Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月08日

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割

イノベーションと言う言葉の意味は知っていますか。イノベーションにはいつくかの種類があり、効果もさまざまです。イノベーションの4つの種類とイノベーションが果たす役割について考えてみましょう。イノベーションの知識を付けて、実際に役立てましょう。

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割

イノベーションとは

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
働き方改革もあって、イノベーションがとても注目されています。企業にとってイノベーションを起こせるかどうかで今後の生き残りが決まります。最近よく耳にするイノベーションとはどのような意味なのか、イノベーションの定義や種類について解説します。

イノベーションの意味

イノベーションとは、社会に大きな衝撃や変化を与える革新や新機軸のことです。今まであった技術を全く違う方法や分野で活用したり、新しいアイディアや発想を提案して現実化します。

また、イノベーションは日本で、市場に大きな衝撃を与える技術革新の意味で使われることが多いでしょう。イノベーションの意味は「革新」の総称で、幅広い意味合いで使うことができます。

イノベーションの起源と定義

イノベーションと言う言葉は、オーストリアの経済学者ヨーゼフ・シュンペーター氏が提唱した経済理論です。1912年に発表した「経済発展の理論」の中で「新統合」と言う言葉を使っています。

本の中では、「経済活動の中で生産手段や資源、労働力などをそれまでとは異なる仕方で新結合すること」と記されています。関係なさそうな事柄を結びつける思考と同じ意味を表していることで使われます。日本では技術革新として使われることが多いですが、技術以外の幅広い分野でも使われます。

イノベーションの4つの種類

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
イノベーションと言っても、いくつかの種類があり効果もさまざまです。企業に合った種類のイノベーションを実行する事で新しい展開が期待できます。

ここからは、イノベーションの種類についてい詳しく解説していきます。

イノベーションの種類1:オープン・イノベーション

オープンイノベーションとは、幅広い業種や分野の知識を取り入れ、新製品の開発や事業開発を行うイノベーションです。今までとは違う知識を採用する事で、製品ライフサイクルのスピード化や幅広い顧客のニーズに応えられます。

しかし、デメリットもあり一時的に多大なコストがかかり負担になります。機密情報に関するセキュリティの不安や自社だけで開発する力も落ちてしまいます。

イノベーションの種類2:リバース・イノベーション

リバースイノベーションは、先進国にある企業が、新興国や途上国に開発拠点を置いて、現地ではどのような事が求められているかをリサーチして製品や商品を開発する事です。この種類のイノベーションは、先進国をターゲットにした流通を展開する戦略です。

今までは、先進国で開発された商品を新興国に流通させてきました。その流れとが逆になる戦略の種類になります。全く新しい手法で海外進出を成功させる手法で注目を集めています。

イノベーションの種類3:持続的イノベーション

持続的イノベーションとは、日本企業が得意な顧客の要望を良く聞き、改善改良を進めていくやり方です。この種類とよく比較されるのか壊滅的イノベーションです。この種類のイノベーションは、より良い製品を提供する事で顧客満足を勝ち取り売り上げをアップしていきます。

日本の大企業から中小企業のほとんどは、この種類のイノベーションを繰り返しています。持続的イノベーションを続けたことで、日本ではより良い品質の商品が多く流通しています。

イノベーションの種類4:破壊的イノベーション

破壊的イノベーションは、ハーバードのビジネススクール教授のクレイトン・クリステンセンが発表した本で注目を浴びたイノベーションの種類です。持続的イノベーションとは異なった革新的な理論を提唱しました。

破壊的イノベーションにはローエンド型と新市場型の種類があり、低価格でシンプルな商品を提供する事で市場を支配し、それまで考えられなかった新しい価格で提供する事でシェアを拡大していく手法です。

イノベーションが果たす5つの役割

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
イノベーションをすることで、企業にとってメリットがあります。企業を活性化するためにも新しいアイディアで変化を与えたいです。イノベーションが果たす役割にはどのような種類があるかチェックしてみましょう。

イノベーションが果たす役割1:新製品の開発

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
新製品の開発や新しいサービスを開発する事を「プロダクト・イノベーション」と呼びます。新商品の開発や、今ある技術やサービスを組み合わせることで誕生するイノベーションです。

プロダクト・イノベーションで開発された商品やサービスは、オリジナリティがあって先進的です。このようなアイディアが、市場を再活性化させたり激しい競争を勝ち抜く手段になります。

