Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金

最近ビジネスで注目を浴びているサービスの1つが「クラウド名刺管理サービス」です。企業の中にはクラウド名刺管理サービスをしたいけど費用がかかる、使い方がわからないという方も多い傾向にあります。今回はクラウド名刺管理サービスの内容と費用について紹介いたします。

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金

クラウド名刺管理サービスとは

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
ビジネスに必要不可欠な存在であるアイテムの1つが「名刺」です。名刺には、会社名、部署名、氏名など、その人に連絡が取れる情報が記載されています。これまでは名刺をもらうと一旦名刺入れにしまい、その後名刺ファイルなどに保管する人が多い傾向にありました。

クラウド名刺管理サービスとは、名刺をカメラやスキャンで読み取りデータ化し、そのデータをもとに新たな顧客分析やマーケット育成ができるサービスです。

クラウド名刺管理サービス6個の特徴と月額料金

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービスとは、名刺の情報をデータ化し、次のビジネスにつなげていく上で活用性の高いサービスの1つです。現在はクラウド名刺管理サービスの数も多く、どのサービスを利用すればいいのか、サービスを利用した場合の料金体系がわからない方も少なくありません。

次はこれからクラウド名刺管理サービスを利用しようと考えている方におすすめのサービスや費用などについてくわしくご紹介いたします。

1:Marketo+名刺ソリューション

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービスの中でも注目を浴びているのが「Marketo+名刺ソリューション」です。「Marketo+名刺ソリューション」は、名刺管理アプリのように名刺データをデータ化するだけでなく、名刺データをもとに人材の育成やマーケティングのエリア拡大などを実現することが可能です。

「Marketo+名刺ソリューション」ではさまざまな機能が用意されているので、企業プランに応じて選ぶことができます。

特徴と機能

クラウド名刺管理サービス「Marketo+名刺ソリューション」では、名刺情報をデータ化するだけでなく、いかにビジネスツールとして活用できるかを考えた機能性の高いサービスを数多く持っているのか特徴の1つです。

CRMを搭載した顧客分析はもちろんのこと、名刺情報をデータ化することで企業のプラン提案やイベントなどを随時関連会社に共有することができるのもメリットの1つです。

導入企業

注目を集めているクラウド名刺管理サービス「Marketo+名刺ソリューション」を導入している企業としては、「株式会社セゾン情報システムズ」や「株式会社ナチュラルサイエンス」などが挙げられます。

株式会社セゾン情報システムズでは、SalesforceのService Cloudを導入することで、顧客の問い合わせに即時対応できるオリジナルのプロセスを作り出しました。

費用

クラウド名刺管理サービス「Marketo+名刺ソリューション」の費用体系は、どんな機能を搭載するかによっても費用が大きく異なります。

マーケティング戦略などに有効的な「Pardot」と呼ばれるシステムに、対面コンサルやオンラインサポートなどをプラスした「Pardot カスタマーサクセスベーシック」と呼ばれるプランは、月額25万円となります。企業のプランや費用に応じて適切な費用を提案してくれます。

2:名刺de商売繁盛

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
ヤマトシステム開発が運営するクラウド名刺管理サービスといえば、「名刺de商売繁盛」です。クラウド名刺管理サービス「名刺de商売繁盛」は、名刺データを営業戦略や販促活動に活かせるようにデータを整理し、比較的リーズナブルな費用で利用できるのも人気を集めている理由の1つです。

また顧客情報を取り扱う企業ではセキュリティ面も気になる点ですが、セキュリティ強化も万全なので安心して利用することができます。

特徴と機能

クラウド名刺管理サービス「名刺de商売繁盛」では、ビジネスにおける課題や問題を解決するため、さまざまな機能を駆使しながら名刺データをもとにビジネスをよりスムーズに進めることができます。

たとえば、営業を行う場合においても、重複して営業をしてしまったり、なかなか交渉がスムーズに進めないということも多い傾向にあります。そんな悩みも「名刺de商売繁盛」を利用することで解決の糸口をつかむことができます。

導入企業

クラウド名刺管理サービス「名刺de商売繁盛」を導入している企業としては、「株式会社阪急阪神エクスプレス」や「データリンクス株式会社」など、複数の企業が利用しています。

