Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選

顧客管理を行うことで顧客の満足度を上げ、それにより会社のイメージアップを図ることができる利点があります。顧客管理アプリにより顧客管理は簡単に行うことができますので、導入することをおすすめします。顧客管理アプリには簡単に導入できるタイプのシステムもあります。

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選

なぜ顧客管理が必要なのか?

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
顧客管理が必要なのは、顧客管理をすることで顧客の属性や望んでいることがわかり、過去のマーケティングキャンペーンに対する反応や、購買履歴などといった多面的な情報を一元管理することができることです。

顧客のそれぞれの要求を把握できて、良好な関係を維持できますから、顧客が長期的にその企業の商品やサービスを購入する金額を増やすことが期待できます。そのため顧客からの購入要求を延ばすことが可能になります。

顧客管理アプリの機能は多様

顧客管理アプリは多様な機能を持っていて、顧客の基本情報である年齢・性別・エリア・性格・好みや、顧客への販売履歴である営業訪問履歴・希望・要望・苦情、そして展示会来場回数ほかも一括で管理ができます。

その顧客の担当者しかわからない、電話でのやりとりからの些細な情報も、顧客管理アプリに入力しておくことで、社内で一元化し共有することができますので、効率的な販売業務をその顧客に展開することが可能になります。

CRMとSFA

CRMとは「カスタマー・リレーションシップ・マネジメント」の略で、これを訳すと顧客関係管理となります。SFAとは「セールス・フォース・オートメーション」の略で、この訳は営業活動自動化となります。

両者の違いは、CRMは顧客関係管理という経営概念で、それを実現するための手法ですが、SFAの方は営業活動を効率化するシステムやツールを指すことが違いです。今はCRMもシステムを指すときに用いられています。

顧客管理アプリでできること11

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
顧客管理アプリでできることをいくつか紹介いたしますが、顧客管理アプリを使うことで、いつでも顧客の情報を確認できますし、どこでも顧客の情報を確認することができ、しかもそれが常に最新の情報になっています。

さらに名刺データが活用できますし、顧客の属性分析や購入履歴がわかることから、顧客情報の分析や管理ができます。そして、CTIと連動することや、DMの送付リストが作れますし案件管理もできます。

1:いつでも情報を確認できる

顧客管理アプリを使うことで、顧客の情報をいつでも確認することが出るため、その顧客に適した商品の紹介やセールスを社内で共有して進めることができます。

顧客管理アプリはどこでも確認できるうえに、どこからでもすぐに顧客情報を更新することができますので、社内のだれでも顧客の最新情報をいつでも参照することができます。

これによって、社内のだれでもお客の好みにあった商品やイベントの提供が即時に可能になります。

2:どこでも情報を確認できる

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
顧客管理アプリを使うことで、顧客情報を一括管理でき、より迅速な顧客対応を社内のだれもが可能になります。場合によりスマホでも、そしてタブレットやノートパソコン他の情報機器で利用できますので、外出先や出張先でもどこでも顧客情報を確認できます。

通信回線と情報機器さえあれば、時間や場所を問わずに利用できますので、顧客情報をプリントアウトして持ち歩かなくてもよく、常に新しい情報を確認することができます。

3:常に最新の情報である

顧客管理アプリを使うことのメリットの一つが、顧客情報の最新版を参照することができることです。

お客は常に購買意欲を持ち、そして好みも変わっていきますので、お客の購入した商品などが販売したと同時に顧客アプリに反映されることで、顧客の動向を正確に知ることができます。

これにより、具体的には顧客管理アプリの顧客情報から、顧客が興味を示しそうな商品を割りだして、購買行動をさらに進めることが可能になります。

4:名刺データが活用できる

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
顧客管理アプリの強みの一つが、個人情報を積み上げることができることです。お客からいただいた名刺をデジタル化し、データ化することで個人情報を社内で共有することができます。

顧客情報には、会社名、代表者名、営業の担当者名、過去の取引製品やサービス、そして提供した際の価格や受注量や納期など顧客情報の量は膨大になっています。もちろん名刺データもこれに含まれていますので、名刺データの活用ができます。

5:顧客の属性分析や購入履歴がわかる

顧客管理アプリを使うことで、顧客情報を一元管理して見える化することができます。これにより、顧客管理アプリを使って顧客の属性分析をすることができますし、過去の購入履歴も知ることができます。

顧客管理アプリを導入することで、社内で顧客情報を一元管理すれば社内のだれでもその情報を知ることができますので、社内で一丸となって顧客に対応できます。それは、顧客の属性分析を行うことに大きく貢献できます。

6:顧客情報の分析や管理ができる

顧客管理をアプリで行うことによって、顧客属性だけでなく顧客情報も分析や管理をすることができます。店舗にそのお客の担当者や営業担当者が不在の場合でも、顧客対応はスムーズに行うことができます。そのため、顧客への対応が向上します。

顧客管理アプリの導入により、顧客の担当者や営業担当者の不在時に顧客から連絡が来ても顧客情報が他の担当者でもわかるために、お客に満足な対応ができるようになります。

7:CTIと連携できる

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
CTIとは(電話とコンピュータの統合システム)で、 一般的には電話がかかってきた際に、電話の着信音(呼出音)と同時にそのお客情報をコンピュータ(今ではパソコンが一般的)に表示させるシステムになっています。

