Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ

SNSやインスタが主流の昨今は、飲食店の内装が集客の重要な要素のひとつとなっています。そこで今回は、飲食店の内装を考えるポイント10個と、物件選びのコツ3つをご紹介していきます。魅力的な飲食店の内装とは何かについて、詳しく見ていきましょう。

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ

魅力的な内装の飲食店は口コミで広がる

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ
魅力的な内装の飲食店は口コミで広がるといわれています。

現代社会は人々がSNSで繋がる時代です。情報発信もブログやツイッター・インスタグラムなどが主になりつつあります。飲食店に限らず現代社会で集客をしたい時には、内装に力を入れることです。

インスタグラムなどで飲食店の内装が魅力的だとわかれば、すぐに皆が興味を引かれます。反対に飲食店の内装に創意工夫がなければ、皆が足を運ぶ要素が少ないといえるでしょう。

飲食店の内装を考えるポイント10個

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ
魅力的な飲食店の内装を考えるポイント10個をご紹介していきます。

飲食店の内装は自分が抱いている全体的なイメージをもとに構想を練っていきましょう。新しさ・賑やか・落ち着くなど、飲食店の内装の雰囲気をどうするかをまず決めてから、さまざまな要素を工夫していきましょう。

その際に、自分がどのような客層をターゲットにしているかを明確にしてから物事を決定していくと、魅力的な飲食店の内装が完成されます。

ポイント1:デザイン性が高い

飲食店の内装を考えるポイントは、デザイン性が高いことです。

飲食店の内装は、お客様目線のデザインが大前提だと覚えておきましょう。その際に、デザイン性が高くおしゃれな内装であることが大切です。

お客様が入ってみたいと思えるような魅力的な飲食店の内装にすることを心がけましょう。ここで料理を楽しみたい、ずっと過ごしたい、また訪れたいと思われるような魅力的な飲食店の内装を造り上げていくことが大事です。

ポイント2:従業員が働きやすい

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ
飲食店の内装を考えるポイントは、従業員が働きやすいことです。

従業員が働きやすいということは、飲食店全体の雰囲気が活気に満ちて魅力的だということです。お客様の流れを妨げずに従業員がスムーズに動くことができる動線をしっかりと考えながら、飲食店の内装を造り上げる必要があります。

お客様に質の高いサービスをお届けするためには、従業員同士が連携を取りやすく、飲物や料理を届けやすい動線を確保する必要があります。

ポイント3:座席数

飲食店の内装を考えるポイントは座席数です。特に座席の配置を考える必要があります。

飲食店の内装デザインで座席数とその配置は重要なポイントになります。飲食店の内装は、限られた空間をいかに効率的に使用するかにかかっています。お客様が周囲を気にしないで食事や会話をリラックスして楽しめる座席の配置を工夫する必要があります。

自分たちが捌き切れる数の座席を効率よく配置しながら、飲食店の内装を考えていきましょう。

ポイント4:回転率

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ
飲食店の内装を考えるポイントは、回転率です。

飲食店の内装では、店内のオペレーションを早める設計を行うと、回転率が良くなります。料理を運ぶ・下げるときの従業員の動線が速くなるように工夫を凝らした内装を考えだしましょう。

そのためには、厨房の機器のサイズや並び、通路の幅と長さなどにも気を配って飲食店の内装を行う必要があります。

ポイント5:エントランス

飲食店の内装を考えるポイントは、エントランスです。

エントランスは店舗の顔です。一般的に、外から中が見えるエントランスのある飲食店の内装の店は入りやすいといわれています。その際のデザインポイントとして、フォトジェニックなシンボルやデザインを飲食店のエントランスにすると良いとされています。

店内が見え過ぎてお客様が落ち着けない造りだと感じられたら、鉢植えを置くなどしておしゃれな演出をすると良いでしょう。

ポイント6:人の流れ

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ
飲食店の内装を考えるポイントは、人の流れです。

お客様が移動するときの動線をしっかりと頭の中でイメージしながら、飲食店の内装を考えていきましょう。

入口から座席までのスムーズな動線、化粧室への無理のない流れ、ディスプレイをバックとした撮影時の動線など、あらゆる人の流れを考慮して飲食店の内装を造り上げていきましょう。

