Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ

3C分析の意味や目的、必要性を始め、分析方法や分析のポイントを解説します。3C分析は正しく理解し、得られた結果をしっかり吟味することで自社のビジネスを成功に導くことができます。競合企業との差をつけ、会社の発展に結びつけましょう。

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ

3C分析の意味

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
3C分析とは、「Customer:顧客・市場」「Competitor:競合」「Company:自社」の3つの視点で行われる分析のことで、各頭文字を取って「3C分析」と呼ばれています。

この分析によって事業のKSF(Key Success Factors:成功要因)を導き出し、事業を成功に導くために利用します。

顧客・市場

3C分析の顧客・市場(Customer)は、自社が製品やサービスを売り出している市場の動向や、顧客の特性、ニーズなどを分析することを指します。

自社の属する業界の流行や顧客の好みなどを知り、今の自社の立ち位置が正しいものなのかを検討します。

競合

3C分析の競合(Competitor)は、自社の競合にどのような企業があるのかを知ることと同時に、競合である企業がどのように市場の変化に対応し、成功・失敗したかなどのビジネスの結果を分析します。

それにより自社の業界においての立ち位置やビジネス成功のためのヒントを探す手助けとなります。

自社

3C分析の自社(Company)では、自社がビジネス事例からどのような要因で成功をすることができたのか、また、失敗したのかを分析します。

また、市場や顧客の分析、競合分析を踏まえ自社がビジネス成功のためにどのようなアクションが必要かを検討します。また、市場の変化に対して競合他社がどのような対応をしてきたかを分析し、自社のこれまでの取り組みと比較してみます。

3C分析の目的・必要性

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
3C分析はただ分析を実行すれば良いというわけではありません。単に分析をし、満足をしてしまっては分析に掛けた時間やコストは無駄になってしまうでしょう。

分析をする目的や必要性をしっかり認識し、自社の今後の取組に役立てることが大切です。では具体的に3C分析にはどのような目的や必要性があるのでしょうか。

3C分析の目的例4つ

3C分析は事業の成功要因を知り、自社のビジネスの成功へ導くことを行うことが大きな目標です。

しかし、大きな目標を念頭に置いているだけでは具体的に何を実行すべきかは見えづらく、分析に対する重要性も希薄になってしまいます。そこで、ここでは3C分析を行う具体的な目的を4つ紹介します。具体的な目標をしっかり認識することで、分析を行う密度も変わってきます。

1:既存事業における課題

既存の事業を進めていくにあたって、成功だけを続けていくということは難しいことです。事業の成功事例はもちろん、失敗事例も分析し事業の課題を見つけ出し解決していくことは事業を成功へ導くために重要です。

見つけ出された課題に優先順位をつけ、自社の成長に合わせてひとつずつ課題を克服する目的で3C分析が活用できます。

2:事業撤退の判断

事業の状況によっては撤退の判断をせざるを得ない場合があります。3C分析は事業撤退の判断をする目的にも役立ちます。

事業を進めるべきか、撤退すべきかは市場の環境や自社の状況をしっかり把握して時には事業撤退の判断をすることも自社が生き抜く上で大切な判断です。

自社の成長を見込んで進めてきた事業の撤退を判断することは勇気のいる判断です。しかし、成長の見込めない事業を継続することも会社にとってリスクになり得ます。

3:新規事業の立案

自社を成長させるために新たな市場、新たな製品やサービスを生み出すような新規事業を立ち上げることを検討する目的でも3C分析は活用されます。

現在自社が持っている製品や技術、それが活かせる市場を模索し検討する上で市場や国の制度などからの外部要因を分析したり、自社の特性を分析する3C分析は新規事業の立案のためにも活用したりすることができます。

