Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇

ワークライフバランスと言う言葉を知っていますか。言葉は知っているけどどうしたらよいか判らないという人は多いです。この記事ではワークライフバランスの成功事例として11個の制度を紹介します。あなたの会社でもこういった制度を作り、充実した人生を送ってみませんか。

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇

ワークライフバランスを成功事例にするために知っておくこと

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
皆さんは「ワークライフバランス」という言葉を知っていますか。近年仕事だけを頑張る生活を見直し、自分自身の生活も充実させましょうというのがワークライフバランスです。毎日仕事で疲れて深夜に帰宅しベッドでバタンキュー、起きてすぐ出社なんて生活は幸せでしょうか。

この記事ではワークライフバランスの成功事例を紹介します。それによって自分の生活を顧み、あなただけの人生を楽しんでください。

ワークライフバランスのメリット

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
ワークライフバランスにはどんなメリットがあるでしょうか。ただ仕事の量を減らすことではありません。どうしたら仕事を効率的に行えるか考え、それによっていかに自分の余暇時間を生み出すかがワークライフバランスの本質です。

効率的に仕事を行うことで仕事自体の生産性もアップし、社内での評価も上がることでしょう。またあなた自体が成功事例となることで他の社員もあなたに追随し、ワークライフバランスが広がります。

ワークライフバランスを成功事例に導く11の制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
しかし個人で急に仕事を効率的に行うとしても、どうしていいか判らない人は多いでしょう。ワークライフバランスは、まずは会社主導で行うと進めやすいです。会社も、ワークライフバランスによって仕事の生産性があがり、社員の満足度もあがるため職場定着率が高くなります。

ワークライフバランスは、会社にとってもメリットがあります。ここでは、会社主導の成功事例として11の制度を紹介します。

制度1:育児や介護休暇制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例1つめは、育児、介護休暇制度です。どんな人にも育児や介護と仕事に多忙な時期が訪れます。育児、介護休暇制度は従業員の負担を大幅に減らしてくれるとてもありがたい制度です。

特に育児休暇は女性は比較的取りやすい雰囲気ですが、男性はあまり取る人はいません。しかし、男性にも育児休暇が取りやすい制度を企業が作ることによって夫婦の負担が減り、従業員の生活がとても充実します。

制度2:選択型人事制度

成功事例2つ目は、選択型人事制度です。自分で働き方を提案し、企業側がそれを参考に仕事を割り振るという制度です。自分にあった働き方をすることで余暇時間が取れます。

短時間で働きたい、週一日は在宅勤務したいなどさまざまな希望が寄せられます。実際にこの制度をはじめた企業は、これまで高かった離職率がとても低くなったという報告があります。

制度3:在宅勤務制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例3つめは、在宅勤務制度です。職種によっては自宅でできる仕事もあります。自宅であれば、仕事の合間に家事や育児ができ、仕事と両立できます。

何より、上司や同僚が周りにいない状態で仕事をしますので集中できます。着替えや移動時間もいらないため、時間効率もよくなります。

制度4:育自分制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例4つ目は、育自分制度です。これは、資格取得や語学習得のために休暇や短時間労働を認める制度です。自分のスキルを高めることで、もっと効率的に仕事をしたり報酬の高い職に就くことができます。報酬が高くなることも生活の充実さに影響しますから、この制度もワークライフバランスに良い結果をもたらします。

ワークライフバランスを推進している企業ではその資格や語学習得にかかる費用を助成してくれることもあります。

制度5:副業制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例5つ目は、副業制度です。一般的に企業では副業を認めていません。副業することで収入が向上し生活が豊かになります。そのため一定の制限はありますが副業を認める企業も増えつつあります。

副業で培ったスキルを本業に応用し、成功した事例もたくさんあります。もちろんその逆も多く、副業の方がはかどり独立したなんて成功事例は聞いたことがあるでしょう。

制度6:子連れ出勤制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例6つ目は、子連れ出勤制度です。現代は夫婦共働き時代です。子供を保育園に預けようとしてもすでに定員オーバーで断られることもしばしばです。社内に保育施設を作ることで小さい子供がいても安心して働くことができます。