ポイント7:顧客満足度を考えたレイアウト

飲食店の内装を考えるポイントは、顧客満足度を考えたレイアウトです。

飲食店の内装はターゲット層のお客様がいかに楽しんでいただけるかを起点に造り上げていきます。お客様が心地よく過ごしていただける飲食店の内装を創造しなくてはなりません。

肝心なのは、スタッフのサービスが店の隅から隅までいきわたることです。そのためには、スタッフの死角となる座席は絶対に造らないことが鉄則です。

ポイント8:経営効率を考えたレイアウト

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ
飲食店の内装を考えるポイントは、経営効率を考えたレイアウトです。

飲食店の内装で経営効率を考えた場合に、同じ広さの店舗でも、レイアウト次第で快適な座席数をいくらでも確保できるということを覚えておきましょう。

テーブル設定次第で、ランチ・ディナー・休日・パーティなどにフレキシブルに対応できるように、飲食店の内装は工夫して造り上げていきましょう。

ポイント9:ランニングコストを考えた店舗づくり

飲食店の内装を考えるポイントは、ランニングコストを考えた店舗づくりです。

飲食店の内装は、水道や光熱費などのランニングコストを考えて、暖房や冷房がなるべく必要にならないような工夫をしていくことが大切です。デザイン性を高めた飲食店の内装はランニングコストが掛かるので、妥協が必要なこともあると覚えておきましょう。

ポイント10:収益性の高い店舗づくり

飲食店の内装を考えるポイントは、収益性の高い店舗づくりです。

昼よりも夜のお客様が見込める店は、飲食店の内装を夜向きにして、ディナーだけの営業にするなどの工夫が必要です。それによりランニングコストも抑えられますし、ターゲット層もはっきりできます。

また、夜よりも昼の客が見込めるお店は飲食店のエントランスをガラス張りにする・座席の位置や数を調整するなどの工夫をして、昼向きの内装にする考え方もあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

飲食店開業における物件選びのコツ3つ

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ
飲食店開業における物件選びのコツ3つをご紹介していきます。

飲食店の内装は、内装デザイナーの方と積極的に話し合っていくことが大切です。自分がどのようなお客様をターゲットにしてどのような雰囲気の店を作り上げていきたいのかを、しっかりと内装デザイナーの方に伝えていくことが重要です。

コツ1:コンセプトに見合う立地を選ぶ

飲食店開業における物件選びのコツは、コンセプトに見合う立地選びです。

飲食店の内装はコンセプトが重要です。自分たちが作る料理のターゲット層を明確にして、それに見合った立地を選ばなくてはいけません。自分たちの料理を好む・食べてもらえるターゲット層が集まりやすい場所を、立地場所に選ぶ必要があります。

コツ2:ターゲットを明確にする

飲食店開業における物件選びのコツは、ターゲットを明確にすることです。

飲食店の開業をしたい物件がある場所の雰囲気が、自分の店のイメージと合うのかどうかが重要となってきます。そのためには、実際にその物件へ足を運び、近くの店をリサーチしてみる必要があります。

場違いな場所へ飲食店を開業しても、集客が望めなければ後々たいへんだからです。

コツ3:予算を厳守する

飲食店開業における物件選びのコツは、予算を厳守することです。

物件の予算を決めておかないと、次々と内装を付け足して予算オーバーになりかねないからです。

予算を決めるために事業計画を優先させましょう。初期費用を3年で回収できる見積もりに合った、飲食店の内装の予算を厳守することが大切です。

内装を充実させて飲食店を繁盛させましょう

飲食店の内装を考えるポイント10個|物件選びのコツ3つ
内装を充実させて飲食店を繁盛させましょう。

飲食店はおいしい料理だけではなく、内装も魅力的でなければ繁盛店にはなりません。フォトジェニックなデザインがSNSで話題となり、マスコミの取材も期待できる時代です。

うんとおしゃれで使い勝手の良い飲食店の内装を考えて、素晴らしいお店造りをしていきましょう。その際にターゲットの絞り込みや効率の良さも考慮して、収益の上がる飲食店経営を目指しましょう。

Related