名刺は個人保管が多く、なかなか会社の資産として運用できないという課題がある中、クラウド名刺管理サービス「名刺de商売繁盛」を利用することでCRMを集約し、ビジネスにおいてさまざまな点で有効活用できるようになりました。

費用

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービス「名刺de商売繁盛」の費用体系は、基本プランで月額30000円となります。多くのクラウド名刺管理サービスではユーザー数によって課金されるシステムですが、「名刺de商売繁盛」では何人が利用しても基本プランの費用しかかかりません。

また名刺データをデジタルにする場合は、1枚ごとに40円の費用がかかります。リーズナブルにシステムを利用したい方におすすめのサービスです。

3:PhoneAppli for Salesforce

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービスの中でも多機能に優れているサービスといえば、「PhoneAppli for Salesforce」です。

「PhoneAppli for Salesforce」は名刺データを簡単にデータ化できるだけでなく、営業や販促などビジネスのさまざまな分野で名刺データを有効に活用できる機能を多数搭載しています。クラウド名刺管理サービスの色々な機能を利用したい方におすすめしたいサービスです。

特徴と機能

クラウド名刺管理サービス「PhoneAppli for Salesforce」は、名刺データの読み取りだけでも2種類あります。1つ目は「OCR」と呼ばれる自動読み取り機能で、2つ目はオペレーターによる入力も選ぶことができます。

クラウド名刺管理サービスでは多い「Salesforce」も搭載しており、携帯電話と同期できる機能やデータをもとに組織図を作成する機能なども搭載されています。

導入企業

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービス「PhoneAppli for Salesforce」を導入している企業は、「味の素株式会社」をはじめ「ヤフー株式会社」など多数の企業が導入しています。

「味の素株式会社」では、「PhoneAppli for Salesforce」における“連絡とれるくん”という機能を利用し、携帯端末で社員が各自で名刺データを有効活用できるようにシステム化しています。

費用

クラウド名刺管理サービス「PhoneAppli for Salesforce」の費用体系は、初期登録費用が15000円、一人のユーザーに対して300円の費用が発生します。

また名刺入力サービスや初期設定サポートなどのオプション機能は別途費用がかかり、初期設定サポートで30000円からとなります。費用面も比較的リーズナブルなのでコストをできるだけ抑えたい企業にもおすすめのサービスです。

4:SmartVisca

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービスの中でもセキュリティ面を強化したい方には「SmartVisca」がおすすめです。クラウド名刺管理サービスは名刺に記載されている個人情報をクラウド上で管理するので、セキュリティ面に不安を抱える企業も少なくありません。

SmartViscaでは、SalesforceのIDを持つ社員にのみ情報が公開されるので、情報漏洩などのセキュリティ面での心配が少ないサービスといえます。

特徴と機能

クラウド名刺管理サービス「SmartVisca」では、名刺の情報をOCRで取り込むだけでなく、オペレーターによる目視で正確な情報をアップロードすることが可能です。

またSmartViscaではSales Cloudライセンスを導入しており、Pardotによりさまざまな分野のビジネスに顧客情報を活用することができます。またSalesforce Platformで情報を管理するのでセキュリティ面も万全です。

導入企業

クラウド名刺管理サービス「SmartVisca」を導入している企業としては、「アデコ株式会社」や「株式会社日本M&Aセンター」などの多数の企業が挙げられます。

特に人材派遣会社である「アデコ株式会社」では、名刺データの入力を社員が行っていた業務がサービスを導入することで軽減され、仕事の効率化に成功しています。またメールマーケティングなどにもデータを活かすことで業務の拡大を目指しています。

費用

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービス「SmartVisca」の費用体系は、初期費用100000円となり、ユーザー5人に対し年間12000円の費用が発生します。

「SmartVisca」での契約はユーザーが最低5名からとなっており、1人単位で月額1000円となります。また名刺のデジタル化は年間86400円からとなっています。Salesforceと連携する場合も別途費用が発生し、年間12000円の費用がかかります。

5:SkyDesk Cards R

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービスの中でもシンプルな使いやすさで定評があるのが「SkyDesk Cards R」です。「SkyDesk Cards R」は、カメラや複合機で名刺データを読みより、SkyDeskのクラウド上でデータ化していきます。

