Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット

マイクロラーニングとは、短時間のすき間時間に効率的な学習ができる教育システムです。そこで今回は、マイクロラーニングのメリット5つとデメリットを検証しながら、マイクロラーニング活用で成果を出すポイントについてもご紹介していきます。

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット

マイクロラーニングとは?

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット
マイクロラーニングとは、5分などの短時間の学習量で、スマホなどのモバイル機器などを使用して手軽に学習するスタイルのことです。

マイクロラーニングは、数分程度で1回の学習が完結するeラーニングといったイメージです。eラーニングは30分から1時間以上かかる分量の学習を、自宅のパソコンなどでじっくり学習しなくてはいけません。

マイクロラーニングなら、たった5分間のすき間時間でも十分な学習できます。

マイクロラーニングのメリット5つ

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット
短時間で十分な学習できるマイクロラーニングには、さまざま有効なメリットがあります。

WebサイトやYoutubeやSNSで見ることができる数分程度の動画や説明も、マイクロラーニングの1つと考えることができます。通勤時間や昼休み・家事の合間やちょっとした休憩時間にもマイクロラーニングはできます。スマホ世代の現代人にぴったりの学習方法です。

ここでは、マイクロラーニングのメリット5つをご紹介していきます。

マイクロラーニングのメリット1:社員がスキマ時間に学習できる

マイクロラーニングの教材は3から5分ほどで完結するコンテンツばかりなので、社員のスキマ時間を利用できる利点があります。

マイクロラーニングは電子書籍や動画などを利用してスマホで簡単に学習できることも大きなメリットです。マイクロラーニングは移動中や休憩時間に手軽に学習に励むこともできるため、まとまった時間をとりにくい社員にも有効です。

マイクロラーニングのメリット2:学習内容が定着しやすい

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット
マイクロラーニングは短時間で学習ができるため毎日継続しやすく、復習も短時間でできるため学習内容が定着しやすいという大きなメリットがあります。

三日坊主で終わってしまうといった人にもおすすめです。

マイクロラーニングのメリット3:学習内容の理解度を都度確認できる

少しのスキマ時間で学習できるマイクロラーニングは1回に覚える内容が短くて済むので、理解度をその都度確認できる利点があります。

マイクロラーニングは復習も短時間で手軽にできます。自分が苦手な項目や理解を深めたい分野をくりかえすことで、記憶を定着させることが容易となります。短いクイズや確認テストでさらに理解度を深めることが可能です。

マイクロラーニングのメリット4:興味がある分野を学習できる

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット
マイクロラーニングの受講者はその都度、自分に必要なテーマやコースを自発的に選択することが可能です。

社員がそれぞれに興味のある内容を独自に学ぶことができるため、学習内容が習得・定着しやすいことがマイクロラーニングのメリットです。

マイクロラーニングのメリット5:学習教材の制作や修正が容易

マイクロラーニングは短時間で学習できるように、プログラムの一つ一つがコンパクトな学習コンテンツになっています。

コンパクトな分、製作負担が小さくなるので、学習教材の制作や修正が容易なことが特徴です。変更する場合も、対象のコンテンツだけを修正すればいいので短時間で済みます。

マイクロラーニングのデメリット2つ

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット
マイクロラーニングには数々の高いメリットがある反面、デメリットも持っています。それは、マイクロラーニングが短時間の学習時間でスキマ時間で済むという利点からくる、不便な面です。

ここではそんなマイクロラーニングのデメリットを2つご紹介していきます。

マイクロラーニングのデメリット1:向かない学習コンテンツもある

マイクロラーニングのデメリットは向かない学習コンテンツがあることです。

長時間の学習時間がないと修得できない資格試験対策や研修制度の学習は、マイクロラーニングの対応が難しくなってきます。

一つ一つの学習が長い種類の勉強もマイクロラーニングには不向きです。全体的な学習はパソコンなどでeラーニングを行い、復習にマイクロラーニングを利用するような勉強方法が向いている学習コンテンツもあるので、注意が必要です。

マイクロラーニングのデメリット2:学習コンテンツを配信するシステムが必要

マイクロラーニングのデメリットに、学習コンテンツを配信するシステムが必要という点が挙げられます。

少量のコンテンツを何度も学習するマイクロラーニングを社員全体で実施する場合には、適切なシステムが必要となります。

的確にマイクロラーニングの制作・運用・管理ができる技術者が社内に存在していない場合には、アウトソーシングやシステム導入が必要だというデメリットが考えられます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

マイクロラーニング活用で成果を出すポイント4つ

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット
マイクロラーニングをただだらだらと行っているだけでは、本当の技術や知識は身に付きません。短時間で効率よく計画的に学習を行っていく必要があります。

マイクロラーニング活用で成果を出すポイント4つをご紹介していきますので、その方法について詳しく見ていきましょう。

マイクロラーニング活用で成果を出すポイント1:コンテンツを分割しない

マイクロラーニング活用で成果を出すポイントは、コンテンツを分割しないことです。

マイクロラーニングとは連続している講座を受けていくものではなく、一つ一つが独立して完結している講座を毎回、受講できるように考えていくシステムです。

マイクロラーニングのコンテンツは分割しないことが、成果が出せる学習方法です。

マイクロラーニング活用で成果を出すポイント2:適切な配信ツール・プラットフォームを選ぶ

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット
マイクロラーニング活用で成果を出すポイントは、適切な配信ツール・プラットフォームを選ぶことです。

マイクロラーニングは、学習環境へのアクセスの利便性が非常に重要な鍵となっています。そのために、最的なプラットフォームの選択が重要です。

配信ツールも、社員がストレス無く自発的に学習できるものを選ばなくてはなりません。それらを実行して初めて、マイクロラーニングを社員の誰もが手軽に始めることができるからです。

マイクロラーニング活用で成果を出すポイント3:集合研修や実地でのトレーニングと併せて活用する

マイクロラーニング活用で成果を出すポイントは、集合研修や実地でのトレーニングと併せて活用することです。

集合研修や実地でのトレーニングは、マイクロラーニングにはない優れた学習効果を示す傾向があります。学習のすべてをマイクロラーニングに切り替えることは危険です。

マイクロラーニングを他の学習手法と併せて活用することで学習効果を強化すれば、成果をアップさせることが可能になります。

マイクロラーニング活用で成果を出すポイント4:反転学習のツールとして活用する

マイクロラーニング活用で成果を出すポイントは反転学習のツールとして活用することです。

反転学習とは、集合研修などで学習するより先にマイクロラーニングで知識を学んでしまうなど、学習を反転させる教育手法のことです。

反転学習は教育現場で始まった手法で、あらかじめ知識を持っている者同士がディスカッションをすることで、多角的に学習ができることを狙った仕組みです。事前学習にマイクロラーニングが推奨されています。

マイクロラーニングのメリットデメリットを把握しよう

マイクロラーニングとは?マイクロラーニングのメリット5つとデメリット
いかがでしたか。マイクロラーニングはスキマ時間などの数分を使って学習できる画期的なシステムです。その反面、適切なシステムが必要で、向かない学習コンテンツもあるというデメリットがあります。

しかしマイクロラーニングは知識が定着しやすく、スマホなどで手軽に学習できることから現代社会にぴったりと、大人気になっています。

マイクロラーニングのメリットデメリットを把握して、有効的に社員に使用していきましょう。

Related