4:経営課題の把握

3C分析は事業運営に対する判断以外にも経営側の課題把握にも役立ちます。なぜなら事業の課題や方針を把握することは結果、自社の経営にも関わってくるからです。

ビジネス市場の変化や業界内で成功を収めている他社の成功要因を分析し、自社との違いを見極めることで自社の経営課題を明確に把握することができます。

3C分析の必要性

3C分析を行うことが自社の成長に役立つ分析方法であると同時に3C分析は企業の成長に取って行う必要性のある分析です。

自社の取り組みたい製品やサービスを送り出すだけでなく、3C分析で明らかになる事業や経営の課題、競合他社の成功事例など市場動向、顧客の性質などを把握することでより購買率の高い製品やサービスをマーケットに送り込むことができます。

それは結果的にビジネスの成功に結びつきます。

3C分析のやり方3つ

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
具体的に3C分析とはどのように取り組めばいいのでしょうか。漠然とした分析の進め方では効果的な分析結果の入手は困難です。ここでは3C分析でよく使われる手法を紹介します。

1:顧客・市場分析

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
自社の強み弱みを知るためには、顧客や市場といった自社が挑戦するマーケットを理解する必要があります。分析は3つの視点から行います。

まず「マクロ分析」で、景気の変動、人口や流行といった社会全体の外部要因を分析します。次に「ミクロ分析」で自社の属する業界やその動向、それらが自社に与えるビジネスの影響を検討します。

分析で得た結果が自社の顧客へどのような価値観やニーズの影響を与えるか「顧客分析」します。

2:競合分析

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
市場の変化に対して競合がどのように対応しているかを分析します。

競合企業の売上や営業利益、販売管理費などに着目し、ビジネスに対して結果を得るためにどれくらいのコストを掛けたかや営業やサポートなどの人材、対応時間などを知ることで結果を出すためにどのくらいのリソースが必要かを分析します。

3:自社分析

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
市場分析や競合分析で得た結果に対して自社がどのように事業を運営しているかを比較検討します。ここで競合企業の良い点を取り入れることや、競合企業が対応できていない部分に自社が進出することなどの方針を探り出します。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

3C分析で有益なKSFを抽出するためのポイント3つ

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
3C分析は分析範囲も広いため、自社にとってより有益なKSFを抽出するためにはいくつかのポイントを抑え効率よく分析を進める必要があります。

せっかく時間を掛けて行う分析なので得られる結果はより精度の高いものであるべきです。ここでは着目すべき3C分析で有益なKSFを抽出するためのポイントを3つ解説します。

1:課題・問題点の事前抽出と仮説立案

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
3C分析で得た結果から自社の課題や問題点を把握することも可能ですが、分析の前に事前に課題や問題点を洗い出しておくとより制度の高いKSFを抽出することができます。

事前に課題を抽出しておくことで、分析で重視すべきポイントに着目しやすくなります。また、事前に抽出した課題や問題点に対してどのように対応すべきなのか仮説を立てておくことで自社が新たに判断すべき部分を最小限に留めることも可能です。

2:マクロ・ミクロ両視点からの分析

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
3C分析のやり方でも述べたマクロ・ミクロ両視点からの分析も客観的に市場を分析するためには重要なポイントです。

市場で成功するためには社会全体の景気の動向や法律、世の中の流行などのマクロ的な広い視点と、業界の動向などのミクロ的な視点で自社の事業を見つめることが大切です。

3:一貫性を持たせる

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
3C分析において各分析に一貫性がなければ抽出されたKSFにはどこか矛盾が生じてしまうこととなります。

例えば自社の強みを社内の分析だけで行ってしまうととても主観的な結果となります。事情全体で見たときには客観性のない顧客のニーズにマッチしない結果となるでしょう。市場や顧客のニーズに矛盾した自社の強みではビジネスの成功は見込めません。

定期的に分析を行い成功要因を見直す必要性がある

3C分析とは?有益なKSFを抽出するためのポイント3つ
一度の3C分析で抽出できたKSFは市場の変化や自社のビジネスの進捗具合で定期的に見直すことが必要です。市場は常に変化し、顧客のニーズは少しずつ変化するからです。

また、自社が計画どおりにビジネスを進めているかを定期的にチェックする意味でも定期的に分析し、軌道修正をすることがビジネスの成功に導く3C分析の活用方法です。

Related