SkyDeskにはCRMとの連携することができるので、名刺のデータをもとに顧客データの分析やリサーチなども行うことができるのがメリットの1つです。

特徴と機能

クラウド名刺管理サービス「SkyDesk Cards R」は、名刺管理アプリの基本動作はもちろんのこと、名刺データをクラウド内でデータ管理し、ビジネスにおけり戦略作りや分析などに活用することができます。

たとえば、同じ人物から名刺を複数登録してしまっても、「SkyDesk Cards R」では重複した情報であることをお知らせしてくれる機能があります。

導入企業

クラウド名刺管理サービス「SkyDesk Cards R」を導入している企業の1つが「株式会社久本設計」です。これまで個人管理下にあった名刺情報をデータ化し、社内で情報共有することにより、より顧客のニーズに合った新しい戦略の構築に活かすためにサービスを有効活用しています。

費用

クラウド名刺管理サービス「SkyDesk Cards R」の費用体系は、ユーザーの数によっても異なります。「SkyDesk Cards R」の基本プランとしては、5人のユーザーが利用した場合、月額3150円(税抜)の費用がかかります。

ユーザーが増えると費用も加算されていきますが、基本料金を一人単位で割った金額よりもリーズナブルに利用することができます。

6:Knowledge Suite

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービスの中でもコスパの高いサービスなのが「Knowledge Suite」です。

クラウド名刺管理「Knowledge Suite」は、他の会社と比較すると費用もリーズナブルで、これからビジネスモデルにクラウド名刺管理サービスを導入していきたいと考える方におすすめのサービスです。名刺データを共有するためのマルチデバイス対応はもちろんのこと、後からさまざまな機能を付けたせる点も魅力です。

特徴と機能

クラウド名刺管理サービス「Knowledge Suite」は、名刺データをビジネスに活かすための機能や名刺データの情報共有、名刺の個人情報を保護するセキュリティ面もしっかりしているのが特徴です。

特に「Knowledge Suite」の費用体系は、ユーザーの数によって費用を変えるのではなく、使用する機能によって月額の費用が異なるシステムを導入しています。名刺管理サービスを試してみたい方にもおすすめです。

導入企業

クラウド名刺管理サービス「Knowledge Suite」を導入している企業の1つが、「株式会社エムエービー」です。株式会社エムエービーでは、M&Aの仲介やコンサルティングなどを行う会社で個人情報の管理に課題がありました。

クラウド名刺管理サービス「Knowledge Suite」を利用することで、名刺に記載されている個人情報のセキュリティ面も強化し、新たなビジネスへ情報を活かすことができます。

費用

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
クラウド名刺管理サービス「Knowledge Suite」」の費用体系は、使用する機能によって月額の費用が異なります。基本プランとしては、月額6000円(税抜)となります。

企業戦略にデータを活かしたいと考える方は、SFAスタンダードプランがおすすめです。SFAスタンダードプランの月額は、50000円(税抜)となっています。さらに色々な機能を搭載したい方には、SFAプロフェッショナルがおすすめです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

名刺管理の課題

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
これまでの名刺管理の課題は、名刺データを個人管理にしているため、名刺情報をビジネスにつなげていくには効率の悪い状態でした。特に名刺を手入力でデータ化している企業では、データ入力をする手間と時間がかかる傾向にありました。

しかし、クラウド名刺管理サービスを導入することで、名刺のデータ化をスムーズに行うことができ、そのデータを社内で共有したり、ビジネス戦略に活かすことができます。

費用対効果抜群のクラウド名刺管理サービスを導入してみませんか

クラウド名刺管理サービスとは|6個の特徴と月額料金
ビジネスにとって欠かせない情報の1つである「名刺」はさまざまな企業と関わる中で枚数が増え、なかなか整理ができない悩みを抱える人が多い傾向にありました。

クラウド名刺管理サービスは、名刺を即時にデータ化するだけでなく、名刺データを整理・分析することでビジネスに活かすことができるサービスとして注目を浴びています。新たなビジネスチャンスをつかむために有効なサービスです。

Related