Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット

わかりやすいクラウド名刺管理ツールは、膨大な名刺の情報を社内で共有し、ビジネスに役立てることができるとても便利なツールです。わかりやすいクラウド名刺管理ツールから、おすすめのものをメリット・デメリットを含めて紹介していきます。

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット

クラウド名刺管理ツールとは

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット
ビジネスの場で名刺交換は日常的に行われ、気付くと膨大な量の名刺が活用されずに場所を取るだけの状態になっている、などというケースがよく見られます。

また、管理している人でも、頻度が年に1回程度のため、必要な名刺を探すために無駄な時間を過ごす人が多いといわれています。

そういった無駄な場所や時間を削減できるのがクラウド名刺管理ツールです。法人向けと個人向けがあり、目的別に使い分けることができます。

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット
クラウド名刺管理ツールがビジネスの場でとても便利であることは分かりますが、いざ選ぶとなるとどれを選べばよいのか迷ってしまいます。そこで、わかりやすいクラウド名刺管理ツールを4つ紹介します。

わかりやすいクラウド名刺管理ツール1:Sansan

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット
わかりやすいクラウド名刺管理ツールの一つ目は「Sansan」です。Sansan株式会社より2007年から提供されているサービスで、現在、大手から中小企業まで7,000社を超える導入企業数を誇る、わかりやすいクラウド名刺管理ツールの代表ともいえます。

営業チャンスが広がる機能やスキャン精度の高さなどの特徴があり、運用サポート体制も万全です。

Sansanのメリット

わかりやすい名刺管理ツール「Sansan」の一番のメリットは、個人で管理していた名刺を社内で共有し、名刺データを紐づけて商談内容の記録をすることもできる点です。

商談内容が社内で共有できることにより、営業機会の損失を防ぐだけでなく、顧客の引継ぎもスムーズに行えます。また、オフィスだけでなく、外出時はスマートフォンから情報を確認することもできるため、時間のロスを防ぐことも可能です。

Sansanのデメリット

Sansanはわかりやすい名刺管理ツールですが、料金がかかってしまうことがデメリットといえるでしょう。

料金の内訳は、ライセンス料が月5万円からで、初期費用として12ヶ月分必要です。見積りによって変動しますが、最低でも60万円ほど掛かる計算です。さらにスキャナーレンタル代、導入支援費用が掛かります。

わかりやすいクラウド名刺管理ツール2:Eight

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット
わかりやすいクラウド名刺管理ツールの二つ目は「Eight」です。先に紹介したSansan株式会社が2012年から開始した個人向けクラウド名刺管理ツールです。

スマートフォンやタブレットで名刺の写真を撮るだけで、データを登録して保存することができます。さらにリニューアルされ、フィード機能で相手の近況などを知る事も可能になり、交換した名刺が活用しやすくなりました。

Eightのメリット

わかりやすい名刺管理ツール「Eight」のメリットといえば、写真を撮るだけで一括管理してくれる点ですが、無料で使い続けることができる点も見逃せません。

さらに、わかりやすい名刺管理ツールEightでは、相手が転職や部署が変わったとしても、新たに名刺を登録すると自動でアップデートされます。名刺交換した相手とは、スタンプ機能などで気軽にコミュニケーションを取ることもできます。

Eightのデメリット

わかりやすいクラウド名刺管理ツールEightは、わかりやすいだけに気軽に使えることもあり、それが逆に情報漏洩になるのではといった不安を感じさせてしまう点があります。

また「Eightから来ました」といった営業の電話に悩まされる人もいるため、営業のわずらわしさを感じやすい人にはデメリットといえるでしょう。

わかりやすいクラウド名刺管理ツール3:連絡とれるくん

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット
わかりやすいクラウド名刺管理ツールの3つ目は「連絡とれるくん」です。株式会社Phone Appliが提供するサービスで、名刺だけでなく、色々な連絡先をまとめてくれる電話帳クラウドサービスです。

連絡とれるくんのメリット

わかりやすいクラウド名刺管理ツール「連絡とれるくん」を導入することで、テレワークやオフィスのフリーアドレス化といった働き方改革を推進することができたり、遠方との会議もウェブ会議で行えるため、生産性の効率化を図ることも可能です。

わかりやすいクラウド名刺管理ツール「連絡とれるくん」にはオプションとして、居場所わかるくん、お客様わかるくんもあり、必要に応じて組み合わせる事も可能です。

連絡とれるくんのデメリット

連絡とれるくんに関しては、単なるクラウド名刺管理ツールではないことと、iPhoneアプリとの連携もスムーズで使いやすいと評判です。

しかし、ショートメッセージを送られてきた場合は誰からの連絡なのかがわからないため、連携が取りにくいと感じる人がいます。費用に関しては1ユーザーにつき月300円、5IDから契約可能といった多少の制限もあります。

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4:CAMCARD BUSINESS

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット
わかりやすいクラウド名刺管理ツールの4つ目は「CAMCARD BUSINESS」です。こちらは、KINGSOFT株式会社が提供するサービスで、全世界で1億人以上のビジネスマンが利用しています。

一番の特徴は、名刺管理を最速でデータ化できる事で、名刺管理の時間を最小化したい人や業務スピードを上げたい人に向いているといわれています。

CAMCARD BUSINESSのメリット

先ほども触れましたが、わかりやすいクラウド名刺管理ツール「CAMCARD BUSINESS」の一番のメリットは、名刺画像を最短5秒で最高クラスの画像補正でデータ化できる点でしょう。

初期費用が0円で契約期間は3ヶ月からと短く、ライセンス費用が不要な点もうれしいメリットです。さらに17ヶ国語に対応しており、グローバルに強い点もメリットです。

CAMCARD BUSINESSのデメリット

わかりやすいクラウド名刺管理ツール「CAMCARD BUSINESS」は、名刺をスマートフォンで撮影するだけでデータ化できる手軽さはあるものの、認識が早すぎて撮り直しを何度もしなければならない事があります。

また、名刺裏面の画像データを残すことはできますが、情報をデータとして残す場合は、手作業での入力が必要だったり、人事情報の更新も手作業で行わなければならない仕組みとなっています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

名刺管理システム導入で期待できる効果とは?

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット
クラウド名刺管理ツールを導入することで期待できる効果といえば、従業員それぞれが持つ人脈を社内で共有してビジネスに役立てる事が可能となることです。

今まで手間と時間のかかる名刺管理を、ツールを利用することでコストを抑えつつ解決し、さらに作業効率を上げて情報を有効に活用できる効果が期待できます。

それぞれのツールのメリットを考慮し選んでみよう

わかりやすいクラウド名刺管理ツール4選|クラウド名刺管理ツールのメリット
クラウド名刺管理ツールは、従業員が得た情報を有効に活用できるようになるシステムツールです。

今回紹介したクラウド名刺管理ツール、それぞれのメリット・デメリットをしっかり考慮した上で、自社に合ったものを選ぶとよりビジネスの向上に役立つでしょう。

Related