Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月11日

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選

職場コミュニケーションを高めることができなければ、企業として大きな飛躍を遂げることはできません。ランチ会議や休憩時間の過ごし方を工夫して、職場コミュニケーションを図ることを考えるようにしましょう。また、連絡のツールは何があるのかを考えておきます。

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選

職場でのコミュニケーションは大切?

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
職場で社員同士がコミュニケーションを交わさないと仕事で成果を上げるのは難しくなります。仕事ではお互いの信頼関係を深めるのにコミュニケーションが不可欠になるからです。職場でコミュニケーションを大切にしているかどうかで会社として成功できるかが決まります。

自分が役職に就いている場合には、率先して社員同士がコミュニケーションを深めるような雰囲気作りをするようにします。

人間関係にストレスを感じている人が増加

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
昔と違って社会の構造が複雑になっているのでストレスを感じている人が多くなっています。仕事の責任なども重くなり、一人一人の負担も増えて人間関係が煩わしくなりストレスを感じるためです。

人間関係にストレスを感じている人は、気分転換の方法を見つけたり、無理のないコミュニケーションを図るようにします。会社としてどれだけストレスフリーの環境を作れるかが課題になっています。

職場コミュニケーションを行うメリット6つ

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
職場コミュニケーションを行うことで企業の生産性を上げることができます。職場コミュニケーションが図れなければ他の企業に勝つことは難しくなります。なぜなら、一人一人のマンパワーを引き出すにはお互いのコミュニケーションが大切になるからです。

自分が役職に就いている場合には、社員同士がコミュニケーションを取りやすい環境や機会を作れるように動いていきます。

1:従業員同士の信頼関係の構築

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
従業員同士の信頼関係を築くにはコミュニケーションが不可欠になります。従業員同士でコミュニケーションを図らなければ企業として大きな成果を残すことができないので、信頼関係は重要になってきます。

自分が役職に就いている場合は、従業員同士が仕事以外で触れ合う場を作るようにしてお互いにコミュニケーションを図るようにします。

2:社員のモチベーションの向上

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
社員同士でコミュニケーションを交わすことでモチベーションを上げることができます。お互いの距離を縮めることで協力して仕事をしようという気持ちが出てくるので、コミュニケーションは大切になります。

自分の職場で社員のモチベーションを上げるには何が必要かを考えるようにして、コミュニケーションだけでなく労働環境や待遇などを見直すことも考えておきます。

目標達成や成果の最大化に貢献

一人一人の社員が目標達成や成果を残すにはコミュニケーションが不可欠になります。他の社員と協力しなければ、一人の社員の力を引き出すことができないからです。大きな目標を掲げる企業は社員同士のコミュニケーションが重要になります。

目標を達成したい人は社員同士のコミュニケーションを重視しながら、自分に足りないスキルや資格は何かを考えるようにします。

3:離職率低下・社員の定着

お互いのコミュニケーションが希薄になれば離職率が高くなります。社員同士のコミュニケーションが乏しくなれば仲間意識がなくなり、仕事自体が楽しくならないからです。

自分が上司の立場にいる場合は、部下同士が協力して仕事を成すことの必要性を考えて、コミュニケーションを図れる場や機会を作るようにします。そのためには、チームや班で仕事をすることの楽しさを覚えてもらうことも考えておきます。

4:適切な人事配置やマネジメントを行える

社員同士のコミュニケーションを図ることで適切な人事配置やマネジメントが行えます。コミュニケーションを図ることで一人一人の特性や能力が把握できて、適切な指導をすることができるからです。

自分たちの会社はどのようなことに特化しているのかを社員に伝えて、どうすれば一人一人の個性や能力を伸ばすことができるのか考えるようにします。

5:社員同士の適切なタスクの分散

社員同士で仕事を分散するにはコミュニケーションが必要になります。仕事の分散はお互いを信頼していないと成り立たないので、コミュニケーションを深めることが必要になるからです。職場で効率よく仕事をするためには適切なタスクの分散が大切になります。

自分の職場でタスクを分散するときには、お互いの意見をよく聞き入れてから仕事を分けるようにします。そうすることでトラブルを避けることができます。

6:一貫した企業理念の浸透

企業がどのようなことに重きを置いているかを一人一人が理解してないと、企業として大きく成長できません。その職場での方針などは企業理念を中心に考えられるので、社員に企業としての理念を理解してもらうことは大切になるからです。