CTI導入によって顧客情報が自動表示される機能や電話の掛け間違いを防止する発信機能、トラブル防止の録音機能などの、オペレーション面でのメリットがあり、顧客管理の面でも大きなメリットが存在します。

8:DMや年賀状の送付リストが作れる

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
お客からはどんどん送られてくるダイレクトメールですが、あまりに多いとその企業に対して良いイメージではないです。顧客管理システムによりお客の好みや求めることを分析してつかむことで、無駄なダイレクトメールを出さずに済みます。

同じく顧客管理システムにより、必要なお客を選択して年賀状を送るためのリストが作れます。これはメルマガについても、同じくお客に必要な情報を伝えるメルマガを送信することができます。

9:案件管理ができる

顧客管理システムにより、お客の情報だけでなく、お客との案件の進捗状況や受注見込み度なのもつかむことができます。このように案件の状況を社内で共有化できれば、案件の進捗が遅れていないかなどをつかめ、対応の遅れを防ぐことができます。

案件管理をすることによって、案件ごとの達成見込みや実績を知ることができ、達成しづらい目標を抽出することができ、その場合の対応策を早めに立てることができます。

10:スケジュール管理ができる

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
顧客管理システムの機能として、営業担当者のスケジュール管理も可能になり、営業担当のスケジュールと顧客の情報を結び付けていくことができます。さらにお客と打ち合わせるスケジュール調整が他の担当者も交える場合にその予定も調整することができます。

顧客管理システムによる営業管理は営業活動をスケジュール調整他から支援してくれますし、効率的で効果的な業務の推進を手助けしてくれます。

11:日報管理ができる

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
日報とは一日の業務をまとめ、その日行った業務の報告をするためのもの書類です。日々担当者が提出する日報は、企業の資産となり収益を上げるための武器にもなります。

毎日報告される正確な情報が日報として蓄積されることで、社内での情報が共有されるとともに、ノウハウも共有され、社内のコミュニケーションの促進になります。顧客管理システムには、スマホ他の情報端末で入力できるものもあり、便利に使うことができます。

おすすめの顧客管理アプリ5選

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
顧客管理システムのアプリには、クラウドサービスとしてSalesforceがあり、営業向けAIシステムとしての側面を持つZoho CRMもあります。名刺情報管理ソフトウエアであるSansanも顧客管理に応用できるソフトウエアです。

営業管理型の営業支援システムとしては、Senseがあります。ユピレジはiPadのPOSレジシステムですが顧客の性別や年齢、購入履歴から顧客情報を管理できる顧客管理アプリです。

アプリ1:Salesforce

Salesforce(セールスフォース)は、顧客管理システムとして、営業に関するすべての業務を効率化・スリム化できるシステムですが、クラウドサービスとして提供されています。SFAとしてもCRMとしても世界のトップクラスのシェアを誇る顧客管理システムです。

活動報告がリアルタイムでいつでもどこでも可能で、ネットワークと情報機器さえあれば、顧客情報を更新して顧客情報を最新のものにアップデートできます。

アプリ2:Zoho CRM

Zoho CRMは、CRMと同じく営業支援システムであるSFAも充実している顧客管理アプリです。SFAとしての機能である、売り上げの予測、ドキュメント管理、そしてワークフロー作成の機能も充実しています。

Zoho CRMの特長は、 営業向けAIシステムで、営業担当者や営業チームの活動を学習し、学習した傾向から案件を察知し、受注に結び付けられることです。しかも、取引タイミングや取引終了なども予測できます。

アプリ3:Sansan

名刺情報管理のソフトウエアであるSansanは、顧客管理に応用できるソフトウエアでもあります。名刺を読み込んで管理する名刺管理の機能を使うことで、取引した相手の連絡先などの情報を入力せずに利用できます。

名刺をスキャンすることで顧客データが自動で入力されますので、手間がかからずに情報の共有が可能です。顧客の情報を担当者間でやりとりし、売上向上につながるビジネスチャンスを見つけられます。

アプリ4:Senses

顧客管理システムであるSenses(センシーズ)は、案件管理型の営業に向いている営業支援システムになっています。また、Senses はCRMとして売上実績やその推移を直観的に把握できる面を持つソフトウエアであるという特長をもっています。

SFA要素の強いSensesは、営業支援システムとして、営業担当者に向いていて、営業担当者ごとの行動をリアルタイムで共有することができます。

アプリ5:ユビレジ

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
ユビレジは、iPadを使用したPOSレジアプリですが、専用のPOSレジ端末を必要とせずにiPadがPOSレジになります。iPadにユピレジをインストールして、ユビレジのWebサイトでアカウントを作ればiPadがレジになってしまいます。

ユビレジは、iPadのPOSレジシステムとして、顧客の属性分析や購入履歴、性別や年齢などの属性を使って顧客情報を分析することができる小顧客管理アプリになっています。

目的に合った顧客管理アプリを選ぼう!

顧客管理アプリでできること11|おすすめのアプリ5選
無料の顧客管理アプリもありますが、IT技術の発展とともに、数と種類を増やしています。しかし、無料の顧客管理アプリは特定の業種に特化したものが多いために自社の業務に合っていない場合もあります。

その場合には有料の顧客管理アプリがありますので、今回紹介したアプリを中心に使ってみることをおすすめします。目的に合った顧客管理アプリを使うことで、顧客満足度の向上が期待できますのでかけた費用は回収できます。

Related