子供の様子をたびたびチェックすることができたり、迎えの時間を気にしなくて良かったりとメリットがたくさんある制度です。女性が多い企業では託児室を備えたところもすでに多いです。

制度7:計画年休暇制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例7つ目は、計画年休暇制度です。みんなが仕事をしているのに有給休暇を申請するのは少し気が引けます。元々何月何日は休みます報告してあれば、堂々と有給休暇を取得できます。

企業側も前もって休暇の計画が判っていれば仕事の割り振りもできますし、企業と従業員お互いにメリットがあります。

制度8:リフレッシュ休暇制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例8つ目は、リフレッシュ休暇制度です。これは、勤続10年など切りのいい勤続年数を超えた社員に有給休暇とは別に休暇を与える制度です。従業員はこれまでの労働が認められたと感じ、会社に対する満足度が上がります。

会社によっては勤続10年で1週間、勤続20年で2週間の休暇と10万円の手当が出ることがあります。ここで旅行に行ったり自分の趣味をしたり、存分にリフレッシュしてまた仕事に戻ることができるでしょう。

制度9:eラーニングの教育制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例9つ目は、eラーニングの教育制度です。テキストe-ラーニングとは、おもにインターネットを利用した学習のことをいいます。これまでは研修という形で会議室で行っていたものを、自分の自由な時間に学習できるようになりました。

仕事の合間に少しずつ進めることもできますし、休みの時にまとめてやることもできます。ただし、研修と違い講師とリアルタイムで交流することができないということがデメリットです。

制度10:カムバック制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例10個目は、カムバック制度です。配偶者の転勤や出産、介護によって退職した人が、働ける状態になったときに復職できるという制度です。企業にとっても、元々働いていた人ですので研修も必要せず、即戦力です。中途社員を雇うよりメリットがあるといえます。

制度11:朝型勤務制度

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
成功事例11個目は、朝方勤務制度です。人間は朝が一番仕事の効率がよいため、この時間に長く仕事をすることで生産性が向上します。また通勤ラッシュを避けることができたり、帰宅を早めて余暇時間を持つことができたりとワークライフバランスにはもってこいの制度です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ワークライフバランスを成功事例にするためのポイント

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
これまでの成功事例は、ただ制度を作っただけでワークライフバランスを成功させたわけではありません。ワークライフバランスを成功事例に導くためには、コツがあります。以下に、ポイントを4つ紹介します。

ポイント1:人の投資

1つ目のポイントは、人の投資です。仕事の多い部署に数名しか人員がおらず毎日残業、誰か人が休むと徹夜になるという状態では、ワークライフバランスは達成できません。適性な人数を割り振ることが大切です。

ポイント2:会社のためという視点

2つ目のポイントは、このワークライフバランスは、従業員だけでなく会社のためにもなるという視点を持つことです。ワークライフバランスは、成功事例にもあるように離職率が低下します。社員がイキイキと働ける職場は、業績上昇も見込めます。

ポイント3:マネジメント層を巻き込む

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
3つめのポイントは、ワークライフバランスのための制度は、経営者や重役などマネジメント層を巻き込むことです。会社上層部にワークライフバランスの考えがなくては、成功事例になんてなりません。上で紹介した成功事例は、むしろ上層部が主体となって行った結果として成功事例となりました。

ポイント4:残業が減らない理由を考える

4つ目のポイントは、どうしても残業が減らなくて困っている部署は、どうしてそうなのか考えることです。人が足りないのか、時間が足りないのか考えることで解決策が導き出されます。

ワークライフバランスを成功させるためには、今何が問題となっているのか考えることです。問題点を書き起こし、どうしてそうなのか、解決するにはどうしたらよいかみんなで考えましょう。

ワークライフバランスの成功事例を参考にしよう

ワークライフバランスを成功事例へ導く11の制度|メリットと休暇
いかがでしょうか。ワークライフバランスを成功事例に導くために、経営者も交えて考えることが大切です。あなたの会社でもこのような成功事例を参考にし、あなたを含めた全員が充実した毎日を送れたら幸せだと思いませんか。

Related