Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

コンフリクトの原因と要素3つ|コンフリクトに対する5つの対応

コンフリクトへの対応をご存知でしょうか。もしも知らないなら、この記事でコンフリクトの原因と要素3つを学んでみましょう。そして、コンフリクトの言葉の意味からご説明しているので、コンフリクトを聞いたことすらない人も安心して勉強していけます。ぜひご覧ください。

コンフリクトの原因と要素3つ|コンフリクトに対する5つの対応

コンフリクト

コンフリクトには、2つの重要な事柄があります。コンフリクトという言葉の意味とコンフリクトマネジメントの概念のことです。

そして、以下ではコンフリクトの原因と要素やコンフリクトに対する5つの対応もご紹介します。コンフリクトを解消していくためにも読んでおきましょう。

コンフリクトという言葉の意味

コンフリクトとは、対立という意味です。人と人の間で何らかの意見や感覚のズレが生じていることをコンフリクトと呼びます。

また、コンフリクトはビジネス上用いられることが多い言葉でもあります。コンフリクトを眼にしたら、どのような文脈でどのように使われているかを見極めましょう。

コンフリクトマネジメントの概念

人と人の対立を解消させるコンフリクトマネジメントの概念には、3つの重要な事柄があります。概要の認識・どうすれば双方の利益になるかを考える・コンフリクトマネジメントによる実際の問題解決の3つです。

適切にコンフリクトマネジメントしていくためにも、3つの事柄は学んでおきましょう。

概要の認識

コンフリクトマネジメントには、概要の認識が重要です。なぜなら、誰が何によってコンフリクトとなっているか把握しなければ、どのようなマネジメントを行うのが適切かが分からないからです。

コンフリクト状態になっている人たちを見かけたら、双方の話を聞いてからどのような対応をしてあげるべきか検討すべきでしょう。話も聞かずに良かれと考えて解決策を押し付けるのは、さらなるコンフリクトを生ずる原因となると言えます。

どうすれば双方の利益になるかを考える

コンフリクトマネジメントには、どうすれば双方の利益になるかを考えることが重要です。やはり、コンフリクトは双方が利益を得られていないことから生ずるからです。

そして、コンフリクトに陥っている人同士では、双方の利益を考える余力がないことが多いです。双方が認める人物が、コンフリクト解消の案を述べるのが望ましいでしょう。

コンフリクトマネジメントによる実際の問題解決

コンフリクトマネジメントの概念には、実際の問題解決が重要です。なぜなら、実際の問題解決を行ってこそ、コンフリクト状態が解消されたことになるからです。

また、コンフリクト解消になると考えていたことが、実際には逆効果となることもあり得ます。コンフリクト解消の考え方を思い付いただけで安心せずに、現実の問題解決まで行ってこそコンフリクトマネジメントになるでしょう。

コンフリクトの原因と要素

コンフリクトには、原因と要素があります。まずは、コンフリクトの原因と要素を知ることで、どう対処すべきかが見えて来るでしょう。

そして、以下ではコンフリクトの原因と背景やコンフリクトを生む要素をご説明します。背景や要素を知ることで、コンフリクトを扱い易くなるでしょう。

コンフリクトの原因と背景

コンフリクトの原因と背景には、年齢や立場や性別や感覚の違いがあります。違いから生ずる摩擦が、コンフリクトとなってしまいます。

そして、自らの利益を図ろうと考え力関係を利用してあえて相手の意見や権利を無視して、コンフリクトが発生しているケースもあります。

コンフリクトを生む要素3つ

コンフリクトを生む要素が、3つあります。条件・認知・感情の対立の3つです。

そして、コンフリクトが発生している状況に直面したら、条件・認知・感情の対立のどれにあたるかを把握しましょう。

コンフリクトを生む要素1:条件の対立

コンフリクトを生む要素には、条件の対立があります。条件とは、立場や役職や待遇のことを指します。立場や役職や待遇が異なれば意見も違って来るケースが多いにも関わらず、立場や役職や待遇が上の人が下の人に対して主張を押し付けると、コンフリクトとなってしまいます。