自分が役職に就いている場合には、ミーティングなどで企業が成長するにはどのようなことが必要かを社員に考えてもらい、社員同士の協力が重要なことを伝えるようにします。

職場コミュニケーションのアイデア例5選

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
職場コミュニケーションを高めるにはアイデアが必要になります。ほとんどの企業が職場コミュニケーションを高めることに重点を置いており、会社として成長するためには無視できないことになっているためです。

自分が働く職場の社員から職場コミュニケーションを高めるアイデアを募集して、その会社に合った方法を見つけることが大切になります。

1:社内カフェ

社内カフェを作ることができればお互いのコミュニケーションを深めることができます。コーヒーブレイクの時間を作ることで気持ちに余裕が生まれるので、会話が弾むようになるからです。

社内カフェを導入したいと考えている人は、それぞれに役割分担を作るようにします。そうすることで気分転換ができたり、達成感を味わうことができたりします。

2:ランチ会議

ランチ会議をすることで普段とは違った趣きで仕事をすることができるので、モチベーションを上げることができます。ランチ会議をすることで気分転換をすることができるので、コミュニケーションを取りやすくなります。

自分で話題の店や近所で評判の店を探して、ランチ会議で使えないかを提案してみましょう。また、ランチ会議ではお互いのコミュニケーションを高めるような議題を話すようにします。

3:ビジネスネーム

職場のチームや班にビジネスネームをつけることで団結力を高めることができます。ビジネスネームをつけることで普段とは違った趣きで仕事に取り組めるからです。また、チームや班で競い合ってより良いものを生み出すこともできます。

ビジネスネームを使おうと考えた人は、より良いものを生み出す手段として使うようにします。自分の部下たちにビジネスネームを使わせる場合、競い合わせて良い職場なのかを考えましょう。

4:休憩時間のレクリエーション

職場の休憩時間にレクリエーションをすることでコミュニケーションを図ることができます。休憩時間にスポーツや頭を使った遊びをすることで会話が増えるので、コミュニケーションを取りやすくなるからです。

自分で休憩時間にどのようなことをしたいのか提案してみましょう。曜日ごとにすることを決めておきます。

5:社員同士のスポーツ団体競技の参加

社員同士で団体競技のスポーツに出ることでコミュニケーションを高めることができます。スポーツをすることで団結力が深まり、体を動かすことで得られる達成感を得ることができるからです。

自分でラジオ局のマラソン大会のリレーや大きな都市での大会に応募するようにします。スポーツをするには準備が必要なので、その間だけでも会社で話すことが多くなります。

あなたの会社に仕事の生産性を上げる「働き方改革」を起こしませんか?

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

職場コミュニケーションが失敗する例

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
会社の都合ばかり考えると職場コミュニケーションがうまくいかないことがあります。職場コミュニケーションが会社の利益のためだと考えられたり、経営陣が社員に意見をうまく伝えることができなければ失敗することになります。

自分たちの会社はどのようなことに取り組んでいるのか考える場を設けて、末端の社員の意見を取り入れるようにします。そうしなければ、企業として成長することは難しくなります。

経営層が現場の従業員に経営理念やビジョンを発信していない

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
経営理念や具体的なビジョンが伝えられなければ、社員はそのために何が必要かを考えなくなります。経営陣が企業をどのようにしていきたいのか社員に伝えることができなければ、従業員はどのように動いていいのか分からなくなるからです。

経営層に就いてる人は、現場の社員に意見が伝わる工夫をするようにします。例えば、社内新聞を発行したり、経営層が職場見学をして意見交換をするようにします。

従業員同士がお互いに何の業務を行っているか把握していない

従業員同士がお互いにどのような業務をしているのかが分からなければ、職場コミュニケーションは失敗します。請負や外注が増えているので、どこまで自社で行うか伝えきれていないためです。大きな流れで仕事をしていた場合には、ただ与えられた業務をしているだけになります。

職場コミュニケーションを失敗させたくない人は、仕事一つ一つにどのような意味があるのかを答えられるようにします。

職場コミュニケーションで充実した生活を送ろう

職場コミュニケーションを行うメリット6つ|アイディア例5選
職場コミュニケーションを身近なものにすることで仕事に充実感を得ることができます。職場でコミュニケーションがうまく取れないければ、仕事の達成感を分かち合う人が少なくなり充実感を得られないからです。

自分の職場でお互いのコミュニケーションを図るには何が必要なのかを考えて動くようにします。また、上司や経営層の人はどれだけ一人一人社員に寄り添えるかを考えるようにしましょう。

Related