクトリー化を支援し、子会社やグループ会社との合併といった比較的大きな環境変化にも適切な対応を行え、柔軟に支援できるようにするカスタマイズ性が魅力です。

10:GLOVIA smart PRONES 個別生産

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
「GLOVIA smart PRONES個別生産」は、富士通エンタープライズアプリケーション社が作成するERPパッケージです。

高い付加価値の製品を作る製造業のために、製品毎に生産方式の設計を行いながら製造を行ったり、あるいは受注単位で仕様管理を行うといった作業へ対応を備えています。

生産管理に必要なパッケージをひとつに凝縮し、富士通のノウハウを集積して作成された生産管理システム・ソフトです。

11:SPENCER

生産管理システムSPENCERは、出光興産ほか、大手企業から中小企業まで広く導入実績があるパッケージです。

クラウド上のホワイトボードで計画管理や原価管理、実績管理といった「つながり」を可視化する機能のほかにも、入庫から出庫までの物流在庫を管理する機能をもったリアルタイムクラウド在庫管理機能を備え、すぐれた計画管理機能・実績管理機能を持っています。

製造業の現場に合わせた支援機能が特徴です。

12:rBOM

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
rBOMは「realtime Bill Of Materials」の頭文字を取った名称の生産管理システム・ソフトです。引合管理や見積、受注管理などの機能を備えている「販売管理システム」と製番管理、統合部品表機能を備えた「生産管理システム」とを併せ持っている、製販一体型のシステムです。

製造現場によってパッケージを導入したり、あるいは業務コンサルティングを行いカスタマイズ対応できるサポートも魅力です。

13:rBOM GP

rBOM GPは、個別受注・多品種少量生産を行っている中小企業の製造業支援に特化した性能を持っている生産管理システム・ソフトです。

個別受注製造業のサポートには特に有効で統合部品表を実装しており、この機能は中小企業向けでオンリーワンの注目機能となっています。

また、グローバル化に向けて多言語にも対応した機能を備えています。登録したデータはExcelで二次活用ができる使いやすさも利点です。

14:Production Master

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
Production Masterは、AjaxやSilverlightといった最新のWeb機能を導入して開発されたERPパッケージシステムです。

受注から出荷まで、工場の生産関連業務の全般をカバーすることができ、かつユーザーにとって「わかりやすく使いやすい」や「短期間で導入できる生産管理パッケージ」が特徴となっています。

会社全体の統制を考え「経営全体の見える化」の推進に役立てることができます。

15:TPiCS-X

TPiCS-Xは、「速く、安く、需要変動にレスポンス良く」「安定した生産ができる」といった目的を元にして開発された生産管理システム・ソフトです。

原価を低く押さえる従来からの努力とはまた違ったアプローチで、従来からの手法や考え方にとらわれずにコストダウンを行いつつ、生産管理を行う事ができるパッケージシステムです。

実稼働までの導入時間をスムーズに行えきるのも利点です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

営業が各自で名刺管理しているものの、それぞれの名刺を有効活用する事ができておらず、顧客との連絡を取るのに時間がかかってしまったり、外出先で顧客の連絡先がわからなくなるといった煩わしい悩みを解消するのが、Web電話帳「連絡とれるくん」です。

顧客との連絡先をクラウドで共有してくれるので、導入するだけで効率を高め情報漏洩のリスクを改善する事ができ、自然な形で働き方改革を行う事ができるため便利です。
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

生産管理システム・ソフトを導入する3つのメリット

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
生産管理システム・ソフトを導入する上でのメリットを、3つに絞って紹介します。生産管理システムと一言で言っても、パソコンへインストールして活用するソフトの他、クラウドで活用できるシステムなど色々なものがあります。

ここではクラウド型、インストール型といったシステム形態を問わず、すべての生産管理システム・ソフトを総合的に見て、企業活動で生産性向上に繋がる利点をピックアップし解説します。

メリット1:不良率管理による品質向上

利益率を向上させる上で大切なポイントは「不良率の低減」です。生産管理システム・ソフトでは、この不良品が販売した商品全体の何パーセント発生しているかを調べて管理できます。

例えば、不良率管理のメニューで「不良率2%」となっていた場合は一般的と言えますが、それ以下に押さえる方が望ましい場合もあります。こうした判断を行うことができるのは、生産管理システム・ソフトならではの機能のひとつです。

メリット2:リードタイム短縮による顧客満足度向上

「ひとつの作業工程が完了するまでの時間を表した時間」をリードタイムといい、各作業工程ごとにはリードタイムがあります。

このリードタイムを時短に繋げて生産性向上を行い、スマートな作業工程を管理できるのは生産管理システム・ソフトの役割のひとつです。

例えば、生産管理システム・ソフトで生産計画を仕入先と共有し、見込み受注といった取り決めを行うことでリードタイムの時短に繋げる事が可能となります。

メリット3:過剰在庫などを防止

過剰在庫や在庫不足といったトラブルを回避するのに役立ちます。生産管理システム・ソフト上にて、在庫管理の基準を適切に設定しデータ入力を適切に行うことで、不慮の在庫トラブルを未然に回避するのに役立ちます。

また、仕入れ管理や販売管理など他のシステムとを連携させて適切在庫を維持できます。この他にもメリットはありますが、いずれも製造業の生産現場で損失を回避し、利益に結びつける機能となっています。

生産関連業務を効率化しましょう

生産管理システム・ソフト15選とメリットを紹介!
生産システム・ソフトの導入によって、生産現場での損失を回避し利益を高めるのに役立ちます。

この他にもERPパッケージシステムとリンクさせて、会計情報や原価計算とをリンクさせたり、業績予想に役立てるといった大規模なシュミレーションを行うことができる生産管理システム・ソフトもあります。

経営目標や経営スタイルに合わせて、適切な生産管理システム・ソフトを導入し、業務効率化を推進させるのに役立てましょう。

Related