イノベーションが果たす役割2:新たな生産方式の導入

生産方式を見直すだけでコスト削減や作業の効率化を実現することができます。このような方式を「プロセス・イノベーション」と呼び、生産工程や流通工程を革新的な仕組みに変えることで、今までより安い商品を大量に生産できるなります。

価格面の競争率が激しい商品に向いており、良い商品を安価で販売できるようになり顧客満足度がアップします。プロダクトイノベーションと同時に推し進めるとより効果が期待できます。

イノベーションが果たす役割3:新たな市場または消費者の開拓

これまでとは違った販売方法を開拓するすることで、市場の拡大でより多くの消費者へ届けることができます。この事を「マーケットイノベーション」と呼びます。

マーケットイノベーションは製品や特長をもう一度見直し、顧客層を拡大します。PR方法を考えたり、新たな活用法を提案する事で新しい顧客を掴むことができます。頭打ちだった商品に新しい風を吹き込むことができます。

イノベーションが果たす役割4:新たな資源の獲得

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
今まで使用していなかった原材料や半製品を獲得する事で、新製品を開発することができます。このような事を「サプライチェーン・イノベーション」と呼びます。

原材料が手に入らずに諦めていた商品製作やプロジェクトの再始動、大量生産が見込めるとコストカットした商品を安価で消費者へ届けることもできます。新たな種類の資源を獲得する事で、企業はさまざまな戦略を立てられます。

イノベーションが果たす役割5:組織改革

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
思い切ってい今までの組織を見直し、大規模な組織改革を行う事で大きな成果を生み出すことを「オーガニゼーション・イノベーション」と言います。オーガニゼーション・イノベーションに成功すると、生産性をアップしたり作業効率が格段に良くなります。

同じ人材で効率がアップすると、コストカットに繋がり会社にとって大きなメリットになります。 この種類のイノベーションションは、ホラクラシー型組織や次世代組織型として注目されています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

イノベーションが企業に必要とされる理由

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
イノベーションは企業にとって必要な要素であるといわれています。イノベーションを行うとどのような効果があるのでしょうか。

ここからは、イノベーションが果たす役割を詳しく見ていきましょう。

莫大な経済的成果

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
経済成果とは顧客に価値を提供した結果です。長期的に価値の高いものを提供する事で経済効果がグングン上がっていきます。そのような種類の企業でも経済的効果は必ず必要になります。良い商品を提供しても買ってくれる人がいなければ、企業は損をします。

企業が生き残るためには必要としてくれる人の存在が重要になります。企業経営を安定させるには、対価に相応しい価値を提供する事になります。

市場独占が可能

イノベーションを有効に使い、驚異的な成長を続けている企業がアマゾンです。アマゾンは今までにない種類のサービス展開を行い、圧倒的な品ぞろえで市場を独占してきました。売り上げは右肩上がりで、これからも成長を続けるでしょう。

日本では独占禁止法がありますが、アマゾンはグングンと成長を続け、結果的に市場を独占してしまいました。イノベーションによって企業が市場を独占し、独占している産業を破壊する事もできます。

生産性向上と課題解決

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
生産性を上げる重要な役割がイノベーションだと政府も言っています。イノベーションは成長を牽引し問題を解決する事でさらに効率がアップします。生産性を向上するには、企業が持っている経営資源を最大限に活用する事です。小さなな投資で大きな成果を生み出す事が目的です。

最近は働き方改革の影響もあって政府が生産性向上施策を進めています。日本は働き手が不足しているので、今後、生産性向上がより求められてくるでしょう。

競争優位性の確立

会社の経営を安定させるのは、他者にマネできない競争優位性を持つことです。オリジナルの技術や商品を持っていると独自のビジネス展開をする事ができ、競争が激しいマーケットでも勝ち残ることができます。

また、消費者は低価格である事にもこだわります。特別な技術力が無い企業では、価格競争で優位に立つために低価格をウリにする企業も多くあります。しかし、価格競争を他社に仕掛ける結果として企業経営の健全性が大きく損なわれる恐れもあります。

イノベーションに対する知識や経験を培いましょう

イノベーションの4つの種類|イノベーションが果たす5つの役割
イノベーションにはとても多くの種類がありました。それぞれのイノベーションの種類には異なった意味があり、役割もさまざまです。イノベーションの種類をよく理解して、仕事に役立てましょう。

Related