Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

話題のクラウド名刺管理サービス8選|名刺管理の目的とは?

クラウド名刺管理サービスは話題になっています。話題になっているのには理由があります。本記事では、クラウド名刺管理サービスが話題になっている理由と、名刺管理の必要性を紹介しています。クラウド名刺管理サービスの導入を検討している方は、記事を参考にしてください。

話題のクラウド名刺管理サービス8選|名刺管理の目的とは?

名刺管理の目的

話題のクラウド名刺管理サービス8選|名刺管理の目的とは?
受け取ることが多い名刺ですが、増えてくれば管理する必要があります。名刺を管理するときは、目的を知ることが大切です。

管理する目的を知ることで効率的に管理できます。名刺管理の効率化のために、クラウド名刺管理が登場しました。

クラウド名刺管理はインターネット上で名刺を管理しますが、管理する目的は紙の名刺と変わりません。以下では名刺を管理する目的を紹介します。

管理・保管の安全性を高める

名刺が増えてくると、置き場所が複数になります。そうなると、名刺を紛失する可能性が出てきます。ビジネス相手の名刺を紛失すれば、連絡するときに困ります。

基本的に名刺の管理は各々の責任で行うものですが、重役クラスになると秘書に名刺の管理を任せることがあります。重役が受け取る名刺は重要な相手が多く、秘書に管理してもらった方が安全です。

名刺を探しやすい状態にし効率をあげる

話題のクラウド名刺管理サービス8選|名刺管理の目的とは?
突然、受け取った名刺が必要になることはあります。しかし管理が杜撰な場合、探すときに手間取ります。ビジネスは縁が大切だと言われていますが、名刺を管理することは良い縁の第一歩です。

有能なビジネスマンは名刺を大切に保管しています。大切に保管することで探しやすくなり、作業効率がよくなります。

新規見込み顧客の管理

新規の見込み顧客は、今後のビジネスの可能性を広げます。そのためいつでも、連絡が取れるようにしておくべきです。

有能なビジネスマンは、顧客ごとに名刺を分けています。名刺を探すために貴重な時間を割くのは、ビジネスのスピードを遅くします。

ビジネスのスピードが遅くなれば、ライバルに先を越される可能性があります。昨今のビジネスはスピードが要求されることが多く、無駄な時間を作ってはいけません。

商談後のフォローの充実

商談後のフォローにも名刺は大切です。商談後に得意先に連絡を取ることはありますが、名刺を探すのに手間取れば連絡が遅くなります。最悪の場合、その日に連絡を取ることができません。

名刺管理が杜撰な人は、人間性が疑われます。人間性が疑われてしまえば、大きな仕事を任せてもらえません。

信頼される人間は小さなことも大切にしますが、名刺を大切にすることも信頼を築く一過程です。

クラウド名刺管理サービスとは

話題のクラウド名刺管理サービス8選|名刺管理の目的とは?
クラウド名刺管理サービスは、インターネット上で名刺を管理するシステムですが、話題になることが多くなりました。話題になる理由には、クラウド名刺管理の利便性があります。

その利便性はSNSや口コミで拡散され、いつしかビジネスマンの間で有名になりました。今後も話題になることは多いと予想されます。

クラウドサービスは年を追うごとに内容が充実してきましたが、クラウド名刺管理の内容も充実しています。

名刺管理が効率よくできると話題!

クラウド名刺管理が話題になるのは、名刺管理が効率的にできるからです。紙の名刺は、効率的な管理には向いていません。しかしクラウド名刺管理であれば、きめ細かい管理が可能です。

クラウド名刺管理はビジネスを加速化しますが、加速化することで早い収益が期待できます。話題のクラウド名刺管理は、10年後のビジネスの世界では当たり前になっているでしょう。

話題のクラウド名刺管理サービス8選

以下では話題のクラウド名刺管理サービスを紹介します。特徴も紹介するので、具体的なメリットが分かります。具体的なメリットが分かれば、話題になっていることが頷けます。

クラウド名刺管理サービスは柔軟性に富んでいるので、使い方によってはさまざまなメリットを生み出すことができます。

紹介するクラウド名刺管理サービスの中には試用できるものがあるので、気になるサービスがあれば試すことをおすすめします。

1:Sansan

Sansanは話題になっているクラウド名刺管理サービスですが、話題になっている理由の一つに登録のしやすさがあります。

スキャナーがあれば登録できるので、入力する手間が省けます。多くのデータを登録するのは大変ですが、スキャナーで登録できたら大幅に時間短縮できます。

Sansanが話題になっているもう一つの理由には、登録した人の人事異動情報がわかることがあります。これはデータを最新にするときに役立ちます。

2:Knowledge Suite

Knowledge Suiteが話題になっている理由には、統合型のアプリであることがあります。他のアプリのデータを取り込めるので、登録作業が大幅に短縮できます。

具体的にはKnowledge Suite APIを利用する形になりますが、APIを利用することで統合型クラウド名刺管理システムを実現しています。API機能は拡張性に富んでいるので、機能は無限に広がります。

3:Eight 企業向けプレミアム

Eight 企業向けプレミアムが話題になっている理由には、個人の情報を社員間で共有できることがあります。情報を社員間で共有したら、組織的に動けます。

Eight 企業向けプレミアムはクラウド名刺管理ですが、顧客情報をローカルのシステムで利用することができます。具体的にはCSV形式でダウンロードし、ExcelやAccessにデータを取り込みます。

