Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月25日

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ

この記事では、企業の運営に大切な経営管理について紹介しています。経営管理の意味や経営管理の具体的な手法、経営管理の役割についてもまとめて解説しています。現在、経営管理に携わっている方は管理手法の見直しに役立ててみましょう。

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ

経営管理とは?

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
経営管理とは、企業や組織が効率的に人材を活用し目標を達成したり、経済活動をより促進させるために、俯瞰的な視点からビジネスを調整したり、総括を行います。

適切な経営管理や調整ができていない会社の場合、作業にトラブルが生じてしまったり、経済活動において生産性を高めるための活動を行う事ができなくなってしまいます。企業活動において生産効率を高めるためにも、定期的な経営管理の見直しや刷新を行う事も大切です。

経営管理の役割や管理方法

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
この記事では、経営管理の役割や具体的な管理方法について解説をしていきます。経営管理と一括りに言っても、色々な管理方法や役割の違いがあります。

仕事の現場や仕事の内容によっても、経営管理の意味合いや役割が異なってくるため、現場に応じた管理プランを活用するようにしましょう。適切に経営管理することで、万が一トラブルが生じた場合にも、スムーズに問題に対処することができるようにするという役割もあります。

役割1:生産管理・販売管理

生産管理・販売管理とは、会社でものを作る仕組みを考えたり、在庫の管理を行う方法を考えることです。このような「物作りのプラン」について具体的にまとめて管理する事は、経営管理の役割のひとつです。

ビジネスで実践的に用いられる経営管理の場合、ただものを作る仕組みについて考えるだけではなく、予算面も配慮します。製造から販売に関わる作業の全体をまとめて管理するという考え方で、管理プランを策定します。

管理方法

IT面では、「業務基幹システム」と呼ばれるソフトウェアを導入して、経営管理の潤滑化を図る事ができます。業務基幹システムとは、製造から在庫管理、販売までの情報を、データベースサーバに集約して、一元管理するという役割を持ったシステムです。

経理に関するデータの収集や閲覧を行う事もできるため、大規模な生産ラインを持つ企業でも、現在の経営状態や問題点といった情報をわかりやすく判断できます。

役割2:人事・労務管理

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
人事・労務管理とは、人事面での調整や統括を行ったり、あるいは労務に関する経営判断や評価を行う経営管理の方法のひとつです。生産性向上のために、労働環境を整え、視覚的に判断できる状態にして議論し、経営判断や改善を行うのに役立てます。

職場での人間関係によるストレスといった、目に見えないフラストレーションも含め、労務を行いやすい環境を整えるために必要な経営管理方法です。

管理方法

人事や労務管理を行う上でのポイントはいくつかあり、ひとつに「ダイバシティ・マネジメント」の導入を行う方法があります。これは「多様性を認める事が、企業の発展につながり、生産性向上も期待できる」という考え方です。

例えば、個々の社員の強みや役割を考え、それぞれの特性を評価して仕事に役立てる事で、利益につなげるという考え方です。もうひとつは従業員のモチベーションを向上させるプランや制度などを考慮します。

役割3:財務管理

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
財務管理では、予算の編成と、経理・会計といった財源に関する情報を連結させて考えます。それぞれ、会社の中で資金の流れに関する情報を一元管理して、視覚的に判断し統括できる方法で財源管理を考えていく方法です。

社内において、経理に関する情報のすべてを統括して考慮できるため、お金の役割や流れについて見直す事ができます。どのように収入として入り、支出はどのような役割で使われるのかが判断しやすくなります。

管理方法

RPA(Robotic Process Automation)というソフトウェアの導入によって、業務負担の軽減や見直しを行います。RPAは、複雑なパソコン操作が必要な業務を、プログラムで自動化する役割を持った機能です。

所定の操作を認識させると、後はパソコンを動作させるだけで作業の自動化を行います。また、作業の問題点を認識させる役割を担い、改善支援を行う機能を備えたツールも販売されています。

経営管理のポイント

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
ここからは、経営管理を始める時に、注意して取り掛かりたいポイントについて紹介します。前述の内容で、経営管理の手法や役割について紹介してきましたが、ここからは、さらに具体的な役割について解説をします。

経営管理専門のシステムを導入してサポートを行ったり、経営レベルやマネジメントレベルを決める事で職場での問題をスムーズに解決しやすくするなどの具体的な役割を持たせた作業についても説明します。

1:経営管理システムの導入

すでにご紹介している「業務基幹システム」や「RPA」といった経営管理システムを導入することで、管理機能を合理的に整える役割を持たせる事ができます。

この他にも、ERP(Enterprise Resource Planning)というシステムを導入して、管理基盤を整えることもできます。いずれにしても、経営者が現場の状態を一元掌握できる役割を持たせる事が可能です。

2:各レベルでの課題を管理指標に設定する

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
各レベルでの課題を「管理指標」として設定することで、経営者を含んだ従業員のレベルを分割し、それぞれのレベルで課題や役割を設定して管理指標を設定することができます。