そして、コンフリクトを解消しようとするあまり下の立場や役職や待遇の人の意見を聞き過ぎると、逆に上の立場や役職や待遇の人の負担が生ずるでしょう。

コンフリクトを生む要素2:認知の対立

コンフリクトを生む要素には、認知の対立があります。認知とは、物事をどのように考えているかという意味です。捉え方の違いで認知の対立が発生してしまいます。

そして、理論的な認知により対立が生じている場合は、理論を交わすことでコンフリクトを解消することがあり得ます。ただ、感覚的な認知によりコンフリクトとなっていると、感覚は人それぞれのケースが多く、対立の解消は困難です。

コンフリクトを生む要素3:感情の対立

コンフリクトを生む要素には、感情の対立があります。感情とは、何が好きで嫌いかという意味です。好き嫌いというのは感覚的な認知の場合と同じく人それぞれであるため、コンフリクトの解決は容易ではありません。

それに、感情を優先して生きている人がコンフリクトを起こした場合、感情をなだめる以外の選択肢がないと言えます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

コンフリクトに対する5つの対応

コンフリクトに対する5つの対応が、あります。強制・服従・妥協・回避・協調の5つです。それぞれに良い点と悪い点が存在しているため、学んでおくことで活かせるでしょう。

そして、5つの中で最も良い対応が協調とされています。コンフリクトが生じた際は、協調で収まるようにしていくと良いでしょう。

コンフリクトに対する対応1:強制

コンフリクトに対する対応には、強制があります。矯正とは、力関係や立場が上の人が、無理やり相手に意見を押し付けることです。押し付けた側はメリットを受けられますが、押し付けられた側は不満が残り後々仕返しするケースもあります。

力関係や立場が上であるからといって、コンフリクトの際に強制すると人間関係でリスクを抱えることになるでしょう。

コンフリクトに対する対応2:服従

コンフリクトに対する対応には、服従があります。自分を押し殺して対立意見に従ってしまうことです。相手の意見に服従することで場は収まるでしょうが、自分自身が不満を抱えてしまうだけでなく、相手を図に乗らせる恐れもあります。

コンフリクトの際に、相手の意見を尊重するのも重要と言えますが、服従までする必要はないでしょう。

コンフリクトに対する対応3:妥協

コンフリクトに対する対応には、妥協があります。妥協とは、嫌だと感じても仕方がないと考えて相手の意見に合わせてしまうことです。あまりにもコンフリクトが激しいケースでは、どちらかか双方が妥協することでしか対立を収められないことも多いでしょう。

ただ、妥協をすることでコンフリクトが一応終結するため、妥協は対立を決着させる一つの手段です。

コンフリクトに対する対応4:回避

コンフリクトに対する対応には、回避があります。回避とは、コンフリクトから逃げるということです。コンフリクトを解消しているとは言えませんが、今後関わる必要がない人との対立の場合は、有益な方法と言えます。

そして、コンフリクトの際に回避するだけなら誰でもできる場合が多いので、対立から言い合いになりそうだったり話が通じなさそうだったりするケースで活用してみましょう。

コンフリクトに対する対応5:協調

コンフリクトに対する対応には、協調があります。協調は、コンフリクトしている双方にとって納得の上で対立を終わらせることです。そして、双方にとっての納得とは双方が共にメリットを得ることを指します。

また、コンフリクトを協調で決着させるには、双方の主張を深く理解していなければならないでしょう。

コンフリクトについての理解を深めよう!

コンフリクトには、原因と要素3つがあることをご説明してきました。原因と要素3つをよく理解して、コンフリクトを把握しましょう。

また、コンフリクトという言葉の意味やコンフリクトマネジメントについても知識を深め、実際にコンフリクトが起きてしまった場合でも、問題なく解決できるようにしていきましょう。

Related