4:HotProfile

HotProfileが話題になっている理由には、導入コストの安さがあります。1ユーザー月額3,000円なので、導入の敷居は低いです。またスキャン用の機器は指定ではなく、汎用の機器でも可能です。

HotProfileはクラウド名刺管理システムですが、メール配信機能を有しています。しかも顧客がクリックしたURLがわかるので、顧客の関心事がわかります。顧客の関心事がわかれば、商談が進めやすいです。

5:PhoneAppli for Salesforce

PhoneAppli for Salesforceが話題になっている理由には、痒いところに手が届くサービスがあります。具体的には着信時に、顧客の情報がスマートフォンの画面に表示されることがあります。

着信時に顧客の情報が画面に表示されたら、心の準備ができます。心の準備ができたら落ち着いた対応ができ、相手にも好印象を与えます。

6:名刺de商売繁盛

名刺de商売繁盛が話題になっている理由には、定額制のシステムがあります。1人単位の定額制ではなく、会社単位の定額制なので社員が多い会社は助かります。

一般のクラウド名刺管理システムにも紐付け機能はありますが、名刺de商売繁盛にも紐付け機能はあります。名刺de商売繁盛の紐付け機能はユニークです。

取引先と社員の繋がりを一覧表示してくれます。この機能があれば、引き継ぎのときに助かります。

7:CAMCARD

CAMCARDが話題になっている理由には、導入コストの低さがあります。CAMCARDは個人版と法人版がありますが、法人版であっても導入しやすい価格帯です。

・STANDARDプランは、月額1,400円
・PROFESSIONALプランは、月額2,200円

最低利用期間は3ヶ月以上ですが、低価格帯なので無理なく継続できます。Excelへのエクスポートにも対応していて、データの再利用ができます。

8:SmartVisca

SmartViscaが話題になっている理由には、ユニークなサービスがあります。具体的には、アンケート結果を顧客データと紐付ける機能です。

多くのクラウド名刺管理システムはデータの紐付けを得意としていますが、アンケート結果と顧客データを紐付ける機能は、戦略を立てるときに役立ちます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

名刺管理をデジタル化する5つのメリット

クラウド名刺管理システムは名刺をデジタル化したものですが、デジタル化することで柔軟な組み合わせが可能になります。

柔軟な組み合わせにユーザーが満足すれば、口コミが広がります。社会的な話題になれば、クラウド名刺管理サービスは加速度的にシェアーを伸ばすでしょう。

以下では、名刺をデジタル化することのメリットを紹介します。具体的なメリットを知れば、購入時の判断材料になります。

1:検索が格段にしやすい

検索のしやすさも、クラウド名刺管理サービスが話題になる理由です。検索機能を使えば、一瞬で目的の名刺に辿り着けます。

クラウド名刺管理サービスが検索に長けているのは、検索用のプログラム言語を使っているからです。検索用のプログラム言語を使うことで、柔軟な検索機能を実現しています。

2:保管スペースが不要になる

話題のクラウド名刺管理サービス8選|名刺管理の目的とは?
保管スペースが不要なのも、クラウド名刺管理が話題になる理由です。紙の名刺は多くなれば保管場所に困ります。

名刺入れは小さいので、直ぐに溢れてしまいます。クラウド名刺管理にも物理的な容量はありますが、クラウドなので簡単に容量を増やせます。

クラウドサービスはレンタルサーバーと違い、容量の追加が簡単です。ボタン1つで容量の追加ができます。データ量が多い会社は助かります。

3:いつどんな場所からでも確認できる

場所と時間を選ばず名刺を確認できるのも、クラウド名刺管理サービスが話題になる理由です。クラウド名刺管理サービスのデータはサーバー上にあるので、時間帯に関係なく閲覧できます。

またインターネット環境下にあれば、どこでも閲覧可能です。得意先の情報を忘れることはありますが、クラウド名刺管理サービスであれば簡単に確認できます。

4:入力作業が簡単

入力する手間が少ないのも、クラウド名刺管理サービスが話題になる理由です。一般的に大量の顧客データを入力するのは大変ですが、最近のクラウド名刺管理サービスは手入力が必要ありません。

多くのクラウド名刺管理サービスは、スキャナーを使いデータを取り込むか、CSVファイル経由で取り込む仕様になっています。スキャナータイプであれば、スキマ時間に登録できます。

5:データをアウトプットして活用できる

顧客データを自在にアウトプットできるのも、クラウド名刺管理サービスが話題になる理由です。データを自在にアウトプットすることができたら、戦略的な営業が可能になります。

異なる会社の顧客情報を紐付けたいことはあります。そんな要望も、クラウド名刺管理サービスであれば簡単に実現できます。

クラウド名刺管理サービスは柔軟性に富んでいるので、利用者によって使い方の幅が広がります。

便利と話題のクラウド名刺管理サービスを取り入れましょう

クラウド名刺管理サービスは話題になっていますが、興味本位で話題になっているのではありません。

クラウド名刺管理サービスが持つ利便性が、大きく評価されているからです。昨今の営業は、データを活用することが多くなりました。

データ営業の基礎になるのが名刺管理です。クラウド名刺管理サービスであれば、自在にデータを活用できるので、新規営業の強い味方になります。

Related