今回は一例として、「経営」「マネジメント」「現場」といった3つのレベル(階層・役割)に大きく分けて考えた例を紹介します。小規模な商店から、中堅、大企業まで適用できる、一番シンプルかつ基本的な、経営管理に対する考え方です。

経営レベル

経営レベルの指標設定に基づいた考え方は、経営者の立場に立って、今後の企業経営戦略を構築したり、改善を行う事に関係したプランを考案します。

具体的には、経営戦略を整理したり、戦略施策を階層化してそれぞれのレベルで改善や提案などを行う事ができるかどうかについて議論します。他にも、こうした情報を社内で共有したり、さらに経営成長を促すためのプラン構築などを行います。

マネジメントレベル

マネジメントレベルでは、人やもの、お金に関する流れを考慮し、経済循環を生み出すための工夫や提案を行うサイクルを作る役割を担うレベルです。

経営レベルと現場レベルとの潤滑油となる役割も担っており、上下のレベルに合わせた柔軟な対応が求められる階層でもあります。具体的には、PDCAサイクルを実施したり、業務改革や指示伝達の見直し、人材育成などについて考える事が担当となります。

現場レベル

現場レベルは、生産や管理、配送といった、実際の作業現場への影響を考えているレベルです。モチベーションが高い人材育成や、若年層の離職防止といった、人間関係やフラストレーションなどの部分まで考慮し、管理します。

組織目標との連動やモチベーションが高い人材の育成、ダイバシティ(多様)性を養うことを行い、効率的に生産性を高める工夫を行います。作業性を高めるために、ITツールの整備を行う場合もあります。

3:連結経営管理の構築

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
近年では、海外事業への進出やM&Aといった、グループ企業と連携が求められる機会が増えています。そのため、グループ企業と足並みを揃えた連携管理を構築していく事が重要になります。

具体的には、システムのプロトタイプ(試作品)を導入し、まずは一部のグループや人材で活用し、問題が生じたら対応するようにします。信頼性を確認する事ができれば、他のグループでも徐々に展開し、連結した管理を行えるようになります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

経営管理の課題

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
ここまで経営管理のメリットや手法について解説しましたが、ここからは経営管理の課題や注意点について解説をしていきます。

経営管理は目に見えない、価値観を変えていく事でもあるため、すぐには結果が出ず、効果を感じにくい時もあります。また、近年急速に成長するグローバル化に対応しきれない事もあります。経営管理を行う際の課題について、大きく4つのポイントに分けて見ていきましょう。

1:管理部門の業務課程の複雑さ

製造拠点や現場によって作業方針や生産方法、あるいはコストに対する考え方などが異なっているために、「本部で一元管理を行う」というのはなかなか難しい場合があります。

したがって、例えばAグループとBグループで管理手法が異なるという場合がでてきます。各拠点に応じた管理を行えるように、柔軟な対応を行う必要があります。そうした多様性を認識した上での管理を考慮することが必要です。

2:計画や実行評価が不明確

経営管理の目標が達成されたとみなす指標が具体的に制定されていない場合は、実行評価が不明確となることがあります。経営管理のプランを念入りに策定したにも関わらず、評価が不明確では、モチベーションの低下だけでなく、計画の信憑性も不明確になってしまいます。

このような事が起こらないように、わかりやすい策定目標を立てて適切な評価を行えるよう、各グループにおいて事前に工夫しましょう。

3:精度の高い業務予測ができていない

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
一般的に言われている「規程の方法」で経営管理を行ったとしても、その管理手法が現場に合っていなければ、せっかく投資をしても失敗に終わってしまいます。精度の高い業績予測を行うためにも、現場の状況に即した経営管理を行えるようにしましょう。

例えば、既存の業務データを参照し、問題点と改善点を明確にして業務予測の参考にする事ができます。予測が外れた場合は、修正案についても考案し、信憑性を高める事が可能です。

4:連結経営管理が高度化している

国内のみならず、グローバル事業の展開においては、言葉や文化、価値観などが異なっている事もあります。この場合、現地の法人へ向けて、本部の日本企業が掲げている目標や、プロジェクトのビジョンを具体的に紹介し共有するという対応をします。

現地の経営に合った生産性向上のプランを確立する事が大切です。高度な連携経営管理に対応するために、グループ企業が一丸となり、採算を確保するための方針を立てましょう。

経営管理はビジネスを安定的に継続させる役割

経営管理の役割と管理方法3つ|経営管理のポイント3つ
どんな企業においても、生産性向上と保守(節約)とを兼ね備えた経営管理を行う必要があります。具体的には、経理面では、帳簿の管理や、部署ごとにおける入出金の管理方法といった細かい部分まで管理や見直しを行う必要があります。

ひとつひとつ見直しをしている時間はなかなかないため、人の力をうまく使って経営管理を行う事ができれば理想的です。生産性と合理性とを意識し、その場に応じた適切な管理手法を導入しましょう。

Related